介護業界における看護師の仕事内容と職種解説

介護業界における看護師の仕事内容と職種解説

近年、看護師の活躍の場は病院やクリニックだけでなく、看護施設へと広がっています。また、介護業界での看護師の需要も年々高まっている傾向にあります。

今回は、介護業界における看護師の仕事内容を詳しく解説していきたいと思います。是非、参考にしてください。

介護業界における看護師とは

看護師として、病院やクリニックとは違う立ち位置が介護業界にはあります。医療の現場とは違い、介護業界での看護師は「見守り」がメインのお仕事となります。

仕事内容に明らかな違いがあり、それは仕事内容だけではありません。それではここから介護業界における看護師について、詳しくお伝えいたします。

介護業界における看護師の仕事内容

介護施設での看護師の仕事内容は、病院のお仕事内容と大きく異なります。

どちらかと言えば、ゆっくりと利用者と向き合うことが出来るとともに、病院等で行っている医療行為などを行うこともほとんどありません

利用者の健康管理が主な仕事になるのです。

下記、簡潔に仕事内容をまとめてみます。

  • バイタルチェック
  • 服薬管理
  • 簡単な医療処置(吸引、口腔ケア、胃ろう管理、じょく創ケア等)
  • 緊急時の対応(医師や病院への連絡、利用者家族への連絡、救急車同行等)
  • 医師の指示に従っての医療処置(応急手当など)
  • 介護スタッフとの連携、相談対応
  • 介護業務(時に必要となる可能性があります。)
  • インシュリン注射(一定の施設のみで行われます。)

上記のお仕事内容は基本になりますが、介護施設の種類によって多少異なります。

デイサービスなどでは、上記の一部分のお仕事になることもありますし、介護老人保健施設などではしっかりと上記のお仕事をすることになります。

病院での業務よりも落ち着いて仕事ができる、ゆったりと仕事ができるという印象を受ける方もいらっしゃいますが、間違いないと言っていいでしょう。

ただ、高齢者の方のみがお客様となるため、様々な意味でギャップを感じることがあります。

また、時には介護職の方と同じように介護業務を行う場合がある可能性もあるようです。

24時間体制の施設では、夜勤が発生するケースもありますが、病院等での夜勤とは異なり、もう少しゆったりとした印象と考えると良いでしょう。

看護師に必要な資格

・正看護師
・准看護師

※基本的には正看護師と准看護師の仕事内容はほとんど変わりませんが、お給料面で差が付くことが多くあります。また、当たり前ではありますが正看護師の需要の方が高いことは間違いありません。

看護師のやりがい、大変なところ

介護業界における看護師のやりがいは、病院業務とは違うところにあります。医療サービスではないので、高齢者に如何に生きがいを持ってもらうか、また日常の生活を送れるようにできるか、など一人一人としっかり向き合わなければなりません

また、利用者だけでなく、介護士とのやり取り、コミュニケーションも取らなければなりません。

やはり人間関係が大変になるケースが多く、デリケートな問題のようです。病院勤めから介護施設に移る方は、仕事内容、職場環境にギャップを感じ、病院に戻りたいという方もいらっしゃいます。

看護師の年収について

介護業界の中では、年収面で群を抜く職種です。施設の種類によって多少異なりますが、400万円~600万円ぐらいが平均と言えるでしょう!

夜勤ありなしでお給料はかなり変わってくるので、注意が必要です。夜勤を好まない方は、デイサービスやデイケアなどでの就業がお勧めです。

介護業界で働く看護師と介護士では、お給料は1.5倍以上の差が出ている現状があります。

看護師を目指す方へ

介護業界での看護師の需要は非常に高いです。夜勤に入れない、フル勤務が難しいという方でも、採用されるケースが高いです(その場合は契約社員、パートになります)。

日勤、夜勤帯問題なくこなせるとなれば、募集があれば間違いなく採用されるはずです。

正直、5施設面接すれば5施設内定貰えることもあり得ます。そのぐらい需要があるのです。

職場環境にギャップを感じる人もいるかもしれませんが、それはどの業界、職種でもあることです。逆に、病院よりも介護施設の方が働きやすいという方も多数いらっしゃいます。

介護施設で働きたい、と少し考えている方、迷っている方は一度介護施設で働いてみても良いのではないでしょうか!?

介護業界で看護職として就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?きっと、貴方の希望の就業先が見つかるはずです。


職種解説カテゴリの最新記事