ケアマネを超えるポジション!主任ケアマネについて詳しく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


主任ケアマネ

ケアマネージャーとして活躍されている方々が、更なるキャリアアップを目指す際に目標とすべきものが、主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)です!

ケアマネ以上のポジションであり、やりがいのあるお仕事です。

そこで今回は、主任ケアマネについて詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

主任ケアマネとは!?主任ケアマネを徹底解説

2006年の介護保険改正に伴い、新たに誕生した資格・職種です。

ケアマネージャー(介護支援専門員)資格を保有している方で、所定の研修を受けることで取得できる資格となっており、ケアマネの更に上の資格となるのです。

ケアマネの資質を更に向上させるために生まれた資格であり、今後ケアマネ職の方が目指すべき資格であると言えますね。

ですが、主任ケアマネには簡単になれる訳でなく、それ相応の経験・スキルが必要になります。

ハードルは決して低くはありません。

主任ケアマネになるためには

主任ケアマネになるためには、まずはケアマネとしての実務経験と研修受講の条件を満たす必要があります。

受験資格について

下記いずれかの要件を満たしていれば、主任ケアマネの研修を受講することが可能です。

・専任のケアマネージャーとして60か月(5年間)以上就業した経験がある方

・日本ケアマネジメント学会が認定している「認定ケアマネジャー」で、専任の介護支援専門員として働いた期間が3年 (36か月) 以上の経験がある

・「介護保険法施行規則第140条の52第2号のハ」に規定する「主任介護支援専門員」に準ずる者として、現に地域包括支援センターに配置されている方

・「ケアマネジメントリーダー活動等支援事業の実施及び推進について(平成14年4月24日老発第0424003号厚生労働省老健局長通知)」に基づいたケアマネジメントリーダー養成研修を修了した人で、かつ専任の介護支援専門員として働いた期間が通算して3年 (36か月) 以上の経験がある方

※地域によって上記要件が若干異なることがあるようです。

主任介護支援専門員研修について

主任ケアマネの研修は、10日間程度の期間で行うことが基本となるようです。

研修内容については、座学と実習となっております。

座学と実習の間は、1週間程度の期間を空けて実施されます。

研修の目的は、以下の通りです。

・介護保険サービスや他の保健、医療、福祉サービスを提供する方との連携調整の知識および技術の修得

・他の介護支援専門員に対する助言・指導など、ケアマネジメントが適切かつ円滑に提供されるために必要な、業務に関する知識および技術の修得

・地域包括ケアシステムの構築に向けた、地域づくりを実践できる主任介護支援専門員の養成

主任ケアマネの職場・仕事内容について

当たり前ではありますが、主任ケアマネは、ケアマネージャーよりも幅広い業務が可能となります。

ケアマネの統括的な立場となり、ケアマネ同士のネットワーク構築、コミュニケーションを円滑にさせる、といったマネジメント力も必要となってくるポジションです。

それでは主任ケアマネの主な職場について、見ていきましょう。

主任ケアマネの主な職場

・地域包括支援センター

※地域包括支援センターでは、主任ケアマネの配置が必須です。

・居宅介護支援事業所

・特別養護老人ホーム

・介護老人保健施設

・介護療養型医療施設

主任ケアマネの主な仕事内容

主任ケアマネの主な仕事は、多くのケアマネジャーのアドバイザーです。

飲食店などで複数の店長達にアドバイスをしたりする立場にあるスーパーバイザーと思っていただけたら分かりやすいかもしれません。

上から目線の指導・指摘ではなく、互いの立場を尊重した形で、助言することが望ましい在り方です。

それ以外にも、新人ケアマネの育成・指導、ケアマネ同士の交流を図る会議の開催、など自治体の介護現場並びに介護そのものをより良いものへと成長させていくことを心がけ、実践していくことが主任ケアマネのミッションであると言えます。

主任ケアマネ取得のメリット

ケアマネージャー以上に、仕事の選択肢が広がることが最大のメリットと言えるでしょう。

転職に有利であることは間違いありません。

しかしながら、主任ケアマネになったからと言って、例えばすぐに地域包括支援センターなどえ働くことが出来るかと言えば、それは違います。

主任ケアマネと言えど、求人ありきが基本です。主任ケアマネ必須の求人が少ないため、ある程度タイミングに左右されます。

それでも、主任ケアマネ必須の求人案件があった際には、ライバルも少ないため、転職確度が高いはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

国は地域包括ケアシステムを推進していることもあり、地域包括支援センターは今後も増えていくはずです。

となると、必ず必要となってくるのが「主任ケアマネ」です。

ケアマネージャーが更なるキャリアを目指すことができるという意味でも、非常に価値のある資格であることは間違いありませんね。

まだ10年程度の資格であり、これから確実に重宝される資格であると言えます。

ケアマネージャーとして活躍されている方は、更なるステップアップのために、主任ケアマネを目指してみてはいかがでしょうか!?

介護業界で就職、転職をお考えの方は、国内最大級の介護業界に特化した人材紹介・人材派遣サービスを提供する「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*