生活相談員の仕事内容と職種解説

生活相談員の仕事内容と職種解説

介護職からの次のステップとして考える方が多い職種の一つでもある「生活相談員」は、介護業界の中でも人気の職種と言えます。

生活相談員になるためには一定の資格が必要であると共に、働くことができる施設も限られております。

生活相談員を目指す方は、是非参考にしてください。

生活相談員とは

介護が必要とされる高齢者や障碍者、そしてその家族に対して施設の利用からケアプラン等の相談業務を行う立場にあります。

生活相談員は施設を利用したいと考えている高齢者、その家族に対して親身になって、今後どのような介護サービスを受けることが最適かをしっかりと伝えることが役割となります。

ただ、相談を行うだけが仕事ではありません。如何に介護サービスを受けている方々、その家族の悩みを解決していくか、それこそが生活相談員に課せられている使命ではないでしょうか!?

生活相談員の仕事内容

特別養護老人ホーム、デイサービス、ショートステイにおいて、生活相談員が配置されております。ケアマネージャーが介護を受ける前の最初の窓口に対して、生活相談員は実際の利用者、その家族に対しての相談業務が主な仕事です

ケアプランにおける相談業務だけでなく、経済的な相談、精神的な悩みなど、介護に付随することへの相談業務もお仕事の範囲です。

要は利用者、その家族の生活全体をサポートできるように努めることが、相談員の仕事なのです。

そして、もちろんのことですが相談を受け、利用者、その家族の悩みなどをしっかりと解決していく必要があります。決して相談を受け付けることが仕事ではないということを認識ください。

また、受け入れ準備や契約書の作成・説明、また病院との良好な関係性を構築することも大事な業務になります。

更に施設の顔、窓口として病院・ケアマネへの営業活動を行い、施設のピーアールもしなければならないですし、常に地域との関係性作りを意識しなければなりません。

上記のように非常に多岐に渡る業務となるため、生活相談員の職に就いてみたら、想像以上に大変だったと感じる方が多々いらっしゃるようです。

スキル・経験が求められる職種ですし、安易な考えでは勤まらない職種であると言えます。

また、施設の種類によって仕事内容、相談内容が変わってくるので、施設種別によっては合う合わないが出てくる可能性があります。更に言うなれば、施設ごとで忙しさも違います。

ゆったりと仕事をしていた前職と比べて、転職先はものすごく忙しいといったこともあるようです。

生活相談員に必要な資格

社会福祉士
社会福祉主事任用資格
精神保健福祉士

上記の資格を持っていれば、未経験でも生活相談員の職に就ける可能性があります。実質、現場経験、実務経験の有無は必要ありません。

しかしながら、生活相談員の受け入れ側の施設としては、現場上がりの生活相談員経験者が一番欲しいところです。

これは当たり前のことですが、介護の実務経験がなければ、相談業務もしっかりとこなすことはなかなかに難しいと言えます。

よって、結局のところ介護実務を数年経験し、生活相談員になる方がほとんどです。

下記、社会福祉士などの資格の資料請求が可能です。


生活相談員のやりがい、大変なところ

利用者だけでなく、その家族とのやり取りが発生するため、ヒューマンスキルと共に、介護業界における様々な知識を吸収していくことができるでしょう。

ケアに直接関わることはほとんどなくなりますが、その分、事務作業やマネジメント業務、調整業務等があるため、仕事量は増えるはずです。

もちろんそれがそのままやりがいに繋がります。また、大変なことの代表例てしてはクレーム対応ではないでしょうか!?

このクレーム対応は、生活相談員にとって、一つ乗り越えなければならないものです。

責任は大きく、また介護というデリケートな内容においては、利用者、またその家族から様々なクレームがあると想定されます。

クレーム対応だけでなく、クレームを減らすよう努めることも生活相談員の役割です。

介護の現場を経験せずに生活相談員になる方も稀にいらっしゃるようですが、基本的には介護現場を経験していることが重要であることは間違いなく、これまでの現場経験が大いに生きてくることもあるでしょう。

生活相談員の年収について

事業所、施設によって生活相談員の立場は、大きく異なる印象です。ケアマネの年収よりも低いですが、ヘルパーよりはもちろん高い報酬が貰える職種ではないでしょうか!?

平均的には350万円~400万円が相場と言えます。

生活相談員になったとしても、更なる上を目指していくためには、やはりケアマネや施設長などになっていく必要があるでしょう。

生活相談員で活躍している方のコメント

28歳/男性/介護業界6年経験

大学卒業後、2年の介護職経験をした後、生活相談員に抜擢されました。もともと、社会福祉主事を保有していたため、前任者が退職したこともあり、急遽この職種に就いた形です。

正直、もう少し現場を経験したかったため、最初はあまりやりたくない、と思っておりました。しかしながら、利用者様やその家族様の悩みなどをお聞きするうちに、この人たちのために、という思いが強くなりました。

大変なことはたくさんあります。クレームを受けることもあります。それでも、相談業務はやりがいのある仕事です。いやいや始めた仕事は、今や天職とも感じております。これからもたくさんの方々のお悩みを解決していきたいと思っております。

35歳/女性/介護業界10年経験

生活相談員の仕事に就いて、4年目です。社会福祉士の資格を取得し、半年後に運よく生活相談員になることができました。

生活相談員未経験であったため、勤務当初はかなり悩みました。現場を上がりたいという思いもあったため、生活相談員を目指していたのですが、思った以上に大変!

ただ、相談に乗っているだけでは、仕事になりません。それまで以上に、専門知識を身に付ける必要がありましたし、営業活動のようなことも行わなければなりません。仕事の幅は非常に広く、様々な業務をこなさなければならないため、一筋縄ではいきません。

正直、生活相談員4年目で合っても、まだまだ勉強することがあるな、と感じるほどです。それでも、適度な忙しさ、現場以外の介護の仕事が出来ている充実度は、有難い限りです。

これからも経験と知識を身に付けて、更に能力の高い生活相談員へと成長したいと強く思っております。

生活相談員を目指す方へ

生活相談員はケアマネージャーと違って、実務経験がなくても資格があればその職に就ける可能性があります。ただ、これだけを鵜呑みにして、転職などを考えては絶対にダメです。

何故なら、生活相談員の求人案件はそこまで多くはありませんし、もしあったとしても他の経験者が応募してくる可能性も十分あります。

そうなると、経験がない資格者は不利であることは間違いなく、採用ハードルはかなり高いものとなるでしょう。

やはり重要なのは、介護業界で生活相談員として働いた経験があるか、これにつきます。

介護現場の経験があるだけでは、もし求人募集があったとしても、ご自身の応募の他に生活相談員経験者の応募があれば、その方を採用する可能性が高いことは明白です。

生活相談員を目指すのであれば、資格取得だけでなく、まずはしっかりと介護の現場を経験する必要があります。

そして実務経験を積み、介護業界、介護の現場がどういったものかを体感し、ご自身のスキル・経験値を身に着けていくことが、生活相談員になる近道であります。

生活相談員での就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

貴方に合った生活相談員の求人案件が多数あります!介護業界に精通したキャリアアドバイザーが親身に転職をサポートしてくれます。
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

職種解説カテゴリの最新記事