介護業界における作業療法士(OT)の仕事内容と職種解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


近年、介護業界では作業療法士のようなリハビリ職種の需要は年々高まっております。高齢者がこれまで通り普通の生活が送れるよう機能訓練を行ったりする重要な仕事です。

介護施設でのお仕事は、理学療法士同様、作業療法士の方々にとって人気が高まっているようです。

今回は介護業界における作業療法士の仕事内容を詳しく解説してきます。是非、参考にしてください。

介護業界における作業療法士(OT)とは

作業療法士は別名OT(オキュペイショナルセラピスト)と呼ばれます。

国家資格となり、理学療法士と区別がつきにくい職種と思われていますが、お仕事の特徴は異なります。

介護業界でのリハビリ職の定番と言えば、理学療法士と作業療法士であり、リハビリテーションをサービスに組み込んでいる介護施設では、必ず必要なポジションであることは間違いありません。

介護業界における作業療法士(OT)の仕事内容

介護施設での作業療法士(OT)の仕事内容は、理学療法士とともにリハビリ業務ではありますが、より細かい作業等を行うことで、高齢者の心身機能を回復する役目になります。

作業療法士の最大の特徴は、日常の動きを研究・分析し、それをリハビリという訓練に応用し、取り入れていくことです

些細な動きでも高齢者にとっては大変なことも多々あり、この作業療法士のリハビリは高齢者にとって日常生活をこれまで同様に出来るようにするための大事な役目を持つのです。

医師の指示のもと、利用者やその家族などと相談しながら、利用者へのリハビリプログラムを考え、最も適した作業を訓練します。

手芸や工芸による日常生活の基本的な作業・動作を行う作業療法を行います。理学療法のように運動療法や物理療法ではなく、より細かく心と体の機能回復を目指します。

作業療法士のリハビリテーションは、身体の機能だけでなく、心のリハビリでもある、ということが特徴の一つでしょう。

作業療法士(OT)に必要な資格

・作業療法士免許



介護業界における作業療法士(OT)のやりがい、大変なところ

介護業界での理学療法士の役割は、高齢者に対してのリハビリ業務です。高齢者が機能訓練により自分でまた歩けるようになったり、運動できるようになるのを体験できるのは、喜びとやりがいを感じることが出来るでしょう。

一方で高齢者とのコミュニケーション、介護士や看護師とのやり取りも発生しますので、病院業務とはまた違った大変さを感じることもあるでしょう。

介護業界における作業療法士(OT)の年収について

介護業界の中では、年収が高い方の職種に分類されます。施設の種類によって多少異なりますが、400万円~500万円ぐらいが平均と言えるでしょう!

介護業界では引く手あまたな職種であり、ニーズの高い職種のため、今後も給与の伸びは期待できそうですね!

介護業界で活躍する作業療法士(OT)のコメント

26歳/女性/介護業界1年目

作業療法士は、介護業界で非常に価値あるリハビリテーションを提供できると自負しております。

ご高齢者にとって、手先を動かすことはとても重要なことであり、様々な効果を生み出します。しかも、日常生活の延長線上の作業は、体の機能の回復だけでなく、心や脳の機能も著しく改善する場合があります。

私にとっては、介護業界でこそ作業療法士は活きる、と思っております。やりがいは非常に感じますし、ご高齢者の笑顔が私のパワーになります。

これからもリハビリテーションを提供することで、多くの方を笑顔にしたいと思います。

33歳/男性/介護業界4年目

前職では病院勤務でしたが、4年ほど前に介護業界へと転職いたしました。

人材紹介会社とお話をして、初めて介護業界で働くという選択肢を考え始めました。結果的には非常に良かったと思っております。

何よりも高齢者の方々へのリハビリテーションは、私自身の成長になりますし、やりがいを感じます。これまで考えもしなかったことを体験できますし、何よりも作業療法士としてのスキル・経験値が格段に上がったと感じております。

高齢者から学びは、仕事のスキルだけでなく、人間的なスキルを養えるのです。人生の大先輩と日々コミュニケーションが取れることは、これまでにない経験です。

42歳/男性/介護業界10年目

作業療法士の仕事内容は、介護業界は別物と考えたほうが良いでしょう。もちろん、根本は同じですが、高齢者の方々の体と心をこれまでにないぐらい考えなければなりません。

出来ないことが出来るようになる、認知症の進行を遅らせる、ことをリハビリテーションで可能になることは、作業療法士をやってて良かったと、心から思えます。

仕事であって仕事でない、そんな感覚は今までにありませんでした。コミュニケーション能力も間違いなく上がっていると思います。

介護業界での仕事は、私の様々なスキルを上げてくれました。

介護業界の作業療法士(OT)を目指す方へ

介護業界ではリハビリ職の需要は非常にあります。ただ、近年理学療法士や作業療法士などのリハビリ職の免許を持っている方も年々増えているようです。そのため、今後供給過多になる可能性が少し懸念されております。

ですので、介護業界で活躍したいという思いを持っている作業療法士の方は、今後面接のハードルが上がってくるかもしれませんので、しっかりと面接対策をすることが必要になるかもしれません。

それでも介護業界で需要のある職種ですので、これからも重宝されることは間違いないでしょう。

※介護業界における他リハビリ職については下記を参考にしてください。
理学療法士
言語聴覚士
柔道整復師
あん摩マッサージ指圧師

リハビリ職(作業療法士)での就職・転職をお考えの方は、リハ職に強みを持つ人材会社の「メドフィット リハ求人.com」にご相談してみてはいかがでしょうか!?リハ職の案件多数あり、です!




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*