介護業界で施設長を目指す方へ!施設長の仕事内容を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界でキャリアを形成する上で目指すべきポジションの一つに「施設長」があります。施設長のお仕事は多岐に渡り、責任の大きなポジションのため誰でもなれるわけではありません。

今回は施設長を目指す方々に向けて、施設長のお仕事内容詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

介護業界の施設長というお仕事について

施設長はその名の通り、各施設の長です。もっと分かりやすくお伝えすると、その施設のトップに立つ人です。

施設を管理するお仕事であり、最終的にはその施設の全責任を持つことになるため、非常に重要なポジションです。では、仕事内容を見ていきましょう。

1.施設管理

施設の管理者なので、当然施設全体の管理を任されます。

1-1 目標設定、収支管理

介護業界も利益を出していかなければ経営は成り立ちません。よって、一つ一つの施設で目標を設定し、その目標を達成していかなければならないのです。

そして施設において、それを見ていくのが施設長の役目です。しっかりと収支を管理し如何に利益を出していくか、それこそが施設長の最大の役割かもしれません。

1-2 利用者家族への対応

介護業務に携わることもありますが、仕事の比重は利用者家族への対応が大きくなります。時にはクレームなどを受けることもあるでしょう。施設長は、そういった責任を負っていく立場にあります。

1-3 営業活動

施設形態により営業活動のするしないはありますが、入居者募集の営業活動も施設長のお仕事の一つです。介護施設は入居者がいなければ成り立ちません。ですので、如何に空きを作らないかが重要です。

 

2.人材管理

2-1 スタッフ管理

離職率の多い業界だけに、スタッフの管理は非常に大事な様子です。如何に離職を防ぐか、如何に介護スタッフや看護スタッフの方に気持ちよく働かせることができるか、そういったことを日々考え、実行していかなけばなりません。人間関係の問題もトップである施設長が解決するべきモノでしょう。

人材マネジメントは施設長にとって、最重要の仕事かもしれません。

2-2 スタッフ採用

人材確保は常にしていかなければありません。介護スタッフがいなければ施設は成り立ちませんし、1人欠けてしまうだけで、他の従業員への負担が増す業界です。よって、採用戦略を考え採用業務を行うことも施設長の重要なお仕事です。

2-3 労務管理

スタッフのシフト管理、勤怠管理、残業のコントロールなども施設長が見ていかなければなりません。施設を円滑に回していくためのシフト調整なども施設長が判断していくこととなります。

 

施設長になるためには

施設長になるために、これという資格はありません。要は資格がなくても慣れる可能性があるのです。
※施設長研修というものは履行は必須

しかしながら、経験値は絶対的に必要になります。介護業界での経験は間違いなく5年以上は必要になってくるでしょう。最低限、介護の現場が分かっていない人に、施設長は勤まりません。

次に人望も大事になってくるでしょう。トップに立つ人には、この人に付いていきたいと思わせる何かが必要ですし、スタッフからの信頼がなければ成り立ち仕事ではありません。

そういった意味では、施設長が誰よりも働くことが重要になってくることと思いますし、トップに立つ人間はそのぐらい覚悟が必要になります。

 

まとめ

皆様、施設長のお仕事内容が理解できましたでしょうか!?介護業界における施設長は、本当に責任重大なお仕事です。そして、介護施設をマネジメントすることは非常に大変と言うことも同時に分かったかと思います。

施設全体を見るということは、ヒト・モノ・カネを見ることになります。要は経営者的な視点が必要になってくるのです。

責任重大なポジションではありますが、その分やりがいもありますし、施設長になればキャリアもお給与もアップすることはずです。

介護業界で働く方々にとっては、今後目指すべきポジションの一つであることは間違いないでしょう。

施設長での就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?施設長になれるチャンスを掴んでください!




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*