【介護業界】ホームページや求人サイトで採用できていない理由を徹底解説

【介護業界】ホームページや求人サイトで採用できていない理由を徹底解説

介護業界において、ホームページの採用ページや求人サイトを保有している介護事業会社や人材会社は多数あります。

そういった企業の中で、実際サイトで上手く採用出来ている企業もいらっしゃることでしょう。

一方で、自前のサイトで採用が上手くいっていない企業のほうが多い事実があります。

そこで今回は、介護業界の企業で、「ホームページ」や「求人サイト」での採用が出来ていない理由をお伝えいたします。

是非、参考にしてください。

介護事業会社や介護系人材会社の「ホームページ・求人サイト」で採用が出来ていない理由とは

人材不足が深刻になってきている介護業界ですが、多くの介護事業会社や介護系人材会社が人材募集に苦戦を強いられ、頭を悩ましている現状です。

そして、介護事業会社は何とか自社の「ホームページ」で採用できるようにしたい、介護系の人材会社は「求人サイト」で集客していきたい、と思っている企業も多いのではないでしょうか!?

しかし、上手くいかない。。。そんな声をよく聞きます。では、なぜホームページや求人サイトで介護職の方々が集まらないのでしょうか!?

これには明確な理由があります。

1.集客ができていない

全ては集客から始まります。そもそもの話となりますが、「如何にサイトを見に来てもらうか」を考えなければ、応募してもらうことがまずありません。

ただ、これが出来ていない介護事業会社、介護人材会社がたくさんあります。もう、諦めている企業も多くいらっしゃることでしょう。

求職者・転職者にサイトに来てもらわなければ何も始まりませんし、ホームページや求人サイトで採用・募集を実現したいのであれば、正しい集客方法で集客を行わなければなりません。

介護業界で求職者・転職者の集客することは簡単なことではないため、様々な集客のノウハウが必要です。

2.情報が少ないから

サイトに掲載されている採用情報の情報量が少ない、というのは典型的な失敗例です。

求職者・転職者は、欲しい情報がなければその求人に興味を抱きません。情報量が少ないということは、それだけで興味を失わせる場合が多々あります。

特に採用というジャンルにおいては、求職者はとにかく情報を収集したいという思いがあるため、詳しい情報があるサイトを求めているのです。

「敢えて情報量を少なくしている」、と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、それによってメリットがあることはほとんどないでしょう。

採用情報や求人情報は、情報量があることで間違いなく興味付けをすることが出来る可能性は高くなりますし、信頼性が増すことは確実です。

3.見栄えの良いサイトではないから

ホームページやWEBサイトというものはトレンドがあり、5年ぐらいすると少し古臭いとなりますし、10年となるとかなり古いサイトと感じてしまうものです。

サイトの見た目やデザイン性が採用に関係あるのか!?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、確実にあります。

やはり、サイトの見栄えの問題はサイトの離脱に大きく影響しております、そのため、あまりにトレンドからかけ離れているデザインでは離脱が激しいのは分かりきっている事実です。

情報量があったとしても、見栄えが良くないホームページや求人サイトであれば、採用が難しくなってしまいます。

4.運用が出来ていないから

介護事業会社であれば「ホームページを全く更新しておらず、変わり映えしない」、人材会社の求人サイトあれば「求人案件の追加もなく。求人内容も変わっていない」といったことが多々あります。

要はサイトの運用がしっかり出来ていない、という企業が本当に多いのが実情です。サイトを作れば何とかなる、と思ってサイトを作り、運用のことを考えていないため、このような状況に陥るのです。

どんなサイトもそうですが、作る前のコンセプトや戦略も大事ですが、何よりも大事なことは作った後の運用です。

サイト運用に手を抜いてしまうと、サイトは機能しないということを理解しなければなりません。

5.応募までのフローが良くないから

ホームページからの応募にしても、求人サイトからの応募にしても、応募しようと思っている求職者・転職者目線で「応募」について考えなければなりません。

電話でしか応募できない、直接のメールアドレスに応募する、応募フォームの入力項目が多すぎる、など応募することについて、しっかりと考えられていないサイトも多く見受けられます。

サイトにて採用を行いたいと考える場合、応募の手間や煩わしさを出来る限り排除し、応募者がスムーズに応募できる状況を作ることは、非常に重要なことです。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護事業会社が自社ホームページで採用できない理由、介護系人材会社が求人サイトで採用できない理由を解説させて頂きました。

集客が出来たとしても情報量が少なく、見栄えが良くなければ採用は難しくなります。運用が上手くいっていないサイトもまた難しい状況になるでしょうし、応募のことが考えられてなければ応募まで辿り着かない可能性も高くなるでしょう。

サイトで採用を成功させるためには、様々なことを最適化させる必要があり、一筋縄ではいかないことが理解出来たのではないでしょうか!?

しかし逆を言えば、サイトの欠点を明確にし、その欠点を一つずつ解決していくことで、採用できるサイトへと生まれ変わらせることが出来るでしょう。

是非、参考にしてみてください。

サイトで採用を実現したいという企業様は、下記コンサルティング会社にご依頼してみてはいかがでしょうか!?

 

介護業界向けビジネス戦略カテゴリの最新記事