介護職の転職は「在職中」か「退職してから」か!? 

介護職の転職は「在職中」か「退職してから」か!? 

介護業界で働く介護職の方々は、どういったタイミングで転職活動をしているのでしょうか!?

実際、在職中に転職活動を行う方もいらっしゃれば、退職してから転職を行う方、はたまた退職する旨を伝えて有給消化中に行う方など様々です。

転職活動のタイミングは非常に重要です。

そこで今回は、「在職中の転職活動」・「退職してからの転職活動」のメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

「在職中の転職活動」と「退職してからの転職活動」のメリット・デメリット

在職中の転職活動について

在職中の転職活動は、決して簡単なものではありません。やはり、仕事をしながらになるため、様々な制限があることは間違いありません。

ただし、現職を言い訳にしていては、転職活動などできませんし、在職中の転職活動もメリットは間違いなくあるのです。

それでは、在職中の転職活動におけるメリット・デメリットを見ていきましょう。

在職中の転職活動 メリット

仕事をしながらの面接は大変ではありますが、職を失うというリスクはありませんし、転職しなければならないという焦りもないため、腰を据えて転職活動に望むことが出来ます

また、志望度の高い企業への転職が出来なかった場合、現職に残るという選択も出来るため、選択肢を広く持つことが出来ます。

転職活動をしている中で、今働いている会社の良さが見えてくることもありますし、やっぱり転職を止めてもう今の会社で頑張ってみようと心境の変化が起こった時、離職してしまっていたらそれは不可能になります。

在職中の転職活動の最大のメリットは、「今の会社に残る選択肢があるということ」、「離職していないため焦らず転職活動を行えること」でしょう。

在職中の転職活動 デメリット

では、逆に在職中の転職活動におけるデメリットは何かというと、あくまでも仕事が優先となるため、面接日程の調整が大変なことが一つ上げられます。

何度も日程調整を繰り返すことになれば、応募企業が愛想を尽かすことも無きにしもあらずですし、面接の日程が調整出来ていたとしてもその日の仕事の状況によっては、スケジュール変更を余儀なくされることもあるでしょう。

また仕事が忙しい方などは、書類作成や面接の準備、面接対策をまともに行えず、転職活動に集中できない状況になってしまう可能性もあります。

せっかく第一志望の企業から面接の誘いを受けたとしても、面接対策ができていないため、面接が上手くいかずお見送りとなってしまうケースもあるかもしれません。

在職中の方が転職活動する際のデメリットは、「現職の仕事が優先であり転職活動に使える時間が限られていること」と言えます。

退職してからの転職活動について

退職してからの転職活動にもメリット・デメリットの両方があります。

転職活動にはある程度の時間と労力がひつになるため、仕事をしていない状況での転職活動はメリットが多いことは間違いありませんが、場合によってはデメリットもあるのです。

それでは、退職してからの転職活動におけるメリット・デメリットを見ていきましょう。

退職してからの転職活動 メリット

退職してからの転職活動であれば、転職活動に集中でき、多くの時間を転職活動に費やすことが出来るはずです。

書類作成、面接対策も十分に行うことが出来ますし、気になる企業を複数応募する余裕もあるため、充実した転職活動になる可能性が高いでしょう。

いくつかの企業から内定を貰った際は迷うこともあるかもしれませんが、基本的には仕事をしていないわけですから、転職活動中は前に進むしかありません。

いずれにせよ、退職してからの転職活動の最大のメリットは、「転職活動に多くの時間を費やし、転職活動に中心の生活が出来る」ことではないでしょうか!?

退職してからの転職活動 デメリット

退職してからの転職活動におけるデメリットは、意外に多くあります。

一つは現職という逃げ道がなくなるため、転職活動をしてどこかに入社しなければなりません。それが第一志望であればよいのですが、第一志望でない場合は、実は前場のほうが良かったと思ってしまう方もいるのです。

更には、働いていないということにプレッシャーを感じ、早く就業先を見つけなければならない、という焦りが生まれ転職活動が悪循環になってしまうこともあります。

転職活動に集中できる一方で、考える時間も多いため、働いていないことがマイナスになることあるようです。転職活動が長期化してしまうと、仕事をしなければという意識が強くなり、志望度の低い就業先に勤めなければならないことにもなり兼ねません。

このように、退職してからの転職活動は、「選択肢が狭まる可能性があり、働かないといけないという焦りの意識生まれる」ことがデメリット言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護業界における「在職中に転職活動」と「退職してからの転職活動」のメリット・デメリットについて詳しく解説させて頂きました。

転職のタイミングは人それぞれですし、求人案件との兼ね合いもあります。

在職中に転職活動をする派と退職してからの転職活動派に分かれるかもしれませんが、どちらにもメリット・デメリットがあり、その選択は皆様自身で行う必要があります。

敢えて言うとすると、現実的には「在職中に転職活動する」方のほうが、世の中には多いです。やはり、日本には「リスクを避ける慎重派が多い」と言うことでしょう。

いずせにしても、転職活動は大変です。ストレスを掛けずに転職活動を行うことは難しいですが、出来る限りご自身に合った転職のタイミングで転職活動を行ってください!

介護業界で転職を考えている方、転職するか悩んでいる方は、介護業界に特化した転職支援会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事