介護主任の仕事内容と立ち位置について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界に様々なポジション、役割が存在します。皆様、介護主任についてはご存知でしょうか!?リーダー?、マネージャー?と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。

介護の現場において、介護主任というポジションは重要な役割を担います。

今回は介護主任について仕事内容や立ち位置について、詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

介護主任とは

基本的に、介護主任というのはユニットリーダーなどの上に立つポジションです。施設長の次ぐらいのポジションと考えてもらえれば分かりやすいかもしれません。
(※施設によって、多少の違いはございます。)

介護現場においては、トップと言っても過言ではないでしょう。

介護現場を如何に円滑に回し、従業員をコントロールするか、これこそが介護主任の命題だと言えます。

介護主任の仕事内容

介護主任の役割は多岐に渡ります

施設長よりも現場に精通しており、従業員との関係性もより密接になってくると思います。

もちろん、仕事の幅が広がり、立場も上がるので責任もその分重くなっていくことになります。

下記、介護主任の主な仕事内容です。

・現場の指揮、介護スタッフのマネジメント

・介護スタッフ、ユニットリーダー、フロアリーダー等への指導・育成・相談

・シフト管理、タイムマネジメント

・会議への参加、リーダー研修

・各種データ集計、データ管理

・新規利用者の獲得や広報的役割

施設によって仕事内容は若干なりとも異なりますが、ざっくりとお伝えすると上記のような仕事内容となります。

基本的には介護の実務をやりながら、スタッフのマネジメント、データ集計などを行うため、これまでケアスタッフという立ち位置だった方にとっては、一気に仕事内容が増える印象でしょう。

その分お給料がぐっと上がるかと言われるとそうでもないようです。

それでも、介護主任という立場になれば仕事の幅は間違いなく広がり、スキル・経験値も飛躍的にアップするはずです。

介護主任を経験すれば、ほぼどこの施設でも活躍できる力が付くことは、容易に想像できますね!それぐらい大変であり、内容の濃い仕事をこなすことになるのです。

介護主任の立ち位置

簡潔に言いますと、「中間管理職」という言葉がぴったりかもしれません。特に大変なことは人間関係の調整でしょう。

現場スタッフと管理職とのパイプ的な役割、現場の雰囲気づくり、現場スタッフ同士の関係性の把握、利用者・その家族との関わり、など常に意識して、創意工夫・実践していかなければなりません。

また、現場で起こるミスに対する対応、クレーム対応なども介護主任を先頭に立って行うことになることも多いかもしれません。

上司、部下ともにしっかりとコミュニケーションを取っていく必要性があります。

介護主任になるには

介護主任になるには絶対的な経験値、人間性、介護に対する知識、など様々なものを持ち得ていなければなりません。

経験値が高くても、コミュニケーション能力に乏しい方などは介護主任には向かないでしょう。

要は「この人になら任せても大丈夫!」という風に思ってもらえなければならないような、責任あるポジションなのです。

そして、重要なことは率先してケア業務を行う必要があるため、何事にも前向きに仕事が出来る方でないと務まらないポジションと言えます。

いずれにせよ、介護主任になるには自らが介護現場で動き、更にマネジメントする力量が必要なのです。

介護主任経験者の体験談

34歳/女性

正直最初は、やりたくないというのが本音でした。何よりも介護主任は大変で、上からも下からも色々言われ、良いように扱われる、そんなイメージがあったからです。前任者もストレスから結局は辞めてしまいました。

そんな中、私に白羽の矢が立ったのです。「あー、とうとうきちゃったか!?」そんな感じでした。

もちろん、介護業界で働くからにはキャリアアップしたいという思いはありましたし、もう同じ施設で7年ぐらい働いていたので、そろそろこのポジションに就く頃合いだとも思っていたのです。

覚悟を決めてやり始めて、早2年。まあ、最初はとにかくつらかった。思うように現場をコントロールできなかったり、焦りもあったり、前任者との比較もされたりと、辞めようかとも思いました。

ただ、最初は誰もがぶち当たる壁、これを乗り越えなければと思い半年間踏ん張りました。

すると、これまで以上に現場を俯瞰してみることが出来るようになり、これまで以上にスタッフへの気遣いもできるようになっていた自分がいました。すると、いつの間にかスタッフの方たちも信頼してくれるようになり、現場との関係性は非常に良いものになったのです。

やはり一方的に指示したり、指導することはスタッフとの関係性を悪化させることが分かり、とにかく話し合いの場を持つこと、互いに意見が言えるような雰囲気づくりをすること、誰がも支え合うような状況を作ること、これに尽力した結果が今だと思います。

今でも大変なことは多いですが、その分やりがいもありますし、どの施設に行っても自分はやっていけるだろう、という自信を持つことが出来ました。

お給料面もしっかりとあげてもらえましたし、介護主任というポジションに挑戦して良かったと思っています。

40歳/女性

ユニット型の特別養護老人ホームにて、介護主任として働いております。

介護スタッフ、ユニットリーダー、フロアリーダーと段階を踏んで、昨年介護主任となりました。

基本的には、どのポジションも大変だと思います。その大変さの質は、各ポジションで違いますが、介護主任は何よりも責任が重くなります。

部下に対して、利用者様に対して、利用者様のご家族に対して、施設全体に対して、などこれまでにないくらいの責任感を感じております。悩むことも多々あります。

それでも、このポジションは私しかできない、と自分を鼓舞して頑張っております。私自身、最終的には施設長になりたいという思いがあるため、このポジションに就けたことはチャンスであり、働き甲斐があるのです。

正直、大変です。ただ、自分のスキルは日々上がっていると感じておりますし、ようやくこのポジションの楽しさも感じられるようになりました。

まだまだ、半人前の介護主任ではありますが、目標である施設長になるために、1日1日を大切にしていきたいと思います。

最後に

介護主任になるには、それ相応の経験値と覚悟が必要であることは間違いありません。

例えば、転職してすぐに介護主任になるようなことは、なかなか難しいでしょう。

一つの施設で腰を据えて働き、上からも下からも信頼される人間性とスキルを持ち合わせている人が、介護主任という重責を担うことになるはずです。

一筋縄ではいかないポジションであり、ストレスも多いかもしれません。

それでも介護業界でのキャリアアップを目指す方々にとっては、介護主任というポジションは目標とすべき一つのポジションであることは間違いありません。

介護主任を目指したい、このポジションに挑戦したい、と転職を考えている方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*