サービス提供責任者の仕事内容と職種解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


マネジメント業務中心のお仕事で、訪問介護事業所での就業となります。ヘルパーとのやり取りはもちろんのこと、お客様である要介護者とのやり取りも多く、非常に幅広いお仕事内容になります。

介護業界では、ケアマネや生活相談員などと同じように介護実務をこなすことはあまりありません。どちらかといえば営業マンのようなお仕事に近いかもしれません。

今回はサービス提供責任者の仕事内容と職種について解説していきます。是非参考にしてください。

サービス提供責任者とは

訪問介護員、ケアマネ、そして訪問介護の利用者との橋渡し的な役割を担います。業界では「サ責」と省略されて呼ばれている職種です。

サービス提供責任者の仕事内容

サービス提供責任者はケアワーカー(ヘルパー)やケアマネと連絡を取り、スケジュールの調整など、主にコーディネート業務全般に携わることとなります。

また、仕事内容としてケアマネの作成したケアプランに基づいて訪問介護計画書を作成します。

具体的なコーディネート業務は、利用者やその家族、担当ヘルパーとの連絡・スケジュール調整等の訪問介護サービスに伴う管理業務、更にヘルパー(訪問介護員)の介護指導、教育・育成、マネジメント等が仕事の中心となってきます。

企業によっては、ノルマを言い渡されることもあるため、売上等の意識を持たなければならないこともあります。

ちょっとした営業マンのような感覚になるかもしれませんね。

また、登録ヘルパーのアテンドが出来なかった場合は、自らが訪問介護の現場にも入ることもあるのが現実です。

よって、介護業務、特に訪問介護でヘルパーを行ってきた経験がある方が、サービス提供責任者になることが多いかもしれません。

人の管理、売り上げの追求など大変なことも多々あるのが、サービス提供責任者ではあり、介護業界のスペシャリストといっても過言ではないでしょう!

サービス提供責任者に必要な資格

・介護福祉士
・正看護師、准看護師
・保健師
・介護職員実務者研修
・ホームヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修

上記の資格を持っている方、もしくは研修を修了している方であれば、「サービス提供責任者」になることができます。

介護職員初任者研修の資格でもこの職種になることは可能ですが、介護報酬10%減となってしまいます。そのため、介護職員実務者研修や介護福祉士の資格を持っている方が重宝されています。



サービス提供責任者のやりがい、大変なところ

マネジメント能力、調整力、コミュニケーション能力など、多岐に渡るスキルが身に付くはずです。

ただしその分、幅広い人間関係を構築していかないといけないため、気苦労、ストレスがあることは間違いありません。

そのため、ストレス耐性を求められる職種と言えます。

ヘルパーが訪問介護の現場に行かなかったりすれば、それだけでも様々な対応をしていかなければならないため、介護現場とはまた異なるストレスが掛かってくるはずです。

主にコーディネート業務が中心となりますが、ヘルパーのアテンドが難しい場合などは自分自身で訪問介護業務を行うこともあり、そういった臨機応変な対応をしなければならない職種でもあるのです。

それでも、その分やりがいは色々な場面で感じられるはずです。人をコントロールし、時間をコントロールする、大変ではありますが、介護業界では特異な仕事であるため、ビジネス力も養うことが出来るでしょう。

サービス提供責任者の年収について

サ責の年収は、ピンキリの印象です。お仕事的には決して簡単ではありませんが、ケアマネのような安定的な評価にはならないイメージです。

年収的には320万円~450万円でしょうか!?

営業マン的な要素もあり、数字・ノルマが課せられることも相応にしてあります。結果次第で、その年収は大きく変わるかもしれません。

サービス提供責任者で活躍する方々のコメント

26歳/男性/介護業界経験3年目

訪問介護員として2年ほど働いた後、介護職員実務者研修を取得した段階で「サービス提供責任者」となりました。

正直、大変です。登録ヘルパーさんのマネジメントは想像以上に難しく、当日「体調不良のため現場に行けなくなった」、などの連絡が入ることが多々あります。その都度、再度コーディネートをしなければなりませんし、登録ヘルパーが誰もいない場合は、自らが現場に出て、介護業務を行わなければならいこともあります。

サ責になってちょうど1年ですが、まだまだ慣れませんし、大変なことだらけです。それでもようやくやりがいを感じ始めておりますし、お給料も介護職時代よりも随分良くなりましたので、もう少し踏ん張って頑張りたいと思います。

39歳/女性/介護業界15年目

サービス提供責任者の職種は、もう5年目となります。この職種で何よりも大切なことは、ホームヘルパーさんとの信頼関係と言って良いでしょう。ヘルパーさんに現場に行って頂き、介護業務を行って頂くことになりますので、気持ちよく仕事をしてもらうような環境を作らなければなりません。

無理なスケジュールを組んでしまえば、ヘルパーさんは辞めてしまいますし、ただ利用者様の依頼があれば訪問する必要性があります。そんな時は、自らが積極的に現場に出るようにいたします。こういったことにより、まずは自分を信頼してもらうことが大切だと思っております。

サ責のお仕事は、他の介護業務とはだいぶ異なりますが、介護業界になくてはならない職種です。そんな仕事が出来ていることは誇りであり、自慢です。

サービス提供責任者を目指す方へ

サービス提供責任者はコーディネート業務中心ではありますが介護の実務をする機会があることをあらかじめ理解しておくべきです。

また、ビジネス的な視点を持ちえていないと、なかなかこの仕事にマッチしないかもしれません。ある意味派遣会社の営業マン、コーディネーターのような仕事であり、介護業界の中でも数字(売上)を求められる職種なのではないでしょうか!?

介護の仕事ではありますが、サ責はその名の通り、訪問介護を行う事業所の責任者であり、ヘルパーさんのコントロール、利用者さんとのコミュニケーションが非常に大切です。

一筋縄ではいかないことも多々ありますので、メンタル的な強さも必要となります。経験値がモノを言う仕事であり、サ責になったばかりの方々は苦労することも多いはずです。

それでも介護業界でマネジメント業務を行いと考えている方にとっては、サービス提供責任者という職種は一つの選択肢となることは間違いないでしょう!

サービス提供責任者での就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

ご希望通りのサービス提供責任者案件多数あり、です!
介護業界に精通したキャリアアドバイザーが親身に転職をサポートしてくれます。
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*