介護業界で年収・給与をアップさせるために心掛けること10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


年収をアップさせたい、これはどの業界で働く方々でもそう思うことでしょう。

介護業界で働く方々も同様に年収をアップしていきたい、と考えていることは間違いないでしょう。

では、実際どうやって年収をアップさせていくべきなのか!?

そこで今回は、介護業界で働く方々が年収アップしてくために心掛けるべきことをお伝えいたします。

是非、参考にしてください。

介護業界で働く人が年収アップしていくために心掛けるべきこと10選

介護業界は年収が低い、給料が上がらない、休みが少ない、などのネガティブ要素が、メディアに取り上げられることがありますが、実際はどうなのでしょうか!?

介護業界以上に収入が低い業界も多々ありますし、多くの業界で給料が上がらない、と嘆いている方々も多くいらっしゃいます。

実際のところ、他業界を見た時に、介護業界の労働環境は決して劣悪などではありません。多くの企業が労働環境の改善を続けておりますし、給与面や福利厚生面もかなり良くなっている印象です。

もちろん仕事内容は大変なこともありますが、他業界よりも成長の見込める業界であることは間違いありません。

成長し続けている業界だからこそ、年収アップは見込める業界となっていくはずです。

それでは、介護業界で年収アップしていくために心掛けるべきことをお伝えしていきます。

1.目標を持つ

長い年月、社会人として仕事をすることになります。何の目標もなく仕事を続けていくことは、どの業界でもしんどいと感じるはずです。

仕事をするからには目標を持つこと。

目標を持つことで間違いなく仕事への意欲が増しますし、スキル・経験値も自然に上がっていくはずです。

これにより昇進・昇給の可能性も高まるはずです。

2.資格を取得する

介護業界は言わずと知れた「資格社会」です。

資格を取っていかなければ、昇給・昇格の可能性は低く、介護職というポジションから上にいくことは出来ません。

資格だけが年収アップの要素ではありませんが、良くも悪くも資格の有無があなたの収入に大きな影響を及ぼすはずです。

3.就業態度、自己管理を意識する

真面目に仕事を行うことは当たり前のことだと思いますが、日々常に心掛けることは意外に大変です。

頻繁に休みや遅刻などをしてしまう人は、昇給・昇格のラインから外れてしまうことが多いです。

何よりも自己管理が大事であり、体調一つにしても常に意識する必要があります。

無遅刻・無欠勤の人は間違いなく職場で重宝される人材であり、評価されることでしょう。

4.利用者への配慮

利用者の方々が何を求め、何を考えているのかを敏感に察知することは、介護職に求められる能力の一つでしょう。

利用者はお客様であるという意識だけでなく、一緒に多くの時間を過ごす方々という認識のもと、思いやりを持って接することが大切です。

これにより、利用者の方々とのコミュニケーションを上手に取れる介護職として、会社・施設でも一目置かれ、評価も高まるはずです。

5.働く仲間への配慮

忙しい状況であったとしても、一緒に働く同僚への思いやりは大切です。

共に働く人たちからの信頼を得ることは、簡単そうで難しく、一朝一夕ではいきません。

職場で信頼を得ることが出来れば、その人の昇給・昇格にプラスの影響を及ぼすことは間違いありません。

6.上司や本部スタッフと良質な関係を築く

一緒に働く仲間だけでなく、上司や本部スタッフとの良好な関係を築くことも、昇給してくためには非常に重要です。

多くの場合、従業員の評価をするポジションは、施設長やリーダークラスです。

施設内での上司にあたる方々との関係性は、常に考えなければなりません。

7.コミュニケーション能力を磨く

介護スキルだけでなく、コミュニケーション能力が重要な介護業界では、コミュニケーションスキルを磨くことは必須です。

利用者の方、従業員の仲間と介護の現場で何よりも大切にするべきことは、コミュニケーションであることは多くの人が感じていることでしょう。

このコミュニケーション能力があるとないとでは、昇給・昇格には大きな違いが出てくることは間違いありません。

8.根気よく仕事を続ける

給与アップを求めるならば、仕事を継続して行うことは絶対と言って良いでしょう。どの業界でもそうですが、ある程度同じ会社で働き続けなければ昇給・昇格は難しいかもしれません。

転職で給料アップすることもあるかもしれませんが、介護業界は一つの会社で働き続ける方が給与アップが期待できる業界ではないでしょうか!?

9.業界情報を把握する

介護業界で働くからには、介護業界の様々な情報は自分なりに収集しておくべきです。

介護業界の知識は、ポジションが上に行けば行くほど役立つはずです。言い換えればポジションを上げていくには、介護業界の様々な知識を保有する必要があるということです。

10.何事も前向きに取り組む

仕事に対して、そして業界に対して前向きな姿勢を持つことが重要です。

業界の成長率は間違いなく右肩上がりですし、これからも様々なことが良くなっていくはずです。成熟した業界となった時、給与や就業環境は間違いなくもっと良くなっていることでしょう。

前向きに働くこと、これは仕事をする上で基本であると同時に、継続する難しさがあります。

それでもそういった心意気で働くことは、介護業界で給与アップを目指すにはとてつもなく大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護業界で給与アップを目指す方々が、心掛けるべきことをお伝えさせて頂きました。

とても基本的なことではありますが、それが難しい。そんな風に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

冒頭でもお伝えしましたが、介護業界は決して給与が低すぎる業界という訳ではありません。スキルと経験を身に付けていくことで、ある程度の年収まで届くことも十分あります。

仕事をするからには、給与を上げていきたいという思いがあるはずです。介護業界で活躍していきたい、とお考えの方々は是非とも参考にしてみてください。

介護業界で転職を考えている方、転職するか悩んでいる方は、介護業界に特化した転職支援会社で全国対応の「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*