認定介護福祉士について徹底解説!いつから!?なるには!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


認定介護福祉士という資格が、現在検討されていることを皆様はご存知でしょうか!?認定介護福祉士は介護福祉士の更に上の資格となりますが、まだ正式に資格として存在している訳ではありません。

今回は、この「認定介護福祉士」について詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

認定介護福祉士の詳しい解説

「認定介護福祉士」は、介護福祉士が今後目指すべき資格であり、介護福祉士資格者の中で差別化が図れる資格となります。

2025年問題に備えるために、介護のプロフェッショナルと捉えられる介護福祉士資格者を増やすとともに、更に上位の資格を設けることで、介護職のキャリアパスを整備する狙いがあるようです。

※2025年問題とは
団塊の世代が後期高齢者(75歳以上)と達することとなり、医療・介護の社会保険費の急増が予想されている問題

認定介護福祉士の役割とは

・介護現場におけるリーダークラスに対する指導・育成、介護職のマネジメント、介護業界、介護現場の介護の質を高め向上させる役割

・地域包括ケアシステムの活性化を行うため、他職種(医師・看護師・リハビリ職など)との連携、協業をスムーズにさせる役割

・地域レベルでの介護力を高める役割

上記のような役割こそが、認定介護福祉士の役割となります。地域レベルで、介護という取り組みが推進されている現在、介護職も重大な役割を担っていくこととなります。

そのような中で、認定介護福祉士の存在は、同職種・他職主にとっても頼もしい存在とならなければならないのです。

認定介護福祉士と介護福祉士の違いについて

介護福祉士は国家資格ですが、認定介護福祉士は民間資格です。

一見、介護福祉士のほうが国家資格だから、と思ってしまうかもしれませんが、認定介護福祉士は介護福祉士の資格がなければ取得することができません。

これはケアマネ資格である「介護福祉支援専門員」と同じようなイメージですね。

あくまでも介護福祉士資格があっての「認定介護福祉士」ですので、立ち位置はもちろん「認定介護福祉士」が上となります。

認定介護福祉士になるためには!?取得はいつから!?

基本的には、介護福祉士資格を取得してから5年以上の実務経験が必要になるようです。そして、「認定介護福祉士養成研修」を受けることが必要になってきます。

2016年ごろから認定が始まる形となるようです。これにより介護職の立ち位置は少なからず変わってくるかもしれません。

認定介護福祉士資格を取得するメリット

これからの資格ですので、現状では明確な取得メリットを言い表すことは難しいです。

ただ、間違いなく今後の求人募集要件に、必須資格「認定介護福祉」という記載が出てくることもあるはずです。

認定介護福祉士を持っていなければ就くことができない職種も出てくるはずです。

介護職として最高級のキャリアを形成したいと思っている方にとっては、取得して損はないはずです。2016年以降、この資格は重宝されることになるでしょう!

まとめ

介護福祉士を超える資格が、この「認定介護福祉士」なのです。2016年頃から、有資格者が誕生すると想定されております。

介護福祉士が目指すべき資格が新たにあるということは、介護業界で働く方々のモチベーションにも繋がるかもしれません。

介護業界全体の地位の底上げ、また介護の質をより高めていくためには、この資格は必要になってくるはずです。そして、介護業界全体の仕事に対する意識がより高まっていくことになればよいですね。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*