介護業界の面接時の服装について!私服でも大丈夫!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


スーツ

介護職の方々は、面接の際、服装はどうされていらっしゃいますか!?

私服、カジュアル、スーツ、どれにすれば良いのか!?面接時に悩んでいらっしゃる介護職の方もいることでしょう。

そこで今回は、介護業界の面接時における服装について、徹底的に解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護業界の面接時の服装について

介護業界における面接は、サービス業と同じように捉えている方もいらっしゃることと思います。

よって、服装はあまり気にしないのではないか、と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか!?

しかしながら、実際はそうであって、そうではありません。

正直、面接時の服装について、明確な答えはないということです。

ベストはスーツ

面接前に応募企業から服装は自由でも構いません、と言われることもあるかもしれません。

もちろん、服装について言及しない企業も多いでしょう。

やはり、ベストは「スーツ」を着て、面接に臨むべきです。男性も女性もスーツであれば間違いありません。

よほどヨレヨレでシワが入っているスーツでなければ、面接担当者が不快に思うことは絶対にないでしょう。

むしろ、スーツであれば印象はよく映るはずです。「しっかりとしている」、「誠実そうだ」という印象を与えることも出来るでしょう。

よって、介護業界において一番良い服装は、「スーツ」となります。

例外もある…!?

先ほど、スーツと結論づけましたが、例外もなきにしもあらずです。

「自由な服装でお越しください」の場合は、スーツが無難ですが、「動きやすい服装でお越しください」と伝えられた場合、スーツはおかしいでしょう。

また、企業によっては「私服でお越しください」という企業もあるようです。この場合も確実に限定していますので、スーツではない方が良いでしょう。

このように例外のケースもありますので、多少柔軟に対応するようにしてみてください。

スーツの前に清潔感が最重要

上記で、ベストな服装は「スーツ」とお伝えいたしましたが、それよりも重要なことは、清潔感です。男性も女性も同様です。

髪型、髪の色、服、化粧、髭、靴など、全てに気を使うべきです。第一印象は、見た目と顔つきで判断されることがほとんどのため、清潔感を心掛けることは非常に大事なことなのです。

これは、スーツであってもカジュアルな服装であっても、私服でも同様です。面接の場では、とにかく清潔感を保つこと、これが最初にやるべきことと言って良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょか!?

これまで「面接の服装どうしようか」、と悩んでいらっしゃった方、これから面接は受けられる方は、是非とも参考いしていただきたいと思います。

特に第一志望の会社、ここで働きたいと思える会社の面接の際は、必ず服装に気を付けるようにしてください。

服装の印象が悪く、貰える内定が貰えなくなる場合もゼロではありません。面接においての不安要素は、出来る限りご自身で排除するようにしてください。

介護業界での面接の際は、基本「スーツ」ということを忘れないでください。

介護業界で転職を考えている方、転職しようか悩んでいる方は、介護業界に特化した転職支援会社で全国対応の「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*