地域包括ケアシステム

地域の介護を支える「生活支援コーディネーター」について解説!

「生活支援コーディネーター」は、各自治体が地域包括ケアシステムの構築を進める中で重要な役割を担うポジションであり、2018年までに地域包括支援センターへの配置が義務付けられております。 では、実際「生活支援コーディネーター」はどのような役割で、どのようなお仕事をこなしていくのでしょうか!? そこで今回は、「生活支援コーディネーター」について、詳しく解説していきます。 是非、参考にしてください。

地域包括センターが土日・祝日も対応!?業務過多との声も!

厚生労働省は2016年9月30日の社会保障審議会・介護保険部会にて、「地域包括支援センター」の機能強化の方針を打ち出しました。 各自治体で地域包括ケアシステムの確立が急がれる中、地域包括支援センターは間違いなく最も重要な機関の一つです。 そこで今回は、厚生労働省が打ち出した「地域包括支援センターの機能強化」について詳しく解説していきます。 是非、参考にしてください

介護の将来を担う「地域包括ケアシステム」を徹底解説!

高齢化が加速する現在、65歳以上の高齢者は3,000万人を超え、2042年にはピークを迎え4,000万人近くに膨れ上がる予想です。 このような超高齢化社会に対応すべく、国は地方自治体レベルで、介護の充実を図ろうという取り組みを行っております。 その代表が「地域包括ケアシステム」です。今回は、この「地域包括ケアシステム」について詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

地域包括支援センターの解説(仕事内容や費用について)

地域包括支援センターは、その名の通り地域に根差したものであり、各地域における一番最初の介護相談を行う窓口です。 介護、福祉に対する疑問や悩みの相談だけでなく、日常生活に対する悩みも相談可能です。 今回は、地域包括支援センターについて、利用者目線、働く側からの目線で詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。