介護業界で就業中でも転職活動を効率的に行う方法を徹底解説

介護業界で就業中でも転職活動を効率的に行う方法を徹底解説

介護職の方で、転職を考えている方は多数いらっしゃることでしょう。

そんな中、就業しながら転職活動を行おう、と考えている方もいるはずです。

仕事をしながらの転職活動は、なかなかに大変ではないでしょうか!?

そこで今回は、介護業界で就業中でも効率よく転職活動を行う方法を詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護職の方必見!働きながら転職活動を効率的に行う方法について

働きながら転職活動を行う理由の一つは、金銭的な問題でしょう。退職後に転職活動を行う場合、どうしても1か月程度は給与がない状態になってしまいます。

また、退職後の転職活動は、早く次の就業先を決めなければと焦ってしまい、次の職場について比較したり、熟考したりすることなく決めてしまうケースが多々あります。

そういったことを考えると、大変であったとしても働きながら転職活動を行うほうが、良いかもしれません。

では、ここで働きながら転職活動を効率的に行う方法を詳しく見ていきましょう。

転職における優先順位をつける

今一度、転職したいと思った理由をしっかりと自身で把握してみてください。

その上で、次の就業先に求めるものは何なのか!?をはっきりさせる必要があります。

貴方の希望すべて叶える求人案件はなかなか無いかもしれませんが、次の就業先に求めるものを優先順位付けしてみてください。

優先順位の1番、2番ぐらいを絶対条件にして転職活動をすると、間違いのない納得のいく転職活動なりますし、優先順位を明確にすることで、迷いなく転職活動に臨めます。

転職活動の期間を決める

働きながらの転職活動は、だらだらやっても良い結果は得られません。

そのため、ある程度期間を決めて、ここまでに転職活動を終わらせるといった目標を持つことが大切です。

この期間ですが、短すぎても焦るだけですし、長すぎてもダメです。人それぞれではありますが、「1か月半から2か月ぐらい」を目途にしてみると良いかもしれません。

人材会社を利用する

働きながらの転職活動は簡単ではありません。そんな時、人材紹介会社や人材派遣会社を利用することをオススメいたします。

転職活動の強力なサポートとなり得ますし、利用するデメリットとはほぼありませんので、登録だけでもしておくべきでしょう。

人材会社は希望の求人を紹介してくれますし、書類作成サポート、面接対策、応募した企業の詳しい情報提供などをしてくれます。

また、少しわずらわしいと感じる「応募手続き」や「面接日程の調整」も人材会社が行ってくれます。

就業中の転職活動にこれほど有難いサービスはないかもしれません。

正社員希望の方⇒介護業界専門のオススメ人材紹介会社6選
派遣社員を希望の方⇒介護業界専門のオススメ人材派遣会社8選

自己PRをしっかりと固める

面接において最も重要なものは、自己PRと志望動機です。

志望動機は各応募企業によって多少なりとも変えていかなければなりませんが、自己PRはどの企業であろうと同じ内容で問題ありません。

よって、まず自己PRをしっかりと固めることが重要です。書類作成にも面接にも使える「自己PR]を作っておくと、転職活動がぐっと楽になります。

介護業界での転職希望者必見!よくある質問、役立つ面接対策、自己PR!

応募企業3社~5社程度に絞る

応募する企業数も重要です。効率よく転職活動を行うには、応募企業をある程度絞っておくべきです。

3社~5社程度がベターですが、最終的にはご自身で判断してみてください。

逆に1社のみ応募する、といったことは避けるべきです。比較対象がありませんし、不採用となった場合、再度一からの転職活動となってしまうため、ある程度の応募数は必要です。

面接のスケジュールをあらかじめ考えておく

就業中の場合、面接の日程調整が少し大変です。

貴方の希望日時で面接してくれる企業もあれば、面接日時を指定してくる企業もあります。

面接は仕事終了後にするか、仕事が休みの日にするか、有給を取って対応するか、などあらかじめ予定を考えておくべきでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

これで貴方も、働きながら上手に転職活動を行うことが出来るのではないでしょうか!?

転職は貴方の人生を左右する可能性が大いにあるため、決して軽く考えてはいけません。特に離職率の高い介護業界では、良く考えず転職活動をしてしまうと、また転職する羽目になってしまいかねません。

確かに働きながら転職活動をすることは、思った以上に骨の折れることかもしれませんが、妥協せずに行うことをオススメいたします。転職活動をやりきることが出来れば、きっと希望の企業に就職し、なりたい自分に近づけるはずです。

是非とも、参考にしてみてください。

介護転職情報カテゴリの最新記事