特別養護老人ホームの施設解説(仕事内容や入居費用について)

特別養護老人ホームの施設解説(仕事内容や入居費用について)

特別養護老人ホームは、社会福祉法人や地方時自体などが運営する公的な施設です。そのため費用は他介護施設よりも安価で入居が可能です。

特徴として、重度の高齢者を受け入れております。

今回は、特別養護老人ホームについて、入居者目線、働く側からの目線で詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

特別養護老人ホームについて

特別養護老人ホームのサービス内容

特別養護老人ホームは「特養」とも呼ばれ、主に重度の高齢者を受け入れており、多くの高齢者はここで余生を過ごすこととなり、「終の棲家」的な存在であります。ここが老健とは全く異なるところでしょう。

寝たきりの方など、常時介護が必要な高齢者の方も食事介助、排出介助、身体介助などのサービスが受けられ、また介護だけでなくレクリエーションや買い物の付添などの付随サービスもあります。

特養はあくまでも高齢者の生活の場であり、介護と生活援助が受けられる施設です。

特別養護老人ホームの施設環境について

特別養護老人ホームでは、居室、浴室・トイレなどの共同設備、食堂と共同リビングを兼用する共同生活室などで構成されております。居室内にはトイレやキッチンなく、あくまでも共同でそれらを利用することとなります。

また特別養護老人ホームは、

1.個室がない「多床室」
2.ユニットが設定されない「従来型個室」
3.ユニットが設定され、ユニットごとに共同生活室が用意される「ユニット型個室」

の3つに分類されており、それぞれ居住費やサービス費の料金が異なります。

特別養護老人ホームの入居費用

特別養護老人ホームは初期費用が必要ありません。施設の設備、また世帯収入、課税状況によって月額費用は変わってきます。特別養護老人ホームは最も安価な介護施設と言っても過言ではありません。

介護老人保健施設の初期費用:0円

介護老人保健施設の月額費用:5万円~12万円程度

特別養護老人ホームのメリット・デメリット

メリット

・初期費用が必要なし

・利用料が安い

・重度の介護度の高齢者を受け入れている

・長期入所が可能となっている

デメリット

・入居難易度が高い

・機能訓練等のリハビリテーションは少ない

・入居待ちが数年レベル

・多床室が多い

特別養護老人ホームでの介護士の仕事について

特別養護老人ホームでは、重介護度の高齢者が多いため、介護業務(食事、排泄、身体、入浴介助など)がメインの職場であると言えます。

それ以外にも掃除、洗濯なども業務として行うこととなり、フル回転と言う感じでしょう。様々な仕事がある特養で働くには、臨機応変な対応を求められることとなります。

施設で最後を迎えられる方もいらっしゃるので、それまでの間、日常生活を楽しむことが出来るよう生活支援をすることが介護士の最大の仕事かもしれません。

また、現在はユニット型への移行が進んでいる特養ですので、多少ではありますがグループホームと似たお仕事内容もあるようです。

それでもまだまだ多床室の特養も多く、施設の形態によって仕事内容は多少なりとも異なってきます。

夜勤等もありますし、大型の特養であれば、かなりの多くの利用者さんと関わることとなります。

そのため、特別養護老人ホームは介護施設の中でも、忙しい施設形態と言われております。ただ、そこにやりがいを感じる介護職の方もたくさんいらっしゃるようです。

忙しいことは間違いありませんが、スキル・経験値を伸ばす意味で特養での勤務は非常に良い経験となるはずです。

特養の更に詳しい仕事内容はこちら

まとめ

介護施設なの中でも特別養護老人ホームは「終の棲家」的な存在であり、余生をここで過ごす高齢者もたくさんいる施設です。

介護をしっかり受けられるにも関わらず、月額費用が安いため入居待ち状態があらゆるところで起こっております。場合によっては数年待ちということもありますし、最後まで入ることが出来ない可能性もあります。

申し込みは担当のケアマネに申込書を作成してもらい、窓口に提出します。

その後、施設のスタッフ・医師・行政が要介護度、介護の必要性の有無、介護の環境、待機している期間、資産・収入を総合的に判断し、入所を決定します。

特別養護老人ホームへの就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

介護施設の解説カテゴリの最新記事