介護業界で採用を成功させるために必要な7つのこと

介護業界で採用を成功させるために必要な7つのこと

近年、介護業界において一番の問題点である人材不足。

この人材不足により各企業、各施設の採用活動は思うようにいかない傾向にあります。

まあ、需要と供給が一致しなければ、難しい状況になることは当たり前です。

そこで今回は、介護業界の人事さん向けに採用を成功させる7つのポイントをお伝えいたします。

是非、参考にしてください。

介護業界で採用を成功させるための7つのポイント

介護業界において上手に採用していくためには、妥協していては話になりません。

そもそも人材不足である介護業界では、働き手が選べる立場であることは間違いありません。

いつも通りの採用方法で、「またダメだったか」はナンセンス。

やり方を変えない限り、絶対に思うような採用活動は出来ません!

1.ホームページは見栄えと情報発信を心掛けよう!

採用する上でホームページを重視していない企業様が多いようですが、WEB応募される方であれば、ほとんどの確率でホームページを見るはずです。

そして、そのホームページが画像もないような簡素なホームページであれば、間違いなく採用確率は下がると言って良いでしょう。

更に、ホームページがない場合は、早急にホームページ作成を検討してください。

現在では、ホームページは企業の窓口であり、あって当たり前の社会です。

如何にホームページを見て「働きたい」、と感じてもらえるか!これこそが採用戦略の一つであることを強く認識してください。

採用ページであったり、働く人たちの写真や声、企業理念、働き方についてなど、詳しく、見栄え良く情報を発信していく必要があるのです。

2.失敗した募集方法に固執してはダメ!

例えば、前回、前々回と紙媒体とWEB媒体で同時募集したものの、採用できなかった、もしくは希望の採用人数に達しなかった、ということがあったとします。

前回、前々回ダメだったから、今回はいけるだろうという考え方は、全くナンセンスです。

次も失敗する可能性が高いです。

何度も失敗している採用方法は、テコ入れしても結構失敗します。

そういった場合は、思い切って採用手法をまるまる変えてみた方が良いでしょう。

2回連続求人サイトで失敗した場合は、人材紹介に切り替えるなり、大きな変更が必要です。

例えば人材紹介会社は費用が高いから利用したくない、という方々もいらっしゃいますが、失敗し続ける求人サイトより結局安価に収まるケースもあるため、一概に高いと決めつけない方が良いでしょう。

とにかく、費用対効果を意識して、大胆な採用手法の変更が時には必要です。

3.「離職してから募集する」では間に合わない

離職の最も多い業界のひとつが、介護業界です。

離職をしてから初めて募集を開始するようでは、話になりません。

毎回、離職⇒募集⇒離職⇒募集を繰り返す企業様がいらっしゃいますが、常に後手後手となり上手く採用活動が出来ていない状況が続いてしまいます。

離職を防ぐことも大事ですが、採用における事前準備はもっと大切です。

常に採用活動を行うべきだ、ということではありませんが、完全成功報酬型のサイトに掲載しておいたり、ホームページの採用情報を充実させ、indeedやcareerjetというクリック型の求人サイトに安価で掲載するなど、新たな対策することをお勧めいたします。

4.予算の見直しを図ろう

求人予算など、採用に掛かる費用は制限があることと思われますが、それが適正かどうかを今一度見直すことも重要です。

そもそもその金額で採用できるのか!?まず疑問に思ったほうが良いでしょう。

介護業界平均の採用単価はいくらのか!?毎年高騰している事実があるため、それに合わせて予算を見直さなければならないことは明白です。

出し惜しみして一人も採用出来ない、採用人数の計画から大幅に下回った、など本末転倒です。

5.採用は片手間では出来ない!専任を置いてノウハウを蓄積すべき

ITエンジニアと同様に、採用が難しい介護業界です。

施設長が片手間で行うレベルの仕事では、到底、採用成功が難しくなります。

出来るのであれば、人事と言う専任担当を設けるべきです。

そして、採用におけるノウハウを蓄積しなければ、毎回最初からスタートというレベルの採用活動になってしまいかねません。

もはや介護業界の採用は、高難易度であることを認識しなければなりません。

6.正社員、パートの採用は、違う考え方が必要

雇用形態によって、採用手法は変えなければなりません。

正社員は正社員採用の方法で、パートであればパート採用の方法で、といった具合にそれぞれに合った採用活動を行わなければなりません。

どの雇用形態でも同じような手法で採用活動を行っている企業様も多く、これはあまりにずさんであると言わざるを得ません。

7.求人詳細は常に変化させ、効果を検証しよう

求人サイトにしろ、求人雑誌にしろ、求人詳細ページを作成することになるのですが、常に変化させ、より良いものを作ることを心掛けてください。

そして、その効果を随時検証しなければなりません。

「今回の求人の作り方で結果が出たね」で終わってしまってはいけません。

必ず何が良かったか、を把握するべきですし、そこには必ず答えがあります。

これこそが採用ノウハウの一つですし、蓄積すべきことなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

当ブログ運営者も、これまで多くの企業様の採用をお手伝いしてきました。

率直にお伝えしますと、採用おいて結果が出る企業様は、基本的に採用における情熱がもの凄くあり、少しでも良くしたいという思いをお持ちです。

やはり、採用担当者の情熱がなければ、結果として結びつきにくいのが現状です。

そして、「小さな積み重ね」と「大胆な変化」を行っていくことで、必ず良いポイントが見つかり、採用活動は上向いていくはずです。

是非とも、上記内容を実践してみてください!

介護業界向けビジネス戦略カテゴリの最新記事