介護業界において、転職回数はどこまで許される!?

介護業界において、転職回数はどこまで許される!?

介護業界は離職率の高い業界であることは、多くの方がご存知のことでしょう。

そして、介護業界で転職する際、ご自身の転職回数を気にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

そこで今回は、介護業界における転職回数の件につきまして、詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護業界で許される転職回数は何回まで!?

皆さまは、これまで何回転職されていますか!?

外国の多くは、転職することがステータスと言われており、転職回数など気にされないのですが、我が国日本ではそうではありません。

転職回数が増えれば増えるほど、転職が難しくなっていく現状があり、経歴がまっさらな人ほど重宝されます。

介護業界も例外ではなく、転職回数が少ない方が良いのです。

しかしながら、他業界と比べると介護業界は、転職回数に対しての考え方は、多少緩くなります。

それでは、介護業界の転職回数に対する見解をお伝えいたします。

介護業界で転職回数5回は普通!?

介護業界では、転職回数が多い方はたくさんいらっしゃいます。

これは離職率の高い介護職ならではです

一般的に飲食業界や介護業界などのサービス業に属する業界は、転職回数が多い傾向があり、転職回数5回以上の方も多くいらっしゃいます。

メーカーや商社などでは、転職回数3回でも多い言われるくらいですが、介護業界では転職回数5回ぐらいは、普通レベルと言っても良いかもしれません。

よって、転職回数5回ぐらいでは、多くの企業の書類選考や面接で、取り分け問題となることはないでしょう。

ただし、転職回数が多ければ多いほど、転職活動は苦労する可能性があることは間違いありません。

転職回数が多い人は、面接書類作成・面接で注意が必要である

転職回数が多い方は、履歴書や職務経歴書を作成する際、注意が必要です。

ただ単純に、所属してきた企業の名を連ね、仕事内容を記すだけでは、書類通過できない可能性があります。

転職をしてきた前向きな理由を書いたり、応募企業に対する志望動機など、しっかりと作り込む必要が出てきます

書類選考を通過したいと本気で考えていらっしゃるならば、書類作成も本気で行ってください。

また、面接でも確実に転職理由を聞かれますここで、ネガティブ発言は絶対NGです

例えば、人間関係が嫌だったから、仕事がきつかったから、などのネガティブな転職理由ばかり伝えたとしたら、多くの場合、面接で落とされることになるでしょう。

転職回数の多さは変えられない事実ですが、転職理由は出来る限り前向きな転職であったことを強調する必要がります。

また、転職回数の多さを払しょくできる何かを持っている人でないと、面接通過に苦戦することになるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護業界において、転職回数が多いことは、そこまで珍しいことではありません。

しかしながら、転職回数は少ない方が良いことも間違いなく、転職回数が多い人は、転職活動において注意が必要になります。

転職を繰り返すことは決して良いことではありませんが、介護業界でキャリアアップしていくには、時として転職が必要となることもありますし、前向きな転職であれば多くの企業が、貴方の転職をポジティブに捉えてくれるはずです。

是非とも前向きな転職で、貴方のキャリアをしっかりと作っていってください!

転職回数が多く、転職に不安がある方は、国内最大級の介護業界に特化した人材紹介・人材派遣サービスを提供する「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事