【介護職】サービス付き高齢者向け住宅の仕事内容とは?

【介護職】サービス付き高齢者向け住宅の仕事内容とは?

サービス付き高齢者向け住宅は、近年、非常に人気の高まっている施設タイプです。

有料老人ホームよりも安価に入居できるメリットがあり、また要介護度の低い方が利用できる施設です。

介護職の方々が働く場所の選択肢としても、サービス付き高齢者向け住宅は主流になりつつあります。

そこで今回は、サービス付き高齢者向け住宅における介護職の仕事を徹底的に解説していきます。

是非、参考にしてください。

サービス付き高齢者向け住宅の仕事内容について【介護職版】

サービス付き高齢者向け住宅の仕事内容

サービス付き高齢者向け住宅は、その名の通り介護サービスがあらかじめ付いている住宅です。

略して「サ高住(サコウジュウ)」と呼ばれることがあります。

サ高住は、賃貸物件であることがほとんです。厳密に言うと、介護施設という位置づけでなく、賃貸物件の位置づけということも頭の片隅に置いていてください。

サ高住は多くの場合、居宅介護・訪問介護事業所が併設されております。そのため介護職の方は、2足のわらじを踏むことになります。

一つは「サ高住での介護職員」、もう一つは「サ高住での訪問介護員」です。

それでは、サービス付き高齢者向け住宅における「介護職の職務内容」を見ていきましょう。

サ高住職員としての仕事内容

サービス付き高齢者向け住宅のスタッフとしての主な仕事内容は、フロント業務・見守り・相談・生活援助です。

身体介助などを行うことはできません。仕事内容の詳細としては、定期的に利用者のお宅へ訪問したり、共同スペースである食堂に来ているかなどをチェックすることで安否確認をしたり、病院や買い物の付き添い、生活全般の相談業務、各種手配などになります。

夜勤ももちろんあり、ナースコール等に対応することもございます。

訪問介護員としての仕事内容

サ高住利用者が介護保険サービスを利用したい場合は、サ高住に併設している訪問介護事業所に依頼することになります。

そして、この訪問介護事業所の運営は、サ高住運営企業と同じ企業が行っていることがほとんどです。

そのため、サ高住スタッフと訪問介護員を兼務することになるケースが多々あるのです

ケアプランに沿って、介護サービスを提供することになりますので、利用者ごとに提供する介護サービスは異なります。

身体介助が主な仕事内容となり、逆に日常的な家事サービスなどは行ってはいけません。

サービス付き高齢者向け住宅での介護職としてのやりがい

サ高住で介護スタッフとして働くことで、2つの経験が出来ることは非常に大きなやりがいとなることでしょう。

サ高住のスタッフとして、また訪問介護員としての業務が経験できることは、サ高住ならではです。

2足のわらじを踏むことは、慣れるまで大変なことが多いかもしれませんが、サ高住でしか経験できないことでもあります。

また、サ高住のスタッフとしても訪問介護のスタッフとしても、同じ利用者と関わることになるため、結果的により利用者に寄り添った介護サービスを提供できるかもしれません。

サービス付き高齢者向け住宅で働く上での注意点

見守りや生活相談が主な業務と思っていらっしゃる方も多いようですが、上記でもお伝えした通り訪問介護が併設されている場合は、訪問介護員としても働くことになります。

そのため「身体介助はないと思ったのに」という方々は、ギャップを感じてしまうかもしれません。

逆に、訪問介護事業所が併設されていない場合、見守り・生活相談が主な仕事となるため、仕事内容が物足りないと感じる方もいらっしゃるようです。

また、各施設によって、仕事の幅、雰囲気はかなり異なるようです。そのため、「受け入れている要介護度」、「人員配置」、「認知症対応」など、疑問に感じていることは、働く前に確認しておいた方が良いでしょう。

看取りに対応しているサ高住などもあるぐらいなので、ギャップを感じないためにも要確認です。

サービス付き高齢者向け住宅への転職成功・失敗事例集

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は、サービス付き高齢者向け住宅での介護職の仕事について、詳しく解説させて頂きました。

サービス付き高齢者向け住宅での仕事内容は、「幅が広くてやりがいがある」と感じる方もいらっしゃれば、「業務内容が多すぎて、大変すぎる」と感じる方もいらっしゃるようです。

実際、サ高住の仕事内容を勘違いされている方も多いようで、施設に配属された後、仕事内容にギャップを感じる方も少なくありません。

やはり、サ高住で働きたいと考えている方々、転職したいと考えている方々は、まずサ高住での仕事が、どのようなものであるかを多少なりとも理解しておかなければなりませんね。

一昔前までは、要介護度の低い高齢者が利用する施設という認識が強かったサ高住も、今では介護度の高い方々も利用するようになっております。要は、そのような方々の受け入れ態勢が出来ているということです。

いずれにせよ、地域包括ケアシステムが推進されている中、サ高住が担う役割は大きく、今後も施設数の増大が見込まれております。

そして、その都度サ高住の求人も増えることになります。

今後、サービス付き高齢者向け住宅で働きたい、転職したいと考えている方は、是非とも参考にしてみてください!

サービス付き高齢者向け住宅で働きたい方、転職をお考えの方は、介護業界に特化した転職支援会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事