夜間ホームヘルプサービス(夜間訪問介護)について詳しく解説!

夜間ホームヘルプサービス(夜間訪問介護)について詳しく解説!

皆様は、訪問介護サービスに夜間対応型が存在することをご存知ですか!?

夜間対応をしてくれる訪問介護サービスを利用できれば、利用者ご本人やそのご家族の負担を減らすことが出来るはずです。

そこれで今回は、在宅介護の大きなサポートとなる「夜間ホームヘルプサービス」について、詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

夜間ホームヘルプサービスとは

夜間ホームヘルプサービスは、夜も介護が必要な方のためのサービスです。

いつでも誰でも利用できるサービスではなく、利用できる方は限られております。

では、夜間ホームヘルプサービスについて詳しく見ていきましょう。

夜間ホームヘルプサービスを利用するためには

まず、要介護認定を受けることが条件になります。夜間ホームヘルプサービスも介護保険サービスであり、介護保険サービスを受けるには要介護認定が必須です。

しかしながら、要支援1、2の方はこのサービスは利用できません。

更に、夜間ホームヘルプサービス利用する内容が盛り込まれたケアプランが必要です。こちらは担当ケアマネージャーに相談し、ケアプランに盛り込んで貰うようにしてください。ケアマネが必要だと感じたら、問題なく利用可能となるはずです。

サービス内容について

■定期巡回サービス

夜間の時間帯に定期的に訪問を受けることができ、身体介助や排せつ介助、安否確認などのサービスが受けることが可能です。

■随時訪問サービス

ベッドから転落して自力では起き上がれない、急な体調不良などの際に訪問看護ステーションへの連絡を行い、訪問介護員の介助や救急車の手配などのサービスを受けること可能です。

※緊急時は、ケアコール端末(オペレーションセンターに連絡が可能な端末機器)を利用して連絡をします。夜間ホームヘルプサービスを利用する際は、自宅にケアコール端末を設置します。

※オペレーションセンターとは、夜間ホームヘルプサービスの利用者から連絡があった際に、ホームヘルパーを訪問させるべきかを判断する事業所になります。

夜間ホームヘルプサービスの利用料について

利用料につきましては、各市区町村・自治体によって若干異なりますので、下記はあくまでも目安とお考えください。

■オペレーションセンターを設置している場合

・基本夜間対応型訪問介護

1か月間1,105円

・定期巡回サービス

1回421円

・随時訪問サービス(訪問介護員1名の場合)

1回640円

・随時訪問サービス(訪問介護員複数名の場合)

1回780円

まとめ

いかがだったでしょうか!?

施設でなくとも夜間の介護サービスが利用できることが、ご理解頂けたのではないでしょうか!?

夜間に訪問介護を利用できれば在宅にて介護を行っている利用者、そのご家族の負担は、間違いなく軽減できるはずです。

緊急の対応もしてもらえるので、このサービスを利用することで安心が得られますし、緊迫感のある夜間が多少なりとも緩和するでしょう。

近年、地域包括ケアシステムにより、在宅介護が推奨されいてることを考えると、夜間ホームヘルプサービスは今後もますますニーズが高まっていくことになります。

夜間ホームヘルプサービスと考えている方は、一度担当のケアマネージャーにご相談してみてはいかがでしょうか!?

介護業界で転職をお考えの方、転職するか悩んでいる方は、介護業界に特化した転職支援会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護業界情報カテゴリの最新記事