介護職の体調不良による当日休について!本人が心掛けること5選!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


体調不良の人

介護職の方で、体調不良などによる当日休について、悩んだことはありませんか!?

当日休は社会人としては、決して褒められることではありません。

体調管理も社会人としては当たり前のことであり、休みが多い人はそれなりにしか評価されないと言っても良いでしょう。

そこで、今回は介護職の方が、体調不良により当日休むことについて詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

体調不良による当日休!心掛けるべきこととは!?

社会人としては体調管理も仕事の内。これを理解していることは、社会人として大前提です。

ただ、いくら気を付けていたとしても、体調不良になることはあるでしょう。

特にまだ不慣れな職場の場合、肉体的にも精神的にも疲労が蓄積しますので、体調不良の原因となります。

そして、当日休を貰わなければならない状況にもなるかもしれません。

その場合、どのような対応をするべきか!?見ていきましょう。

1.休むならば出来るだけ早い報告を心掛ける

休むことを伝えずらい、と思い、連絡が遅くなる方がいます。

特に出社時間を過ぎてからの連絡は、避けるべきです。

一人でも欠けると、職場は大変になることが想定されますので、出来るだけ早く休む旨を伝えてください

そうすることで、職場は人手不足に対してい、何かしらの対策が出来、滞りなく仕事を回すことが出来る可能性が出てきます。

また、報告の際、必ず謝罪の旨を伝えましょう。体調不良は仕方ない、という考え方は社会人としては通用しないと考えるべきでしょう。

2.病院に行って最短で治すことを心掛ける

あなたが休んだことで、同じ職場の誰かに負担が掛かっていることは間違いありません

頻繁に体調不良になる人は論外ですが、たまに体調を崩す人であれば、同僚の方々も気を悪くすることはないはずです。

そんな同僚たちの負担を出来るだけ軽減するためには、早く治して出社することが大事です。

3.病院後などに再度報告を兼ねて連絡を

休む連絡をした後に、状況を伝えることなくその日を終える人がいますが、これも避けた方が良いでしょう。

明日は出社できるのか、出来ないかなどの結論を伝えるのではなく、病院の診断結果や明日は出社できそうか、など休んだその日中に、再度近況を報告する必要があります

これにより、職場は、次の日の対応なども考えることが出来るのです。

4.完治して出社した際はお礼と謝罪の気持ちを伝えよう

あなたの急な体調不良による欠勤は、職場の仲間たちに迷惑を掛けたことになります。

社会人としてあるべき姿は、しっかりと一緒に働く同僚の方々にお礼と謝罪を述べることです

これにより同僚の方々も気持ちよく仕事が出来ますし、あなたが周りの評価を落とすことはないはずです。

5.復帰直後は、今まで以上に体調管理に気を付けよう

社会人になれば、体調管理は必須です。

そして、体調不良から復帰して、またすぐに体調不良となって休むことだけは何としても避けましょう。

これは、間違いなく印象が悪くなります。

体調不良、復帰、体調不良、復帰を繰り返す人は、社会人としてはかなりダメな人という評価になりますので、いつも以上に注意して、体調を管理するようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

体調管理が出来ない人は、仕事が出来ない、出世が出来ない人が多い事実があります。

社会人として、体調管理は最低限のマナーと言っても良いでしょう。

体調不良になって、当日休を貰うことになった際は、自分の体調管理が甘かったと考えることが大切です。

誰にでも体調不良となることはありますし、個人差もあるかもしれませんが、体調不良になったことで、職場の同僚に迷惑を掛けることになるのです。

当日休になる際は、しっかりとした対応を心掛けなければならないことを忘れないでください。

介護業界で就職、転職をお考えの方は、国内最大級の介護業界に特化した人材紹介・人材派遣サービスを提供する「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*