新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)とは!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


2015年1月に厚生労働省が認知症対策として、「新オレンジプラン(知症施策推進総合戦略)」を発表いたしました。

認知症における問題は、超高齢化社会へと進む我が国において深刻であり、対策が必須であることは間違いありません。

今回は、「新オレンジプラン」について詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

新オレンジプランについて

認知症への理解は、まだまだ乏しいものがあります。認知症への誤解も多く、正しく理解される必要があることは間違いありません。

また、認知症の方、そしてその家族の悩みや不安を解消し、サポートをしていく必要があるのです。

認知症への対策をしっかりとしていき、認知症に関わる全ての方に希望を与えていくものが「新オレンジプラン」なのです。

新オレンジプランは7つの柱で構成されております。

それでは、詳しく解説していきます。

1. 認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進

簡単に言うと、認知症のことをよく考え、知識を付けましょう!ということです。

認知症に関わる方だけでなく、認知症を遠目から見ている方々にも認知症への理解を深めてもらうことが大切なのです。

そういった意味で、認知症をより多くの人たちに普及していく必要があります。

2.認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提

初めての介護、看護の仕事に就く人たち向けの基礎研修などを行い、より認知症の専門的ケアができるような状況を作っていくことを進めていっております。

3.若年性認知症施策の強化

近年、認知症は高齢者だけがなるものではなく、若年層の方もなる可能性があります。

若くして認知症になった方々が、相談できる環境の整備が必要です。

4.認知症の人の介護者への支援

認知症患者だけでなく、認知症の方をサポートする方々へのケアも重要なことです。

ここでは、認知症カフェの具体的な増加数を目標に掲げております。

5.認知症の人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進

少子高齢化、超高齢化社会と言われている現在、認知症の方はもちろんこと、それ以外の高齢者も含めて、高齢者が暮らしやすい社会づくりが重要です。

高齢者が利用しやすい商品、サービスを開発、提供していきましょう、ということを推し進めていきます。

6.認知症の予防法、診断法、治療法、リハビリテーションモデル、介護モデル等の研究開発及びその成果の普及の推進

認知症の予防研究や治療法、治療薬の開発を進めていきましょう、という内容です。いつか認知症の人数が減り、完治する人が出てくるかもしれませんね!

7.認知症の人やその家族の視点の重視

認知症の方、そしてその家族が、どんなサポートを必要としているかを理解し、必要なサポートが出来るような社会づくりが必要です。

認知症で悩み、苦労が絶えない世の中にならないよう、対策を強化していく必要があるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

認知症対策として生まれた「新オレンジプラン」!

認知症という社会的問題において、このプランをしっかりと機能させ、理想で終わらせてはいけません。

認知症の方、そしてその家族が生き生きと暮らせる社会を作っていくには、一人ひとりの意識を変えていく必要があるかもしれませんね。

いずれにせよ、「新オレンジプラン」がしっかりと世の中に浸透し、認知症対策が進められることを切に願います!




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*