子育てしながら働けるオススメ大手介護事業会社10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


様々な業界の中で介護業界は、女性が多く活躍している業界であることは間違いありません。

子育てしながら介護業界で頑張る女性も多数いらっしゃるのですが、ここで重要なことは産休・育休制度になります。

そこで今回は、子育てしながら働くことが出来るオススメの大手介護企業をお伝えさせて頂きます。

是非、参考にしてください。

子育てしながら働ける大手介護事業会社10選

1.SOMPOケアメッセージ

子育て支援に積極的な会社と認定される「くるみんマーク」が付与されている企業です。

大手介護サービス企業であった「メッセージ」がSOMPOグループの傘下となり、更に子育て支援を強化しており、非常に手厚い制度となっております。

妊娠期間から支援が始まり、まずはプレママサポートという母親になるまえの準備期間をサポートします。内容としては、プレママ休暇5日間の付与、業務内容変更・制限、代替要員の確保まで行われます。

その後は、産前産後休暇、育児休業、復職者サポート(時短勤務、時間外労働・夜勤の制限、曜日指定)、育児に掛かる費用補助(保育手当など)、育児休暇中のサポート(情報提供、資格取得支援)、子の看護のための休暇、再雇用制度など、非常に手厚い子育て支援が用意されております。

働く側から見たSOMPOケアメッセージの口コミ・評判

2.ツクイ

ツクイは、東証一部上場企業の中で唯一のサービス業で「なでしこ銘柄」に選定されている企業です。

ツクイの特徴として、女性の役員が30%、女性の管理職が40%と、女性の方々がかなり活躍していることでしょう。これは女性が働き易い環境、子育てしながらでも働くことが出来る環境をを整えているという事実があるからでしょう。

産前産後休暇、育児休暇、育児短時間勤務制度、復職の際のジョブリターン支援制度など、子育て支援をしっかりと行っている企業です。

何よりも「なでしこ銘柄」に選定されていることこそが、子育てしながら働くことが出来る企業の証でしょう。

※なでしこ銘柄とは
経済産業省と東京証券取引所が共同で、女性活躍推進に優れた企業を選定する事業です。その選定基準としては、「女性のキャリア促進」「仕事と家庭の両立サポート」などになります。

働く側から見たツクイの口コミ・評判

3.ニチイ学館

ニチイ学館も「くるみんマーク」が付与されている企業です。

子育て支援の内容といたしましては、母子健康管理規定(通勤緩和や休憩など)、産前産後休暇、育児休暇、時間外労働免除、夜勤の免除、家族愛休暇(子供の看護など)などが設けられております。

介護業界最大手として、女性が活躍できる労働環境を整えている企業と言えるでしょう。

働く側から見たニチイ学館の口コミ・評判

4.ベネッセスタイルケア

ニチイ学館同様、親会社であるベネッセが「くるみんマーク」を付与されており、ベネッセスタイルケアも子育て支援に積極的な介護会社と言って良いでしょう。

産前産後休暇、育児休暇、育児期間延長、育児時間短縮勤務制度、保育手当など、しっかりと子育てしながら働くことが出来る環境が整っております。

育休の取得率も非常に高い企業です。

働く側から見たベネッセスタイルケアの口コミ・評判

5.セコム医療システム

セコム医療システムも「くるみんマーク」を付与されている企業です。

子育てサポートを積極的に行っているセコム医療システムは、「出産前休暇」「産前産後休暇」「就業時間の免除」「勤務時間変更」などの制度を構築しており、妊娠してから子育てが落ち着くまでの長期間、従業員をサポートし続けております。

働く側から見たセコム医療システムの口コミ・評判

6.SOMPOケアネクスト

ワタミの介護からSOMPOケアネクストと社名を一新し、SOMPOグループで新たなスタートを切った企業です。

やはり、SOMPOケアメッセージ同様、子育て支援には力を入れています。

妊娠中の「つわり休暇」「勤務時間の短縮」「夜勤の免除」、その後の「産前産後休暇」「育児休暇」「定期的な連絡」「復帰支援(復帰場所や勤務形態を考慮)」、更には復帰後の「短時間社員への移行」「子の看護休暇」「時間外・夜勤の免除」などの幅広く手厚い子育て支援制度があります。

働く側から見たSOMPOケアネクストの口コミ・評判

7.日本ケアサプライ

日本ケアサプライも「くるみんマーク」を付与されている企業の一つとなります。

福祉用具レンタル・販売のリーディングカンパニーとして、ワークライフバランスを重視した働き方が出来るよう企業努力を続けております。

子育て支援におきましては、「産前産後休暇」「育児休暇」「短時間勤務の対象年齢拡大」「短時間勤務の短縮時間の拡大」「半日単位で取得できる年間最大5日まで看護休暇」など、復帰後の支援が手厚い企業と言えるでしょう。

更に同社は、女性活躍支援を掲げており、女性が活躍できる労働環境を作ることを心掛けております。

働く側から見た日本ケアサプライの評判・口コミはこちら

8.セントケア・ホールディング

女性の管理職が多く、産休・育休が取りやすい環境を作っている企業です。

仕事復帰もしやすいように、会社・施設単位で様々な制度があるようです。

働く側から見たセントケア・ホールディングの評判・口コミはこちら

9.ケア21

女性が働き易い職場づくりを心掛けており、多くの女性が育休・産休を取得し、子育てをしながら職場復帰を果たしている企業です。

定年制を排除したり、と業界に新たな風を吹き込む同社は、これからも更に子育てがしやすい環境を用意し、女性が活躍できる会社へとなることでしょう。

働く側から見たケア21の評判・口コミはこちら

10.ウイズネット

大手警備会社であるアルソックの傘下になったウィズネットは、子育て支援に力を入れている企業の一つです。

妊娠中から職場復帰まで、出来る限りのサポートを行っている企業と言えるでしょう。

ウィズネットの会社評判・口コミはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は、介護業界の子育てしやすい企業をご紹介いたしました。

女性が活躍できる職場、そして仕事と家庭が両立できる職場で働くことは、多くの方々にとって必要なことであることは間違いありません。

そして、そういった企業で働くことが、長く勤めることに繋がり、最終的にキャリアアップが出来るはずです。

介護業界は女性の管理職が多い業界であり、社会的貢献度の高い業界にこれからもなっていくことでしょう。

介護業界で転職を考えている方、転職するかお悩みの方は、介護業界に特化した転職支援会社で全国対応の「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*