計画作成担当者の仕事内容と職種解説

計画作成担当者の仕事内容と職種解説

計画作成担当者という職種は、基本的にはグループホームでの役割が多い職種です。ケアマネとの違いがなかなか分かりづらいかもしれませんが、仕事内容は近しいですが、立ち位置的には明確な違いがあります。

今回は計画作成担当者の仕事内容、職種ついて詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

計画作成担当者とは

計画作成担当者は、ケアマネと違い共同生活住居ごとに配置しなければならないとされており、グループホームなどでその活躍の場があります。

知っている人は知ってますが、業界で働いている人でもこの職種について、上手に説明できないぐらい意外に知られていない職種と言えます。

計画作成担当者の仕事内容

施設利用者・その家族の要望などを考慮し、ケアプランを立て、モニタリングしていく仕事です。その中で計画作成担当者は、現場に入りながらモニタリングしていくことになります。

【仕事内容の詳細】
①施設利用者のケアプランを考え、作成
②「利用者・その家族」と「施設側」との調整を行う
③提供するケアサービスの観察、調整を行う(場合によっては現場に入る)
④利用者の家族、並びにかかりつけ病院や医師との連携・情報共有を行い、利用者本人の状態を定期的に把握する

一見、ケアマネージャーと同じような仕事にも見えますが、施設内のケアマネという捉え方が良いかもしれません。また、より利用者との密接な関係性を構築していく必要が、計画作成担当者にはあります。

ケアマネの職種解説はこちら

基本、1ユニット1名の計画作成担当者を配置することとなっています。2ユニットの場合は、2名の計画作成担当者が配置されますが、1名がケアマネジャー有資格者でなければならない、という決まりがあります。

非常にややこしい職種と感じるかもしれませんが、計画作成担当者という職種はこのような職種なのです。

計画作成担当者に必要な資格

・介護支援専門員
※条件を満たせば必ずしも必要ではない

・認知症介護実践者研修
※グループホームの場合、上記研修は必ず受講修了しておく必要があります。

認知症介護実践者研修の詳しい解説はこちら

計画作成担当者のやりがい、大変なところ

自分自身で作成したケアプランが採用され、それが成果に結びついた時の喜びはひとしおでしょう。

また、ケアスタッフとのやり取り、自身でも現場に入って介護業務を行うこともあり、川下から川上までの介護全般に携わることも魅力でしょう。

しかしながら、責任のある仕事なので時には緊急で呼び出されてたりすることもあったり、利用者・その家族からのクレームなども発生することがあり、その対応をしなければなりません。

責任ある立場になれば、それ相応に大変であることは言うまでもありません。

計画作成担当者の年収について

ケアマネの年収をイメージしては、少しギャップがあるかもしれません。事業所によって年収の幅がありますが、年収でいうと350万円~450万円ぐらいの間が基本でしょう。

計画作成担当者として活躍している方のコメント

32歳/女性/介護業界経験6年

計画作成担当者は、ケアマネとは違いより現場に近い仕事です。ただ、単にケアプランを作成するだけではなく、フロアリーダーとしての役割も担うため、幅の広いお仕事であることは間違いありません。

様々な記録の管理(内服の管理、要介護認定情報の管理、日常記録の管理など)、利用者家族への報告、医療機関との連携なども仕事内容の一つです。

更には、現場でのケア業務を行うことも1か月のうち、3分の1ぐらいあります。仕事内容はかなり多岐にわたるため、介護業界でのスキルアップ、キャリアアップを望んでいる方でなければ、務まらない仕事です。

また、グループホームや小規模多機能などで存在する仕事ですので、求人数などを考えると、この職業に就くことは運も必要になってくることと思います。

計画作成担当者になりたいと考えている方々は、志を高く持つ必要があるかと思います。

37歳/女性/介護業界経験7年

グループホームで7年働いており、昨年より計画作成担当者へと昇格いたしました。

大変なこともありますが、これだけやりがいのあるお仕事だとは思いませんでした。1日がすごく早く感じますが、私には多少忙しいぐらいが丁度よいと感じております。

認知症の方々の介護計画書は、グループホームで働いてこなければ中々出来ないことですし、グループホームならではだと思います。

多岐にわたる業務をこなし、この1年で介護業界で一生がんばっていこう、という自信を持つことが出来ました。

計画作成担当者を目指す方へ

計画作成担当者はほぼケアマネと同様のお仕事内容となり、基本「介護支援専門員」の資格が必要です。

場合によっては、資格なしで担当することができますが、そのケースに入ることは希少と言えます。

更にはグループホームでは「認知症介護実践者研修」修了しておく必要があります。

基本的にはグループホームでの職種ですので、認知症への深い知識も必要になってくるということでしょう。

また、計画作成担当者においては、ケアスタッフを数年経験は必須です。

そのため、まずは介護の現場でしっかりと経験を積んでいき、高い意識を持ってこの職種を目指さなくてはなりません。

計画作成担当者での就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?計画作成担当者の案件多数あり、です!
介護業界に精通したキャリアアドバイザーが親身に転職をサポートしてくれます。
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

職種解説カテゴリの最新記事