居宅介護支援事業者とその仕事場・仕事内容について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界において居宅介護支援事業者の役割は、施設等のサービスとは異なります。

介護を必要とする高齢者が適切な介護サービスを利用できるよう、本人、その家族の要望を伺いながら、ケアプランの作成や見直しを行っていくことが、居宅介護支援事業者の主なサービスとなります。

今回は「居宅介護支援事業者」について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護業界における居宅介護支援事業者の役割とは

居宅介護支援事業者の仕事領域

居宅介護支援事業者は都道府県の指定を受けています。居宅介護支援事業者の役割としては、利用者に対してケアプランを作成するだけではありません。

介護支援専門の資格を持つケアマネージャーが、利用者やその家族とサービス事業者の橋渡し役となり、連絡・調整や介護に関する様々な相談に応じます。

また、サービスの評価、クレーム処理なども対応することとなります。

居宅サービス事業者について

居宅介護支援事業者とよく間違われるものとして、「居宅サービス事業者」があります。

居宅サービス事業者は、訪問介護や通所介護(デイサービス)のことを指します。訪問介護やデイサービスは在宅介護に分類されております。

実際に介護の実務を担当するのが、居宅サービス事業者と理解ください。

居宅介護支援の利用料(費用)について

居宅介護支援は他の介護サービスとは異なり、介護保険から全額給付されるため、基本的には無料で利用可能です。

しかしながら現在、2018年度の介護保険改定において、この居宅介護支援のケアプラン作成に料金が発生させるかどうか、の議論がなされております。

介護保険サービスを利用するためには必ずケアプランを作成する必要があるため、ケアプラン有料化には様々な障壁があることは間違いないでしょう。

居宅介護支援事業所で活躍できる職種

居宅介護支援事業所では、ケアマネージャーとして活躍する方が多数いらっしゃいます。

居宅介護支援事業所のサービス解説

居宅介護支援事業所のサービス内容の解説

居宅介護支援事業所は利用者だけではなく、上記図の通り、様々施設等との関わり合いがあります。

病院、介護保険サービス施設、市区町村など介護利用者を取り巻く多くの施設とやり取りしなければならないのです。

居宅介護支援事業所の職場について

居宅介護支援事業所のケアマネポジションは、多少なりとも介護の現場に入る可能性もある施設ケアマネとは違い、ケアマネージャーとして専任として働くことができるでしょう!

実際にその場で介護実務をすることなどはなく、介護サービスを利用したい高齢者、もしくはその家族との相談業務を中心に行う形になります。

そのため、ケアマネのスキルを高めたい、と思っている方は居宅介護支援事業所で働きたいという方が多いようです。

ケアマネとして働きたいと思っていらっしゃる方は、施設ケアマネと居宅ケアマネの仕事が大きく異なることを理解する必要があるでしょう。

居宅ケアマネと施設ケアマネの違いの解説はこちら

ケアマネで転職する際、多数の募集枠がある訳ではないため、多くの希望者の中から内定を勝ち取らなければならないこともあるため、資格取得したとしても転職に苦労することもあるようです。

居宅介護支援事業所で働くケアマネージャーの声

40歳/男性/居宅支援事業所経験3年目

もともと施設ケアマネとして就業しておりましたが、どうしても居宅ケアマネのお仕事がしたくて、転職のチャンスを掴み転職いたしました。

施設ケアマネは、要介護者の方一人一人に対して、時間を掛けることが可能です。そして、お一人おひとりに最適なケアプランを作成することが出来るため、非常にやりがいを感じることが出来ます。

もちろん、35名程度の要介護者を受け持つことになりますので、忙しいことは間違いありません。しかしながら、要介護者の方々のお力に慣れていると思うと、これほど嬉しいことはありません。

施設ケアマネのケアプラン作成とは大きく異なり、一つのケアプランを作成するのにかなりの時間を要しますが、ケアマネージャーとして更なる成長が出来たと思っております。

48歳/女性/居宅支援事業所経験12年目

居宅支援事業所で働いてもう10年以上になります。これまで、要介護者の方々に対してたくさんのケアプランを作成してきました。

要介護者の自宅まで訪問し、要介護者とそのご家族とお話しすることで、要介護者に合ったケアプランを作成することを心掛け、多くの方々に感謝のお言葉を頂いてきました。

これこそが、仕事の最大のやりがいです。単純にケアプランを作成してはダメですし、マニュアル通りでもいけません。やはり、コミュニケーション取り、要介護者の意思をお聞きして、はじめて分かることがあるのです。そういったものもケアプランへと落とし込まなければ、決して良いケアプランは出来ないのです。

結局のところは、ケアマネと要介護者との信頼関係を構築することが、ケアプランを作成する上では最も大事なことではないでしょうか!?

今もこれからも、要介護者お一人おひとりに、最適なケアプランを提供してい参りたいと考えております。

まとめ

高齢者、その家族が介護を希望している場合、居宅介護支援事業所から介護サービスが始まります。

介護を受けたい方々は居宅介護支援を通して様々な希望・要望を伝え、ケアマネジャーと二人三脚で介護をスタートさせるのです。

よって、居宅介護支援事業所は介護業界にとって全ての窓口的な役割を果たしているため、非常に重要な介護サービスなのです。

居宅支援事業所に転職したいとお考えの方、介護業界で転職をするか悩んでいる方は、国内最大級の介護業界に特化した人材紹介・人材派遣サービスを提供する「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*