介護職の新たな資格「レクリエーション介護士」とは!

介護職の新たな資格「レクリエーション介護士」とは!

介護施設、特にデイサービスなどで毎日行われている高齢者向けのレクリエーション。

近年、このレクリエーションの重要性が増しており、様々なレクリエーションが誕生しています。

ただ、レクリエーションをする訳でなく、如何に高齢者を楽しませ、更には介護や介護予防につなげるか、これこそがレクリエーションの意義とも言えます。

そこで今回は、新たに誕生した「レクリエーション介護士」資格について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

レクリエーション介護士について徹底解説

レクリエーション介護士とは

これまで介護業界では、レクリエーションというものは、介護士の知識や経験によって行われてきました。

レクリエーションの内容は、それぞれの介護士に委ねられてきた経緯があり、これは介護業界における一つの課題でもありました。

そこで、レクリエーションを学べる機会、ノウハウの蓄積のために2014年9月に「一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会」が、新たに「レクリエーション介護士」という資格を新設しました。

レクリエーション介護士資格は、1級と2級が存在します。

それでは、それぞれ見ていきましょう。

レクリエーション介護士2級

受験資格はなく、誰でも資格を取得することが可能です。

協会指定の通学または通信講座を受講するか、介護事業者向けに実施される団体研修を受講して、検定に合格すれば資格を得られます。

通信講座の場合

ユーキャンが実施しており、3か月の通信学習と在宅試験で資格取得できます。

試験の合格ラインは、50問60点以上となります。

万が一、不合格になったとしても無料で再度試験を受けることが可能です。

通学講座の場合

通学講座を提供している所定の学校にて、6時間×2日で資格取得が可能です。

試験の合格ラインは、通信講座と同様で50問60点以上となります。

通信講座と違うのは、不合格となった場合、再試験は有料となることです。

ただ、合格率は非常に高いので、そこまで気にする必要はないでしょう。

レクリエーション介護士1級

同2級を取得している方で、介護現場にてレクリエーションの経験がある方、もしくはフォローアップ研修を30時間以上受けいている方が受験資格対象者となります。

レクリエーション介護士1級につきましては、2016年開講予定となっており、これから取得できる資格になります

こちらの資格を取得できれば、レクリエーションの指導、リーダーとして現場を指揮することができ、またレクリエーションそのもののブログラムを作成できる能力を有します。

正に、これから始まる新たな資格となりますので、期待せずにはいられませんね。

資格取得の費用

講座と試験を含めて、35,000円から40,000円前後が相場のようです。

通信講座のほうが多少安く取得することができそうですが、スピードを重視したい場合は通学講座がオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

これからの資格である「レクリエーション介護士」は、注目を集める新資格と言っても過言ではないでしょう。

介護業界、そして介護の現場において、利用者を楽しませることは、非常に大切なことです。

生きる喜びを感じられる瞬間を提供するレクリエーションと言っても大げさではないのです。

そして、この「レクリエーション介護士」は、レクリエーションを行う介護施設で重宝されることになると想定されます。

ただし、この資格だけを持っていても就職に有利ということにはならず、やはり介護現場での経験、介護職の基本資格を保有していることが大前提となるでしょう。

レクリエーション介護士の資格が、今後のどのような立ち位置になってくるか、注目していきましょう。

資格を活かして就職、転職をお考えの方は、国内最大級の介護業界に特化した人材紹介・人材派遣サービスを提供する「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護の資格についてカテゴリの最新記事