介護老人保健施設の施設解説(仕事内容や入居費用について)

介護老人保健施設の施設解説(仕事内容や入居費用について)

介護老人保健施設は、医療法人や社会福祉法人などの公的機関が運営する施設です。そのため費用は比較的安価です。また、重度の高齢者を受け入れている施設であることが特徴です。

今回は、介護老人保健施設について、入居者目線、働く側からの目線で詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

介護老人保健施設について

介護老人保健施設のサービス内容

介護老人保健施設は「老健」とも呼ばれ、主に医療ケアが必要であったり、リハビリを必要とする重度の要介護状態にある高齢者(65歳以上)を受け入れています。

食事介助、排出介助、身体介助など、介護スタッフによるケアを受けることが出来ますが、老健のサービスはあくまでも在宅復帰を目的てしているため、自宅に戻るためのケアサービスとお考えください。

終身制の特別養護老人ホームと大きく異なるところです。

また医療ケア・リハビリケアが充実しているのも特徴と言えます。

よって老健の場合、3か月ごとに退所もしくは入所の査定が行われることになるのです。退所可能と判断された場合、ご自宅等に戻らなければなりません。

介護老人保健施設の入居費用

介護老人保健施設は初期費用が必要ありません。施設の設備、また世帯収入、課税状況によって月額費用は変わってきます。月額費用は特別養護老人ホームよりは若干高めに設定されております。

介護老人保健施設の初期費用:0円

介護老人保健施設の月額費用:7万円~14万円程度

介護老人保健施設のメリット・デメリット

メリット

・初期費用が必要なし

・病院との関係が深く、医療ケアが充実している

・リハビリケアの充実

・月額費用も高くはない

・重度の介護度の高齢者を受け入れている

デメリット

・基本的に長期入所はできない

・数名で一部屋となるケースが多い

・レクリエーションなどは充実していない

介護老人保健施設での介護士の仕事について

特別養護老人ホーム同様、重介護度の高齢者も多いため、介護業務(食事、排泄、身体介助など)がメインの職場であると言えます。

それでも在宅復帰を目指すことが前提となりますので、前向きな介護業務という意識が他施設よりも強いかもしれません。

また、多くの老健は病院と併設していることが多く、医療・リハビリとの関わりも深いので、他職種(看護師、理学療法士・作業療法士など)とのコミュニケーションも多くなるでしょう。

多くの職種の方がいるということは、介護の考え方が異なることもあり、意見の相違なども考えられます。看護職、リハビリ職の方々とどううまくやり取りしていくかなど、人間関係の構築も大事な仕事の一部と言えるかもしれません。

老健で働く際には、特養などと比べて利用者の入れ替わりが多いため、少し戸惑うこともあるかもしれません。

まとめ

介護老人保健施設は在宅復帰も目指す施設ではあるものの、近年多少入居者の長期化が目立ってきているようです。特別養護老人ホームとの境が分かりづらくなっている現状もあります。

それでも特養のように入居まで数年待ちということはなく、3ヵ月~半年ほどで入居できるようです。

申し込みは直接施設の窓口で行い、提出書類は健康診断書、施設利用申込書、健康保険証、身体障害者手帳などになります。その後、施設との面談を行います。

最終的に施設・医師・行政が要介護度、介護の必要性の有無、介護の環境、待機している期間、資産・収入を総合的に判断し、入所を決定します。

介護老人保健施設への就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

介護施設の解説カテゴリの最新記事