利用者側から見る有料老人ホームの費用とその特徴について

利用者側から見る有料老人ホームの費用とその特徴について

有料老人ホームは、最も主流な介護施設の一つです。

介護施設と言えば有料老人ホームと思う方も少なくないのではないでしょうか!?

しかしながら、実際どのような特徴があり、費用がどのくらいかなど分からない方が多いでしょう。

そこで今回は、「有料老人ホームの特徴と費用」について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

有料老人ホームの費用と特徴

有料老人ホームには、「介護付き有料老人ホーム」、「住宅型有料老人ホーム」、「健康型有料老人ホーム」の3つの形態があります。

有料老人ホームの基本解説はこちら

これらの有料老人ホームに入居する際、費用が発生するのですが、主に二つの費用が発生いたします。

一つは入居前に支払う「入居一時金」、もう一つ入居後に毎月支払う「月額利用料」です。

入居一時金について

入居一時金は、賃貸物件のような敷金・礼金にあたります。近年は0円という老人ホームもありますが、基本的には数百万円~1億円越えの施設などで、その費用感は様々です。

この入居一時金は、償却期間というものが設けられており、少しずつ償却されていくことになります。

初期償却で一時金の30%ほど償却され、その後数年に渡り償却されていくことになり、もし償却期間中に利用者が亡くなってしまった場合や退去された場合はは、その残り分は返却されます。

ちなみに償却は月単位となっていることがほとんどです。

近年、この一時金の返却に対するトラブルが発生しております。

ですので、契約前に必ず契約事項を確認することが非常に大切です。

月額利用料について

月額利用料は、「賃料」「管理費・運営費」「食費」「水道光熱費」「上乗せ介護費」が主な内訳になります。

※上乗せ介護費
入居者3人に対して介護職員1人という考え方が一つの主流ですが、入居者3人に対して介護職員2人として手厚い介護をする場合に、上乗せされる費用

更に、他介護サービスを利用した場合の介護保険1割負担額が、上記の月額利用料にプラスされることになります。

これ以外にも、おむつなどの介護用品費用、日々の消耗品費用、病院の付き添い、外出の付き添など、自己負担となります。

月額利用料につきましては、多少ややこしいところもありますので、入居前に必ずどのくらい掛かりそうであるか(介護保険自己負担分を含む)を見積もって頂くことをオススメいたします。

プラスアルファの自己負担「上乗せサービス」と「横出しサービス」

上乗せサービス費用について

先ほどもお伝えした内容ではありますが、一定基準以上の介護サービスを行う場合、この上乗せサービス費用が掛かってきます

上乗せサービスは、費用が掛かるものですが、より手厚いサービスが受けられるメリットもあるため、特に富裕層にはニーズのあるサービスと言って良いでしょう。

横出しサービス費用について

介護保険は非常に便利は保険ではありますが、制約もあるため、介護において補えきれない部分があります。

性質上介護保険の対象外であり、全額自己負担となるサービスが、「横出しサービス」です。

「規定回数を上回る医療機関等への付き添い」、「買い物代行」などが、横出しサービスです。

主といたしましては、施設外でのサービスが対象となるのです。

これら「上乗せサービス」や「横出しサービス」においては、各施設によって異なるともに、どれがその対象となるかを理解する必要があります。

追加費用がここまで掛かるとは思わなかった。などが起こらないよう入居前にしっかりと確認する必要があることは言うまでもありません。

クーリングオフについて

2006年7月より、有料老人ホームのクーリングオフが可能になりました。

その内容は「契約から90日以内に契約を解除した場合、入居一時金は全額返還」というものです。

クーリングオフをした場合でも、入居した期間の光熱費や家賃、食費などは支払う義務が生じます。

保全措置

万が一、入居している施設が倒産等に追い込まれた際に備え、現在は上限500万円の保全をすることが義務付けられています。

2006年3月以前にに立ち上がった有料老人ホームにつきましては、この保全義務がないため、入居前にしっかりと確認することが必要です。

有料老人ホームの費用の違いについて

有料老人ホームの費用は、施設によってかなり異なります。

月20万程度の老人ホームから月百万円を超える老人ホームまで様々です。

これは介護サービスの差が主ではなく、施設の高級感・施設の充実度の差が大きな理由と言って良いでしょう。

特に高級な有料老人ホームは、温泉が付いていたり、高級ホテル並みの外装・内装であったり、カラオケルームや映画館など娯楽施設も用意されていたりと、そのサービスは満足度の高いものです。

また、介護サービスの差としては、「上乗せサービス」として介護職員の多さが一つあります。

お金を払えば払うほど、手厚いサービスが受けられることは間違いありません。

では、安い有料老人ホームが悪いのか、と言われればそうでもありません。

確かに高級感はなく、広々とした空間もないかもしれませんが、介護の基本サービスにおいては、高級な有料老人ホームとさほど差はない、と言って良いでしょう。

では、実際の例で、比較的安い費用の有料老人ホームと高級有料老人ホームの費用の内訳を見ていきましょう。

比較的安価な有料老人ホーム(広さ20平米)の費用内訳

入居時費用 入居一時金 0万円
その他一時金 0万円
入居時合計 0万円
月額利用料 賃料 12万円
管理費・運営費 8.2万円
食費 3.2万円
水道光熱費 1.8万円
上乗せ介護料 0万円
その他 2万円
月額合計 27.2万円

比較的高級な有料老人ホーム(広さ40平米)の費用内訳

入居時費用 入居一時金 2,500万円
その他一時金 100万円
入居時合計 2,600万円
月額利用料 賃料 15万円
管理費・運営費 11.5万円
食費 5.5万円
水道光熱費 3万円
上乗せ介護料 10万円
その他 2万円
月額合計 47万円

東京都内を想定した一例をお伝えいたしました。

高級な有料老人ホームは、上乗せ介護の費用がかなり割高であることが、相応にしてあります。

しかしながら、手厚いサービスが受けられることもまた事実です。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

有料老人ホームの費用感、特徴がよくご理解頂けたのではないでしょうか!?

現在、介護施設自体様々な形態が増えてきております。

その中でも有料老人ホームは、その数を年々伸ばしてきており、人気の介護施設であることは間違いありません。

有料だけに手厚いサービスを受けられるとともに、利用者とそのご家族が安心して利用できる施設形態であることは間違いありませんが、利用者に合った施設を慎重に探すことが大切です。

時間を掛けてでもじっくりと吟味することで、本当に合う施設を見つけられることが出来るはずです。

初めての介護カテゴリの最新記事