介護職の転職成功・失敗の体験談【特別養護老人ホーム編】

介護職の転職成功・失敗の体験談【特別養護老人ホーム編】

特別養護老人ホームは、社会福祉法人が運営する介護施設であり、比較的要介護度の高い利用者が多いと言われている施設です。

略して「特養」と呼ばれるこの施設は、介護施設のタイプの中でも最も忙しい施設の部類に入り、ここで就業すればどこでも通用する介護士になれると言っても過言ではないかもしれません。

そこで今回は、特別養護老人ホームに転職をした介護職の「転職成功」と「転職失敗」の体験談をお伝えいたします。

是非、参考にしてください。

介護職の転職成功・失敗談【特別養護老人ホーム編】

特別養護老人ホームは、全国に待機者を数十万人抱えるほど人気の介護施設です。人気の理由の一つは、入居費用がリーズナブルなことで、加えて終身介護が行われているからでしょう。

そんな利用者には人気の介護施設ですが、働き手にとってはどうでしょうか!?

ここでは実際に特別養護老人ホームに転職した方々の成功体験談、失敗体験談をご紹介いたします。

それでは、見ていきましょう!

【事例1】ユニットケアを体験できて、やりがいを感じています!(転職成功談)

(32歳/男性/2度目の転職)

前々職は訪問介護、前職はデイサービスで勤務しておりました。介護業界で自分自身の経験値を上げるために、ユニットケアを体験したい気持ちがありユニット型の特養に転職しました。

ユニットケアは、利用者の方一人ひとりに対して内容の濃いケアが出来るとともに、利用者様との距離が近いため、信頼関係を築くという意味でも非常に良いケアの方法であると感じております。

また、これまでのお仕事よりも特養は忙しいことは間違いありませんが、日々自分自身が成長できていると実感できますし、これこそが介護現場!というやりがいがあります。

訪問介護やデイでは経験できないことがたくさんあり、私にとっては特養での仕事を楽しんでできております。

<運営者の見解>

これまで在宅介護サービスが中心であったこの方は、これまで経験できていない介護が経験できており、特養でのお仕事が合っているのでしょうね。

また、ユニットケアを経験したい、という明確な目標があったため、それが出来ている喜びもあるのでしょう。特養で働く醍醐味を分かっていらっしゃる方ですね。

【事例2】若いうちに介護スキルを身に付けたい!特養ならそれが可能!(転職成功談)

(25歳/女性/最初の転職)

以前は住宅型の有料老人ホームに勤めておりました。そこでは、介護実務よりも接客が重要視されており、また元気な利用者の方が多かったため、お仕事の多くは洗濯や掃除でした。

これでは介護スキルが身に付かない、学校で学んできたことが活かせない、という思いがあり特養に転職いたしました。

これまでとは全く違う職場環境であり、大変なこともありますが、介護実務を経験できている日々ですので問題ありません。

今働いているところは、従来型の特養で、先輩社員の方々に日々教えて頂き、様々なことを学ぶことが出来ております。従来型ならではのチームワークを体験できることも私にとっては、非常に嬉しいことです。

要介護度の高い方も多くいらっしゃる職場で、自分なりに介護職というものに向き合うことが出来ておりますし、利用者の方々に出来る限り快適に過ごしていただきたいと思いも日に日に強くなっております。

特養への転職は大正解でした。

<運営者の見解>

特養の忙しさもなんのその、介護職としてスキルを付けたいという思いが強く、楽しくお仕事が出来ているようですね。

従来型の特養は、「大勢の利用者様を複数のスタッフで介護」しますので、チームワークが大切です。事例2の方の場合、良いチームワークを体験することが出来ており、充実した介護業務を体験しているのでしょう。

【事例3】介護のプロフェッショナルに!そう思ってはいたけど、忙しすぎる!(転職失敗談)

(28歳/女性/最初の転職)

介護のプロと呼ばれるスキルを身に付けたいという思いがあり、デイサービスから従来型の特養に転職しました。

かなり大規模な特養なのですが、とにかく忙しすぎます。身体介助、排せつ介助をひっきりなしに行うため、従業員同士のコミュニケーションもそうですが、利用者様とのコミュニケーションも思うように取れません。

とにかくケアを延々繰り返している感じで、気の休まる時間もほとんどないほどです。

先輩社員の方々も時間に追われ、現場は緊迫感すら感じます。

「特養って、こんなに忙しいの?」と思ってしまい、正直前職の穏やかなデイサービスに戻りたいと思っております。

<運営者の見解>

事例3の例は、結構多くあるようです。特養での忙しさは、想像以上だった、という方も少なくありません。

まず慣れることが大事なのですが、慣れる前に辞めてしまわれる方も多くいらっしゃるのが現状です。

各施設によって利用者と介護スタッフの人数割合は異なりますが、基本的に特養は忙しく人手不足の施設と言われております。

【事例4】従来型からユニット型への転職!ユニットケアは融通が利かないの!?(転職失敗談)

(35歳/男性/3度目の転職)

ユニットケアへの憧れがあり、前職の従来型特養からユニット型特養に転職しました。しかしながら、正直ユニットケアは私には合っていない、と感じております。

利用者様一人ひとりに対して、質の高いケアが提供できるのは事実です。

しかしながら、一人でワンユニットを見るのはかなり大変ですし、自分の持ち場だけ対応すればよいという社風なのか、何かトラブルが起きたとしても別ユニットの従業員が助けてくれることがありません。

もう少し柔軟に対応すべきではないか、と疑問に感じますし、腑に落ちません。

従来型特養の方が、従業員同士のコミュニケーションが取れていましたし、何よりも互いにフォローが出来る環境だったため、ユニットケアに失望すらしております。

<運営者の見解>

事例4の方の場合、施設の考え方に問題があるかもしれませんね。従来型とユニット型は、同じ特養でも仕事の内容は異なってきますし、一人の従業員が対応する利用者の人数も変わってきます。

そのため、従来型からユニット型、ユニット型から従来型へと転職した方は、ギャップを感じるケースも少なくありません。

特別養護老人ホームの仕事内容の詳しい解説はこちら

ユニットケアについての詳しい解説はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は、特別養護老人ホームに転職した方々の、転職成功例・転職失敗例を紹介させて頂きました。

特別養護老人ホームでのお仕事は、体験してみないと合う合わないが分からない施設形態であり、他施設から転職したときに感じるギャップの一番は、「忙しさ」と言われております。

他施設形態から転職する際は、多少の忙しさは最初から頭に入れて置き、慣れるまで数カ月掛かることも考慮するべきでしょう。

ただ、特養では介護の本質、そして介護サービスにおける幅広い知識と経験が身に付くことは間違いありません。まさに、介護のプロフェッショナルになるには、特養で働くことが一番の近道かもしれません!

そんな特別養護老人ホームに転職する際は、是非とも上記内容を参考にしてみてください。

介護業界で転職を考えている方、転職するか悩んでいる方は、介護業界に特化した転職支援会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事