介護業界における施設長の仕事内容と職種解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界における施設長は、その名の通り施設のトップに立ち、ヒト・モノ・カネをマネジメントするポジションになります。

飲食店などの店長をイメージして頂ければ分かりやすいかもしれません。ただし、利用者の方々だけでなく、その家族への配慮なども必要になってくるお仕事です。

施設長になる、という高い目標をお持ちの方は是非参考にしてください。

施設長とは

各施設のトップに立つ人です。よって、最終的な責任は施設長になることもあるので、責任重大なポジションであることは間違いありません。

その分、経営的な考え方、マネジメントスキルなどが身に付き、介護業界での経験・スキルを更に高めることが出来るはずです。

施設長の仕事内容

施設種別によって、多少仕事内容は異なるかもしれませんが、全うするべき役割は施設の経営、マネジメントです。施設を運営するために、大きな視野を持ち、施設利用者、従業員と関わっていかなければなりません。

下記、簡潔に仕事内容をまとめてみます。

・施設の収支管理、運営管理
・利用者の入居促進や営業活動
・利用者、利用者のご家族への対応
・施設の人材採用の実業務並びに採用戦略の立案、面接対応
・スタッフのマネジメント
・場合によっては介護実務

このように本当に幅広い仕事内容になっております。よって、介護の知識・スキルがあればいいという訳ではなく、ヒューマンスキル(人間力)を持ち合わせていなければ勤まらない仕事なのです。

上記の仕事内容を一つでも怠ると、施設運営はできません。

中でも、多くの施設で苦労することは、スタッフのモチベーションを保つことであったり、人間関係の把握等だと言われています。

介護施設の多くは、人手不足が慢性的に起こっております。そのため、如何に離職をさせないか、これが非常に大切になっていきます。

施設長にとって、働く従業員のケアこそ優先順位を高くして、意識していかなければならないところでしょう。

そして、採用!これも非常に重要ではないでしょうか!?

大手の介護施設運営会社であれば、本社に人事機能を置き、人事担当者が一括して採用を引き受けているケースが多いかもしれませんが、中小企業であれば、施設長が採用を引き受けることが多い現状です。

介護業界の採用はかなり難しく、しっかりと戦略立てて動いていく必要があります。採用が上手くいかずにいると、慢性的な人手不足が更なる離職を生むことになるため、離職を防ぐことが何より重要ですが、採用についても同等レベルで重要なのです。

また、デイサービスで施設長を勤めていた方が有料老人ホームでの施設長として通用するかは、少し疑問があります。

正直、施設タイプ(有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホームなど)によって仕事内容、考え方、忙しさ、採用の難しさなども変わってくることは間違いありません。

施設長に必要な資格

資格要件は特にありませんが、実質的には介護の資格を何も持っていない人が施設長に就くことはまれかもしれません。

推奨される資格は、介護福祉士や社会福祉士、看護師免許などでありますが、より経験値が必要な職種と言えます。

施設長のやりがい、大変なところ

施設のトップとして経営的視点でお仕事に携わっていくことは、これまでにない経験ができるはずです。

その分、これまでになかったマイナスの事態(クレーム対応や虐待などの問題)に遭遇することもあるかと思います。

よって、如何に施設全体を管理できるか、従業員に対してのマネジメントが出来るかが重要であり、より良い施設になるよう務めることがやりがいと言えます。

やりがいと感じるところがそのまま大変だと感じることと思いますが、人それぞれで大変と感じるとこは異なるでしょう。

人間関係の調整が難しいと考える方もいれば、入居者・その家族への対応が大変と考える方もいるはずです。

そして施設長というポジションで付きまとう問題として、離職と採用です。これは多くの施設長が頭を悩ませるところです。

離職の多さは業界の常であり、なかなか防ぐことが難しい現状があります。そして、採用においても思い通りに行くことはそこまで多くはないでしょう。

いずれにせよ、施設長という職種は、介護業界でマネジメント業務を行いたいと考えている方が目指すべきポジションの一つではないでしょうか!?

施設長の年収について

地域、施設によって、大きく異なります。もちろんヘルパーの収入よりもかなり多いはずです。平均すると400万円~550万円程度だと推測されます。

施設長として活躍している方々のコメント

45歳/男性/介護業界13年目

特別養護老人ホームの施設長として5年目を迎えます。施設長として最も意識していることは、全体マネジメントです。

ヒト・モノ・カネをしっかりと把握し、管理していかなければなりません。

特に施設の管理で重要なことは、従業員のモチベーションだと思っております。介護業界は離職率の高い業界のため、やはり従業員に辞められてしまっては、施設運営はままなりません。

辞めたら採用すれば良い、というスタンスでは絶対に長続きはなしない施設となってしまいますので、如何に従業員が長く勤められる環境にするかが最も注力すべきことなのです。

その成果として、施設長として5年目となりますが、年々離職率が減ってきております。これにより、施設の運営状況は非常に良くなっております。

やはり、最終的には離職ゼロとなることを目標としており、それに向かって様々施策を練っている状況です。施設長は大変ではありますが、それ以上にやりがいがあります。小さな会社を経営しているような感覚ですので、人間力が非常に磨かれる鞘腫ではないでしょうか!?

とにかく今後も、信頼してもらえる施設長を目指していきます。

44歳/女性/介護業界8年目

デイサービスでの施設長を任されております。施設長になって半年ですが、まだまだ完全には慣れておりません。夜勤がないデイサービスは、その分日中に様々なことが集約されております。

利用者の方も都度入れ替わりますので、安全面であったり、家族との打ち合わせには特に気を使わなければなりません。また、従業員のミスは最終的に施設長の責任となるため、責任者として表に出て対応しなければなりません

大変さとやりがいどちらもありますが、軽い気持ちで引き受けたことは少し後悔しております。自分よりもふさわしい人がいるのではないか、何でこんなことで謝らなければならないのか、と思うこともあります。

正直、辞めたいと思うこともありますが、ここで辞めてしまっては、一生介護職員で終わってしまう、という危機感もあるため、何とか施設長としてやっていけるスキルとメンタルをあと半年で身に付けたいと思っております。

「石の上にも3年」ですので、根気強く頑張っていきます。

施設長を目指す方へ

施設長というポジションは一筋縄ではいきません。ストレスも多分に感じることでしょう。

まず、メンタル的に強くないとできない仕事です。そのぐらい大変なお仕事ですし、介護業界におけるスキル・経験も持ち合わせていなければなりません。

利用者の信頼だけでなく、従業員の信頼も獲得しなければ、しっかりとした施設運営はできません。そういった意味では、人間力を磨いていく必要があるのです。

この業界の施設長で力を発揮することが出来れば、しっかりとしたキャリア形成をすることができることは間違いありません。

施設長での就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?きっと貴方に合った施設長の案件に出会えるはずです!

介護業界に精通したキャリアアドバイザーが親身に転職をサポートしてくれます。
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*