介護職の利用者家族との関わり方について詳しく解説!

介護職の利用者家族との関わり方について詳しく解説!

介護業界で働く方々は、コミュニケーション能力が重要と言われております。

利用者とのコミュニケーションだけでなく、そのご家族とのコミュニケーションが重要であり、この対応に悩む方も少なくはないようです。

そこで今回は、介護職の利用者家族との関わり方について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護職の利用者家族との関わり方について

介護職の人との関わりは、多岐に渡ります。

上司、同僚、利用者、利用者の家族、これだけ見ても相当な人と日々、コミュニケーションを取らなければなりません。

聞き手に回る時もあれば、アウトプットしなければならない時もあり、働いている間のほとんど時間、誰かと話をしている状況が続くことになります。

よって、コミュニケーションを取ることが苦な方は、正直介護業界で活躍することは難しいかもしれません。コミュニケーション能力は必須の業界といって良いでしょう。

誰でも一度は悩む?介護業界でのコミュニケーション

介護業界ではコミュニケーション能力は必須とお伝えいたしましたが、ただコミュニケーション能力があれば良いという訳でもありません。

利用者の方々は、高齢者の方々がほとんです。そのため、コミュニケーションの在り方は考えなければなりません。

利用者の方々は、要介護度が違えど、何かしらの介助が必要な方々です。また、認知症を患っている方もいらっしゃるため、普通にコミュニケーションを取ることが正解とは限りません。

そういった意味では、コミュニケーションの上手な方でも、介護の現場におけるコミュニケーションで悩んだことは一度や二度ではないはずです。

利用者家族とのコミュニケーションは超重要!?

介護現場において利用者とコミュニケーションを取ることは当たり前ではありますが、その利用者家族とのコミュニケーションを取ることは非常に重要なことです。

介護現場において利用者の意思以上に、そのご家族の意思が反映されるケースが多々あります。利用者のご家族の要望に応えることも介護業界では必要なことですし、大切なことなのです。

よって、コミュニケーションにおいてもご家族との会話を欠かしてはなりません。この利用者家族との関わり方は、意識した上で仕事をするべきです。

家族とのコミュニケーションも介護業界における仕事と捉えた方がよいでしょう。

まず重要なことは「細かな連絡」です

トラブル回避にもなりますし、何よりも信頼関係を構築するうえで重要になるのです。利用者のちょっとした変化なども伝えることで、間違いなく安心することが出来るはずです。

もう一つは、利用者家族の真意を読み取ることです。言葉ではなかなか伝えることが出来ないこともあるはずです。利用者や利用者家族は、介護職員の方々を「介護のプロフェッショナル」と思っているため、介護においては任せっきりになることもあるはずです。

そんな中で、利用者家族が何を悩んでおり、どう考えているかを想定することが大事なことではないでしょうか!?

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は、介護職の利用者家族に対する関わり方について、詳しく解説いたしました。

コミュニケーション能力がモノを言う介護職ではありますが、利用者だけでなく利用者の家族とのコミュニケーションが重要であることが、ご理解頂けたのではないでしょうか!?

決して簡単なことではありませんし、経験やスキルが必要になってくることは間違いありません。

介護業界において活躍するためには、様々なコミュニケーション術が必要です。また、多くの方々と接する機会があるため、そういった経験一つ一つを意識して、大切にしていく必要がありますね。

介護業界で転職をお考えの方、転職するか悩んでいる方は、介護業界に特化した転職支援会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護業界情報カテゴリの最新記事