介護の人気資格ランキングトップ10!取るべき資格はどれ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界は資格の世界であり、資格取得をしなければキャリアアップが難しい業界でもあります。資格を持っていることにより、転職などでも有利になることは間違いありません。

資格の難易度は様々で、国家資格もあれば民間資格もあり、その種類は非常に多くあります。

そこで今回は、介護資格で人気の資格をランキング形式で発表していきます。

是非、参考にしてください。

介護の人気資格ランキングトップ10

第1位 介護福祉士

介護職の方の多くが目指す資格であり、介護職の最高峰の資格です。

国家資格であり、「介護福祉士」を取得すれば、介護職のプロフェッショナルと認定されると言っても過言ではありません。

この資格を取得するには、3年以上の実務経験と介護職員実務者研修の資格が必須となります。

「介護福祉士」資格取得のメリット

多くの介護事業者は、資格手当というものを用意しているため、確実にお給料が上がります。

更に、この資格を持っておけば転職に断然有利ですし、介護業界でキャリアアップするためにも必要不可欠です。

介護福祉士の詳しい解説はこちら

第2位 介護職員初任者研修

全ての介護職の方は、まずこの資格取得からスタートします。最短1か月で取得可能であり、難易度の低い資格となります。

合格率100%の資格ですので、介護職を志す方にとっては取るべき資格であると言って良いでしょう。

「介護職員初任者研修」資格取得のメリット

介護職未経験の方が、「介護業界で働きたい」、と考えた時に無資格・未経験だと、就職や転職が難しくなります。

そこで、未経験だけど介護職員初任者研修は持っている、となるとハードルは一気に下がり、未経験でも介護業界で働くことが出来る可能性が高まります。

介護職員初任者研修の詳しい解説はこちら

第3位 介護職員実務者研修

2016年からは、介護福祉士の資格を取るために必ず保有しておかなければならない資格となります。

「介護職員実務者研修」がこれまで以上に重要な資格となることは、間違いないでしょう。

「介護職員実務者研修」資格取得のメリット

介護福祉士取得が出来るようになります。

また、訪問介護事業所において、介護職員実務者研修を保有している方が「サービス提供責任者」になると、介護報酬10%の減額を免れるため、資格取得者は非常に重宝されることになるでしょう。

介護職員実務者研修の詳しい解説はこちら

第4位 介護支援専門員

ケアマネージャーになるためには、必ず必要な資格です。介護業界の資格の中でも最も難易度の高い資格であり、その合格率は20%程度です。

この資格を最終的に目指す介護職の方も多くいらっしゃいます。

「介護支援専門員」資格取得のメリット

ケアマネージャー職への道が開けます。また、グループホームなどでは「計画作成担当者」として働くことも可能です。

介護支援専門員の詳しい解説はこちら

計画作成担当者の詳しい解説はこちら

第5位 福祉用具専門相談員

福祉用具貸与事業所には、必ずこの資格取得者を配置する必要があります。

最短5日程度で資格取得が出来るため、比較的難易度の低い資格です。

「福祉用具専門相談員」資格取得のメリット

福祉用具貸与事業所で働くには、ほぼ必須と言って良い「福祉用具専門相談員」資格ですので、保有しているだけで転職は間違いなく楽になるでしょう。

超高齢化社会となっている現在、福祉用具のニーズは高まるばかりです。そのため、今後も福祉用具貸与事業所は増え続けるはずです。そして、福祉用具専門相談員のニースも同様に高まっていくことでしょう。

福祉用具専門相談員の詳しい解説はこちら

第6位 介護事務・ケアクラーク

介護業界にて事務よりの仕事が出来る資格です。介護保険請求の手続きを行うことができるこの資格は、最短3日で取得できる介護業界の中でも取得難易度が最も低い資格の一つです。

介護事務のお仕事は、資格がなくてもその職種に就くことは出来ますが、やはり資格取得者のほうが間違いなく重宝されます。

「介護事務」資格取得のメリット

この資格があれば、介護事務のお仕事に就きやすくなること間違いありません。転職する際に、この資格があるとないとでは大違いとなります。

介護事務の詳しい解説はこちら

第7位 社会福祉士

生活相談員やソーシャルワーカーになるために必要な資格です。

資格取得の難易度は、介護業界の中でも最も高い部類の資格となります。近年、この資格取得者は、介護業界だけではなく、医療・行政等で働くケースが増えているようです。

「社会福祉士」資格取得のメリット

生活相談員やソーシャルワーカーの職種に就くためには、基本この「社会福祉士」もしくは「社会福祉主事任用」が必要になります。

相談業務を行いたいと考えている方にとっては、この資格取得は大きなアドバンテージとなります。

社会福祉士の詳しい解説はこちら

第8位 認知症ケア専門士

認知症ケアに関わる資格の中でも認知度の高い資格と言って良いでしょう。

認知症ケアは、グループホームや特別養護老人ホームなどで行うことが多く、今後も認知症の方が更に増えていくを考えると、この資格は更に人気が高まっていくことでしょう。

 「認知症ケア専門士」資格取得のメリット

グループホームや特別養護老人ホームでの就職・転職の際、この資格を保有していることでアドバンテージとなることは間違いありません。

認知症ケアは介護業界において、重要視されていることもあり、資格取得者は間違いなく重宝されることになるでしょう。

認知症ケア専門士の詳しい解説はこちら

第9位 タクティールケア

聞き慣れない資格かもしれませんが、こちらも認知症ケアの資格です。

近年、タクティールケアは認知症の進行を遅らせることに効果があると言われており、介護施設でも取り入られ始めているケアなのです。

「タクティールケア」資格取得のメリット

タクティールケアの資格取得者は、まだまだ世の中に少なく、保有しているだけでメリットがあることは間違いありません。

特に、認知症ケアに力を入れいてる介護施設などに転職する際は、非常に重宝される資格と言って良いでしょう。

タクティールケアの詳しい解説はこちら

第10位 レクリエーション介護士

近年、高齢者向けのレクリエーションは、非常に重要な介護サービスの一つになってきております。

レクリエーションを笑顔で楽しんで貰えることで、高齢者の身体、脳の機能を回復・維持できる可能性があると言われております。

最近ではありますが、そんなレクリエーションにも資格が誕生したのです。

レクリエーション介護士の詳しい解説はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は、介護業界における人気の資格をランキング形式でお伝えさせて頂きました。

上記以外にも介護の資格はまだまだありますが、お伝えした10の資格は介護業界の中でも重要な資格であり、多くの方が保有している、あるいは目標にしている資格です。

介護業界にて更なる活躍をするために、またキャリアアップしていくために、資格取得は大切な要素です。

皆様が目標とすべき資格を取得し、介護業界にて活躍されることを願っております!

介護業界で転職を考えている方、転職をお悩みの方は、介護業界に特化した転職支援会社で全国対応の「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*