介護業界における理学療法士(PT)の仕事内容と職種解説

介護業界における理学療法士(PT)の仕事内容と職種解説

近年、介護業界ではリハビリ職の需要も年々高まっております。高齢者がこれまで通り普通の生活が送れるよう機能訓練を行ったりする重要な仕事です。

近年、介護施設でのお仕事は、理学療法士の方々にとって人気が高くなっている傾向があるようです。

今回は介護業界における理学療法士の仕事内容を詳しく解説してきます。是非、参考にしてください。

介護業界における理学療法士(PT)とは

理学療法士は別名PT(フィジカルセラピスト)と呼ばれます。国家資格になりますので、決して簡単に取れるものではありません。

理学療法士は、リハビリ職として、病院・介護施設・リハビリステーション・スポーツセンターなどで様々な場で活躍できます。

介護業界における理学療法士(PT)の仕事内容

介護施設での理学療法士(PT)の仕事内容は、病院での仕事とは多少異なります。当たり前のことですが、機能訓練指導をする相手は高齢者のみです。

そして、医師の指示のもと、高齢者に対していリハビリテーションを行い、運動能力の回復を援助することがお仕事内容となります。

下記、簡潔に仕事内容をまとめてみます。

運動療法

運動によって機能を回復させる手法です。関節の動きを滑らかにしたり、筋力アップを促します。また、歩行が難しくなった高齢者に歩行訓練し、機能訓練指導を行います。

物理療法

薬などを使用せず、赤外線や電気刺激、温熱・寒冷などによって、物理的な治療を行う手法です。

上記のようなお仕事内容が基本ではありますが、施設の種類によって多少異なります。また、介護業界の他の職種と違い、夜勤等はほとんどありません。

基本的にはこれまでの知識・経験を活かして、高齢者へのリハビリテーションを行っていくお仕事ではありますが、それに加えて高齢者と向き合うこと、会話・コミュニケーションも非常に大切な仕事の一部と捉えることが大事です。

理学療法士(PT)に必要な資格

・理学療法士免許


介護業界における理学療法士(PT)のやりがい、大変なところ

介護業界での理学療法士の役割は、高齢者に対してのリハビリ業務です。

高齢者が機能訓練により自分でまた歩けるようになったり、運動できるようになったりすることを間近で体験できるのは、喜びとやりがいを感じることが出来るでしょう。

一方で高齢者とのコミュニケーション、介護士や看護師とのやり取りも発生しますので、病院業務とはまた違った大変さを感じることもあるでしょう。

リハビリ職の方々が持つリハビリテーションに対する理想がある中で、思い通りにいかないこともあるでしょうし、時には自分の考えと異なるやり方も取り入れなければならないこともあるはずです。

そういった理想と現実のギャップを感じることもあるため、ストレスになることもあるのではないでしょうか!?

また、高齢者の方は若者とは違い出来ることが少なくなっていることもありますし、単純動作にも時間が掛かることもあります。

よって、介護施設ではより忍耐が必要なリハビリテーションとなることを理解しておいた方が良いでしょう!

介護業界における理学療法士(PT)の年収について

介護業界の中では、看護師に次ぐ高給取りです。施設の種類によって多少異なりますが、400万円~500万円ぐらいが平均ではないでしょうか!?

介護業界では、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、デイケアなどで就業することとなるかと思いますが、この施設タイプによってもお給料は変わってくることでしょう。

介護業界で理学療法士(PT)として活躍している方々のコメント

30歳/男性/介護業界2年目

元々は病院でリハビリ業務を行っておりました。比較的、20代~40代の方が対象でしたので、高齢者の方へのリハビリテーションを行うことはほとんどありませんでした。

介護業界に飛び込んだ理由は、介護予防を行うことで、高齢者の方の健康寿命を延ばす、この考え方に共感したのがきっかけです。

元気に歩き続けられる高齢者の方が増やすことが私の使命であり、理学療法士として仕事を行うことでそういった方が増えることは、本当に嬉しいことです。

現在、デイケアで働いておりますが、デイケアでの仕事は日々充実しております。非常に楽しく仕事をさせてもらっており、将来的には自分自身で介護施設を経営していきたいと思うようになりました。

介護の世界は、病院とは違いますが、理学療法士としての仕事の根本は変わりません。ただ、私にとって今やるべきことは、高齢者へのリハビリテーションであり、介護予防という考え方を更に広めていきたいと考えております。

27歳/女性/介護業界4年目

資格取得し、新卒から介護業界に身を置いております。就職活動では、医療業界と介護業界のどちらも面接を受け、内定も頂きましたが、最終的には介護業界で働くことを選びました。

介護業界を選択した理由には、祖父母の存在が大きく影響しております。あまり体を動かすことが出来なくなってきた祖父母を身近で見たとき、介護予防と高齢者へのリハビリテーションは、本当に大切なことなんだ、ということを感じたのです。

今は有料老人ホームで、比較的要介護度の低い方々へ「介護予防」と「リハビリテーション」を行っております。高齢者の方の前向きな姿勢とこれまで出来なかったとことが出来るようになった時の笑顔、更には感謝の気持ちをお伝え頂いたときは、本当に理学療法士冥利に尽きます。

仕事を初めて4年目となりますが、まだまだ学ぶことがたくさんあり、これからも高齢者の方々に携わっていきたいと考えております。

介護業界での理学療法士の仕事は、前向きな仕事だと強く感じております。

介護業界の理学療法士(PT)を目指す方へ

介護業界ではリハビリ職の需要は非常にあります。ただ、近年理学療法士や作業療法士などのリハビリ職の免許を持っている方も年々増えているようです。そのため、今後供給過多になる可能性が少し懸念されております。

ですので、介護業界で活躍したいという思いを持っている理学療法士の方は、今後面接のハードルが上がってくるかもしれませんので、しっかりと面接対策をすることが必要にあるかもしれません。

それでも需要の高い理学療法士は、介護業界でも重宝される職種であることは間違いありません。

※介護業界における他リハビリ職については下記を参考にしてください。
作業療法士
言語聴覚士
柔道整復師
あん摩マッサージ指圧師

リハビリ職(理学療法士)での就職・転職をお考えの方は、リハ職に強みを持つ人材会社の「メドフィット リハ求人.com」にご相談してみてはいかがでしょうか!?リハ職の案件多数あり、です!

職種解説カテゴリの最新記事