居宅ケアマネと施設ケアマネの違いを詳しく解説!

居宅ケアマネと施設ケアマネの違いを詳しく解説!

ケアマネージャーとして働く際、居宅ケアマネを選択するか、施設ケアマネを選択するかで悩まれる方も少なくないようです。

同じケアマネ職でありながら、居宅ケアマネと施設ケアマネのお仕事内容や求められるスキルは、少ながらず異なります。

そこで今回は、居宅ケアマネと施設ケアマネについて詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

居宅ケアマネと施設ケアマネの違いについて

居宅ケアマネは居宅介護支援事業所での勤務であり、施設ケアマネはデイサービスや有料老人ホームでの勤務となります。

それでは、両者の違いを見ていきましょう。

仕事内容の違いについて

居宅ケアマネの仕事内容

居宅ケアマネは、多くの場合、要介護者の一番最初の窓口となります。

基本は、介護サービスを利用したい方々のケアプラン作成が主な仕事の一つです。

そして、最大で35名前後の利用者を受け持つことが出来ます。

高齢者方々との面談、どうのようなケアを行っていくかのケアプラン作成を行います。面談は、ご自宅まで訪問するケースが通常です。

ケアプラン作成には膨大な時間を要することとなり、これも施設ケアマネと違うところです。

居宅ケアマネは、要介護者一人ひとりに対して、知識と手間を掛ける手厚い対応を求められます

もちろん、ケアプラン作成だけがお仕事ではありません。このケアプラン作成以外のお仕事が、施設ケアマネとは大きく異なります。

施設ケアマネは介護実務を行うことがありますが、居宅ケアマネは介護実務は一切ないといって良いでしょう。

ケアプラン作成外の仕事内容は、下記の通りです。

・サービス提供を依頼している各事業所から集まるモニタリング(利用状況報告)を集計し、利用料を決定し給付管理を行う

・サービス事業者の責任者もしくは責任者レベルの方々とカンファレンス(話合い、情報交換)を行う

・病院へ入院されている方や施設に入所されている方との面談

以上が居宅ケアマネのお仕事内容となります。

施設ケアマネの仕事内容

施設ケアマネの主な仕事内容は、施設利用者のケアプラン作成です。

最大で100件まで受け持つことが可能となっており、居宅ケアマネよりも対応件数が多いため、一人ひとりの割ける時間が限られる現状があります。

また、ケアプラン作成といっても、施設内でどのようにケアを行っていくかという計画を利用者家族や介護職員と一緒に考えていくという感じです。

また、ケアプラン作成外のお仕事ですが、介護実務を行うことも珍しくないようです。ケアマネが夜勤に入る施設もあります。

その他にも生活相談員の仕事を兼務するなど、施設ケアマネは、何かしらの業務と兼任となることが多々あるようです。

施設ケアマネは、居宅ケアマネよりもマルチな仕事をこなしていく必要があり、介護現場に近いため、様々な対応力が養われていくことでしょう

ハードな職場は居宅ケアマネ!?施設ケアマネ!?

どちらのケアマネ職がハードかは、人それぞれ受け取り方が違うようです

居宅ケアマネは介護の実務に携わることがないため、肉体的には施設ケアマネよりは楽な印象です。

しかしながら、居宅ケアマネは高齢者宅に訪問し、ケアプランの入念な打ち合わせ、作成という大変な作業があります。

高齢者宅への訪問は、しっかりとした礼儀作法、接客が求められる場合もありますので、気苦労も多々あるのです。

このように居宅ケアマネも施設ケアマネの業務には、合う合わないがあり、どちらが大変な仕事かは、働いている人次第と言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

上記内容から、居宅ケアマネ、施設ケアマネの違いが明確になったのではないでしょうか!?

同じケアマネージャーの仕事とは言え、仕事内容がかなり異なるような印象ですね。

役割も違いますし、成長の仕方、得られるスキル・経験値も異なります。

となると、ある程度将来の展望を踏まえて、どちらのケアマネを選ぶ必要性があるでしょう。

ただ、介護支援専門員を取得したからと言って、ケアマネ未経験であれば転職も簡単でありません。

その場合は、まずケアマネとして働くことを優先し、求人ありきで転職活動をするほうが良いかもしれませんね。

居宅ケアマネもしくは施設ケアマネとして転職したいとお考えの方は、国内最大級の介護業界に特化した人材紹介・人材派遣サービスを提供する「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護業界情報カテゴリの最新記事