【福祉用具】杖のメリット、種類、選び方について徹底解説!

【福祉用具】杖のメリット、種類、選び方について徹底解説!

福祉用具において「杖」というものは、非常に一般的で、馴染みのあるものです。

杖を利用する高齢者の方は、多くいらっしゃることともいますが、その種類や選び方について分からない方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、杖のメリット、種類、選び方について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

「杖」のメリット、種類、選び方について

「杖」の説明

杖とは福祉用具の一種で、足の痛みがある方、機能障害のある方などが、利用するケースが一般的です。

歩行困難になってしまった方でも杖を利用することによって、歩行可能となることも多々あるのです。

利用者の足の長さ位になっており、木製、象牙、金属製のものなど様々です。

「杖」を利用するメリット

歩行の安定性が増す

杖を利用することで、足2本と杖1本による計3点で体を支えるため、想像以上に安定性が増します。

歩行困難であった方が、杖を利用するだけで歩くことが可能になるケースは多々あるのです。

足への負担が軽減できる

杖を利用することで、足への荷重かけないようになるため、足に痛みのある方などは、足(特に膝や股関節)への負担を軽減することが可能です。

探索機能を有する

目に障がいを持つ方などは、杖を利用することで遠くのものに気づくことが可能です。溝や段差などがあった場合でも、杖によりそれらを把握し、間接的にですが身を守ってくれます。

安心感が増す

杖を利用することで、多くの場合、精神的にも安定すると言われています。特にこれまで困難であった歩行が杖により楽になるため、安心して歩行することができるのです。

「杖」の種類

T字型杖、一本杖

一本杖

もっとも一般的で、認知されている杖が、このT字型杖・一本杖です。

素材や長さ、重さによって値段は変わってきます。

持運びが出来るように、伸び縮みが可能であったり折り畳みが出来る杖もあります。

ロフストランド杖

tsue2
画像参照:http://www.scrio.co.jp/fukusi_yougu/yougu_-.html

下半身麻痺者、下肢に体重をかけられない骨折、捻挫、股関節症、下肢切断、片麻痺の方など、下半身に力を掛けられない方が利用することが多い杖です。

握りと前腕の2点で支える仕組みとなっており、握力が弱い方でも利用できる特徴があります。

着脱も容易です。

多脚型杖

多脚型杖
画像参照:http://blog-imgs-46-origin.fc2.com/u/s/e/usefulcare/04_20120326201603.jpg

1本杖よりも安定性がある多脚型杖です。

握るところは一つですが、足は4本が主流です。安定性は高く、重さもなく力が弱い方でも使えます。

経つ姿勢の悪い方、脳卒中の方のリハビリなどにも利用されます。

松葉杖

松葉杖

松葉杖は、2本で1組が基本です。重き体重を支えるのに適した杖で、安定性に優れた杖と言えます。

片足が骨折した場合、筋力が低下した場合などに利用されることが多くあります。

肘支持型杖

肘支持型杖
参照画像:http://ameblo.jp/abalonetopia/image-12173121454-13678863409.html

手首や肘に支障があり、自由に伸ばせない場合などに利用されることが多い杖です。

別名「リウマチ杖」とも呼ばれており、リウマチ患者にも多く利用されています。

腕から肘全体で体を支えるため、安定性が高い杖になります。

杖の選び方

体の大きさ、手の大きさ、力が強い弱いなど、人それぞれであるため、自分に合った杖を選ばなければ、逆に利用することで危険になってしまうことがあります。

杖の選び方は非常に大切です。必ず自分に合う杖と出会うまで、杖の利用は避けた方が良いでしょう。

1.自身の力でも負担の掛からない軽くて丈夫な杖を選ぶ

丈夫だからと、自身の力に合わない杖を選ぶことはNGです。

まずは大事なことは、軽くて持っていても負担にならないことでしょう。杖を持つことが負担になることは、本末転倒です。

無理なく持てる杖を選ぶこと、且つ丈夫な杖を選ぶこと、これが杖を選ぶ上での大切なことです。

2.体に合った長さの杖を選ぶ

杖を持った際、どの体勢が自身にとって負担がないかが大切です。基本的には使う方の身長に合わせて選ぶのですが、持った感覚も非常に大切です。

3.握りやすいグリップの杖を選ぶ

手の大きさ、握力の強さ、性別などによって、グリップを選ぶ必要があります。

自身にしっくりくるグリップを探すには、様々なグリップを握って試すことが必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

杖には様々な種類があることが分かったのではないでしょうか!?

歩行困難な方にとって、杖の存在は非常に有り難く、歩行を補助してくれる福祉用具です。

ちなみに杖のレンタル・購入においては、介護保険サービス対象のものもあれば、介護保険サービス外のものも存在します。

例えば、T字型杖などは介護保険サービス対象外です。

杖を利用されたいと持っていらっしゃる方は、まずはケアマネージャーや福祉用具相談員などに相談することをオススメいたします。

初めての介護カテゴリの最新記事