サービス付き高齢者向け住宅の施設解説(仕事内容や入居費用について)

サービス付き高齢者向け住宅の施設解説(仕事内容や入居費用について)

サービス付き高齢者向け住宅は、都道府県ごとに認可・登録された介護士の見守りサービスが受けられる賃貸住宅です。

主に自立している高齢者、介護度の低い高齢者を受け入れています。

今回は、サービス付き高齢者向け住宅について、入居者目線、働く側からの目線で詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

サービス付き高齢者向け住宅について

サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容

サービス付き高齢者向け住宅の具体的なサービス内容としては、基本常勤の介護スタッフによる見守りと生活相談になります

自立している高齢者が多いため、実際の介護を行っていたり、リハビリテーションを行っているサービス付き高齢者向け住宅は少ないのが現状です。

基本的には何かあった時のためであったり、バリアフリーのある住まいで生活し、未然に事故や怪我などを予防するために、サービス付き高齢者向け住宅を利用するのです。

サービス付き高齢者向け住宅の設備について

サービス付き高齢者向け住宅では、床の段差がない、廊下幅が78センチ以上ある、などバリアフリー構造が義務化されています

また、施設によっては食堂や共同リビングなど、高齢者の方たちがコミュニケーションを取れるような場があります。

更にサービス付き高齢者向け住宅は、居宅介護支援事業所が併設しているケースも多く、より複合的な介護サービスへと発展してきております。

居宅介護支援の詳しい解説はこちら

サービス付き高齢者向け住宅の入居費用

サービス付き高齢者向け住宅の費用は運営会社、施設によって大きく異なります。これはサービス範囲の違い、住まいのグレードなどが要因となります。

サービス付き高齢者向け住宅の初期費用:0円~数百万円

サービス付き高齢者向け住宅の月額費用:10万円~30万円(あくまでも目安になります。)

有料老人ホームなどよりも安価に入居できるため、高齢者の方々に手軽感で人気です。しかしながら、基本的には自立している、もしくは介護度の低い高齢者向けになります。

サービス付き高齢者向け住宅費用の詳しい解説はこちら

サービス付き高齢者向け住宅への入居を考えているが、よく分からない方、迷っている方は、下記よりサ高住に特化した相談サイト「サ高住ノート」に相談してみてはいかがでしょうか!?

サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット

メリット

・高齢者の方が契約しやすく、住みやすい環境

・地域密着型の施設が多いため、住み慣れた土地に住み続けられる

・有料老人ホームより安価で、見守りサービスを受けられる

デメリット

・通常の賃貸住宅よりは値段が高い

・介護度が重度だと契約、利用できない

サービス付き高齢者向け住宅での介護士の仕事について

サービス付き高齢者向け住宅では介護度の高い方はいらっしゃらないので、介護業務を実務として行うことはほとんどなく、見守りサービスが基本です。

安否確認であったり、生活相談が主な仕事内容となります。

しかしながら、見守りだけがお仕事ではありません。サービス付き高齢者向け住宅運営会社は、居宅介護支援事業所と併設しており、訪問介護事業を行っているケースが多く、介護スタッフも訪問介護も行うことになります。

多くの場合、同施設のサービス付高齢者向け住宅の住人様が、訪問介護のお客様となります。

要は一人二役という仕事になることが、サービス付高齢者向け住宅で働く介護士さんの働き方になります。

よって、サービス付き高齢者向け住宅で働く介護士さんが大変なことは、スケジュールの管理、時間厳守、提供サービスの混同を避ける、など頭と体の両方を回転させなければならないことにあるでしょう。

また、基本的に夜勤が発生しますので、夜勤の耐性を付ける必要があります。ただ、見守り中心の業務ではありますので、そこまでハードな夜勤とはならないでしょう。

※提供サービスの混同について
訪問介護は介護保険法に基づいており、サービス範囲が決まっています。例えば、散歩の付添い、大掃除、部屋の模様替え、お茶のみ相手、等のサービスは基本NGです。

サービス付き高齢者向け住宅での更に詳しい仕事内容はこちら

まとめ

サービス付き高齢者向け住宅は2011年に始まったサービスです。

高齢化社会が加速していく中、高齢者が安心して暮らせる住まいを提供していく必要が急務であったため、創設されたのです。

入居者保護という意味でもしっかりと質が約束されており、これからも増えてくる施設の種類と言えます。

今後も期待されている施設であり、高齢者の方々の入居希望も増えてくるであろう施設なのです。

サービス付き高齢者向け住宅への就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?


介護施設の解説カテゴリの最新記事