介護職が職場を退職する理由10選

介護職が職場を退職する理由10選

離職率の高い業界と言われている介護業界ですが、一体どのような理由で退職に至っているのかお分かりですか!?

離職率の高い業界だけに、様々な理由がありそうですが、その中でも退職に繋がっている理由をピックアップしていきます。

介護職の方、これから介護職で働きたいと考えている方は、是非参考にしてください。

介護業界の主な退職理由10選

1.肉体的にハードな職場だったから

介護職は思った以上にハードな職場だった、と感じている方は多数いらっしゃいます。

人それぞれではありますが、実際に利用者の介助は肉体的にハードであることは否めません。

力に自身がある人でも、腰を痛めたり、体を悪くしたりすることもあるようです。

ハードな職場だった、と退職する方は非常に多くいるようです。

2.人間関係が上手くいかなかったから

介護現場では、予想以上に人間関係で悩んでいる方がいるようです。

女性が多い職場であり、意見が合わない、考え方が違う、など様々な原因が考えられます。

人間関係の構築はどの業界でも難しい現状がありますが、介護業界は職員同士の距離が近いこともあり、人間関係の悩みで退職する方も多くいらっしゃるのが現状です。

3.どうしても排せつ介助に抵抗があったから

排せつ介助は、生理的に難しいと感じる方も多くいらっしゃるようです。

この排せつ介助がストレスとなり、退職となるケースも多いのです。

排せつ介助が難しいと感じ退職した方の多くは、別業界へと転職する方がほとんどです。

4.給料が低すぎるから

お給料の低さは、社会的問題になっているレベルです。

国レベルでの改善が叫ばれているため、これから期待したいところですが、現状は確かに低いと言わざるを得ません。

将来的に、また現状で家族を養うことが出来ないと感じ、別業界へと転職するケースも少なくないようです。

5.夜勤がきついから

多くの介護施設では、24時間体制での営業となるため、夜勤が発生することがほとんどです。

この夜勤によって体内時計がくるってしまい、体調不良となる方も少なくありません。

そのため、夜勤がきついと感じ、退職を余儀なくされる方もいるのです。

夜勤が難しい場合は、夜勤がないデイサービス、デイケアへの転職が一つの選択肢となります。

6.キャリアアップできそうにないから

キャリアアップが出来る環境にない職場と感じた場合にも、転職の選択肢が浮上します。

これは介護業界に限ったことではありませんが、介護業界でキャリアを形成していきたい、と考えている方の多くがこういった理由で退職するようです。

確かに5年以上働いて、資格も複数取得したにもかかわらず、お給料も少ししか上がらず、やることもほとんど変わらない場合、転職したほうがその人のためかもしれません。

7.ほかの施設でも働いてみたいから

デイサービスで働いていた方が夜勤のある特養で働きたい、など前向きな退職理由の一つです。

違う施設タイプで働きたいという思いは、多くの介護職の方にあるようです。

様々な施設タイプでの介護職を経験することで、これまで以上に介護業界のことを理解できるとともに、介護士としての幅も広がっていくはずです。

8.資格を取得したから

介護支援専門員や社会福祉士などの資格を取得し、ケアマネや生活相談員など、介護職とは少し違った職種に挑戦したいという思いから退職する方もいらっしゃいます。

こちらも前向きな退職理由ではないでしょうか。

今いる企業、施設ではそういった職種が埋まっているケースも多く、退職という選択肢を考えるようです。

9.精神的に続けるのは難しいから

介護業界では、精神的に仕事を続けられなくなるケースも結構あるようです。

肉体的にもハードではありますが、利用者、その家族、上司など様々な人間関係を構築していかなければならないですし、時には板挟みにあうこともあります。

そんな中、精神的な病を患う介護職の方もおり、業界では問題視されいる点でもあります。

10.他の業界に興味が湧いたから

単純に介護業界以外に興味を持ち、介護業界とは違う業界を目指すために退職する方もいらっしゃいます。

介護業界では、退職される方の2割程度の方が、他の業界へと転職すると言われております。

確かに、他業界のほうが給料が良いですし、将来性を感じるということも分からないでもないですよね。

まとめ

いかがったでしょうか!?

今回は、介護職の方々の主たる退職理由をまとめてみました。

前向きな退職もあれば、後向きな退職もありますね。

ただ、これは介護業界に限ったことではありません。

どの業界でも退職する方はしますし、現在、定年まで1社ということが当たり前ではないのです。

大切なことは、退職して次に何をするか!

これを考えたうえで、退職することが重要ですし、見切り発車的な退職だけは避けるべきです。

それでも、つらいつらいと思いながら働く必要は決しておりません。

仕事というものは楽しいだけではないですが、楽しく、元気に働ける職場のほうが絶対にいいはずです。

是非とも、前向きな退職となることを願っております。

介護業界で就職、転職をお考えの方は、国内最大級の介護業界に特化した人材紹介・人材派遣サービスを提供する「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事