介護職の「やりがい」と「大変なこと」とは!?

介護職の「やりがい」と「大変なこと」とは!?

介護職は社会貢献の高い仕事と言われています。その所以は、高い志とボランティア精神がないと長く働くことが出来ないからです。

この介護職には「やりがい」もあれば、「大変なこと」もたくさんあります。

今回はこの「やりがい」と「大変なこと」を中心にお伝えさせて頂きます。是非、参考にしてください。

介護業界で働く介護職の「やりがい」と「大変なこと」について

介護業界で働きたいと考えていながらも、まだ踏ん切りがついていない方にお伝えいたします。

介護職で働くということは、一筋縄ではいきません。離職の多い業界・職種ですので、ある程度覚悟を持って仕事に臨む必要があります。

ここで、介護職の「やりがい」と「大変なこと」について詳しく解説していきます。

介護職のやりがい

介護ケアで高齢者から感謝される

介護職のメイン業務は、高齢者の介護業務です。身体介助(体を起こしたり、寝かせたりすること)、入浴介助、食事介助、排出介助などが、業務内容です。

一見、他業界で働いている人からすると、そんなことまでするのか!?と思ってしまうこともあります。

聞いているだけでも大変だと感じることもありますが、こういった高齢者への介護サポート自体、通常の生活が困難な高齢者から感謝されることも多いのです。

感謝されて嬉しくない方はいないでしょう。これこそ、介護職のやりがいの一つです。

多くの人との出会い

介護職で働いていると、本当に多くの人との出会いがあります。

同じ職種の方、別職種の方(看護職やリハビリ職など)、施設利用者(高齢者)・その家族、自治体の方々など、様々です。

介護職はサービス業に当たります。そのため、人と人とのコミュニケーションこそが一番の醍醐味です。逆に言えば、話が出来ないと難しい仕事だと感じてしまいます。

多くの人との出会いは、自身を成長させるはずです。

キャリアアップができる仕事

介護職は資格を取得し、経験を積んでいけば多くの場合、キャリアをアップしていけます。

介護業界は、何も介護職員だけで構成されているわけでなく、施設長、ケアマネージャー、生活相談員、介護主任、ユニットリーダーなど様々な立ち位置があるのです。

よって、経験とスキル、そして資格を取得していけば自身が目指すポジションに就くことも将来的には可能です。

介護職の大変なこと

人間関係

介護業界で働いている方の多くが、職場の問題点として「人間関係」をあげます。

忙しく、閉鎖的と言えば閉鎖的な職場環境では、意見のぶつかり合いや互いにストレスを感じることもあるでしょう。

どの業界でも人間関係の問題はあるのですが、取り分け介護業界では、人間関係の問題は小さくはないのです。

排出介助・入浴介助

利用者の排出介助は、多くの介護施設で発生する通常業務です。正直、この業務には合う、合わないがあるでしょうし、生理的に無理と感じてしまう人もいるでしょう。

また、入浴介助も大変です。力仕事でもありますし、高齢者の体を洗うことに抵抗がある方もいるようです。

介護職は慣れるまでの数か月は、特に大変なことが多いです。それを乗り越えられず、離職される方もたくさんいらっしゃいます。

まずは、正しい知識を持ち、ある程度覚悟の上で、介護職として働きだす必要があります。

肉体的にハードな仕事

介護職は肉体的、ハードであると言われています。特に腰を悪くする方も少なくありません。

また、夜勤などもが発生する施設もあり、労働時間が不定期なことも体力的にきついと感じることでしょう。

基本、立ち仕事ですので、こちらも慣れるまで大変であることは、間違いありません。

低賃金

介護職は、きつい割にお給料が安い、と言われている業界です。

他業界と比べると、確かに低賃金と言わざるを得ません。

現在、国を上げて介護職の収入に関しては、議論されており、改善される方向ではありますが、まだまだ成果に結びつくのは先になりそうです。

離職率を下げる意味でも、この低賃金問題については早い段階での解決が求められています。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護職は「やりがい」もあれば、「大変なこと」もたくさんあります。これはどんな仕事でも同様ですが、取り分け介護職は離職が多い業界だけに、「大変なこと」がフォーカスされがちです。

それでも160万人以上が介護職として働いていることを考えると、「やりがい」があることも間違いないはずです。

これからも介護職の方々が増えていかないことには、超高齢化社会と言われいる日本を支えることはできません。

そういった意味でも介護職の待遇や労働環境の改善は当たり前であり、早急に対応していって貰いたものです。

そうすれば離職が防がれ、介護職になりたい、という方々がもっと増えるはずです。

介護職を目指される方は、是非とも参考にしてみてください!

介護業界での転職をお考えの方、求人を探されている方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

介護転職情報カテゴリの最新記事