介護業界向け人材ビジネスを立ち上げる際に理解すべきこと10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


近年、介護業界向け人材ビジネスを立ち上げたい、と考えている人材紹介会社、人材派遣会社さんも多数いらっしゃるのではないでしょうか!?

でも介護業界について、そして介護職の方々について理解した上で始めないと、予想以上に苦戦することになるでしょう。

そこで今回は、介護業界向けの人材ビジネスを始める際、業界について理解すべきことをお伝えさせて頂きます。

是非、参考にしてください。

介護業界向け人材ビジネスを開始する際に理解すべきこと10選

介護業界で人材ビジネスを行う際、本当に多くの知識が必要となります。

下記は、営業担当者も求職者担当者も、確実に理解すべき内容です。

それでは見ていきましょう。

1.介護施設のタイプ

まずは、多数ある介護施設のタイプをしっかりと理解するようにしましょう。

この施設タイプを理解できていなければ、介護人材サービスをスタートさせることは難しいです。

特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホーム、デイサービス、サービス付き高齢者向け住宅など、様々な施設タイプがあり、同じ介護職と言えど施設タイプが違えば、仕事内容も異なってくるのです。

介護施設タイプ一覧

2.介護業界に存在する職種

介護業界には、本当に多くの職種が存在します。この職種の理解も介護系人材ビジネスを行う上では、必須であることは言うまでもありません。

介護業界は介護職・ヘルパーと呼ばれる存在だけでなく、ケアマネージャー、生活相談員、サービス提供責任者など、非常に多くの職種があります。

これらの職種を理解できていなければ、求職者とのやり取りは全くと言っていいほど出来ないでしょう。

介護業界の職種一覧

3.各職種の仕事内容

様々な施設タイプを理解した上で、各職種の仕事内容を理解する必要があります。

先述でもお伝えしましたが、施設タイプによって同じ職種でも仕事内容が異なるのです。

例えば、有料老人ホームとデイサービスの介護職の仕事内容、有料老人ホームと居宅介護支援のケアマネージャーの仕事内容など、その違いを理解しなければなりません。

4.介護業界の資格

介護業界は、資格社会です。そのため、多くの資格が存在しており、保有している資格によって立ち位置や給与が異なったり、就ける職種があったりします。

資格を理解することで、求職者の経験値がある程度分かったりもするため、資格の理解も非常に重要なのです。

介護業界の資格について

5.介護業界の紹介フィー、派遣単価の相場

人材紹介の場合は介護業界の一般的な紹介フィーを、人材派遣の場合は派遣単価を把握しておくべきです。

一般的に介護業界の紹介フィーは年収の20%と言われておりますが、この20%が取れない企業も多くあります。年収は300万に満たないケースが多いことを考えると、1名の紹介で得られるフィーは60万以下となるでしょう。

派遣単価においては、各社大きく異なるため、ここでお伝えすることは控えます。

6.介護業界求職者の集客

介護業界の転職希望者を集客することは、一筋縄ではいきません。

多くの新規参入企業は、ここで苦労すると言っても過言ではないでしょう。集め方は様々な手法がありますが、選任を置くぐらいでないと集客は厳しいかもしれません。

7.介護業界求職者の転職における優先順位

介護業界求職者は、他職種の方々と転職における優先順位が大きく異なります。これは新規参入企業の方々が、非常に驚くところかもしれません。

特に人材紹介メインの企業は、あまりの違いに戸惑うことが多いようです。

求職者の方々が、何を求めて転職を考えているかをあらかじめ理解しておくことは、大切なことでしょう。

介護職が転職先に求める優先度の高い事項ランキング

8.介護業界の離職率

介護業界の人材ビジネスを手掛ける中で、最も壁と感じる可能性があることは、介護業界の離職率の高さと言っても良いでしょう。

紹介でも派遣でも、3人に1人は早期退職となる、という想定のもと事業を展開していくべきです。

企業努力により、多少はこの離職率を減らすことが出来る可能性はありますが、基本3分の1と考えておくことをお勧めいたします。

介護職が職場を退職する理由10選

9.介護業界の大手と呼ばれる企業群

介護業界の大手企業は、ある程度把握しておくべきでしょう。

クライアントとなり得ますし、大企業の方が人材サービスを利用する可能性は高くなるはずです。

また、求職者にとっても大手は、福利厚生や給与面で魅力と感じることが多々あります。

そのため、介護業界大手を抑えておくことはビジネスを展開していく上で、重要であることは間違いありません。

【2015年版】介護業界売上高ランキング

10.介護業界の人材ビジネスの難しさ

とにもかくにも、介護業界でも人材ビジネスを成功させるには、いくつもの壁を乗り越える必要があります。

これまでも人材紹介、人材派遣やってきたのだから大丈夫だろう、言う考えは捨てた方が良いでしょう。

完全に新たなビジネスを行うぐらいのイメージでスタートするべきであり、またある程度時間を掛ける必要があることを理解するべきです。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護業界で人材ビジネスを立ち上げる際には、是非とも参考にしてみてください。

介護業界はこれからもっと伸びる市場ではありますが、その分ライバル企業も増えてきております。

求職者の確保は年々難しくなっており、各社で取り合っている現状もあります。

そういった中で、介護業界向けに人材紹介事業、人材派遣事業を立ち上げることは、将来性もありますが同時にリスクがあることも理解しておくべきでしょう。


介護業界で人材ビジネス参入をお考えの企業様へ

介護業界向けに「求人サイトの立ち上げ」、「人材紹介サービスの立ち上げ」、「人材派遣サービスの立ち上げ」など、本気で介護業界向け人材サービスをお考えの企業様はご相談ください。

・介護業界の人材サービスの現状

・介護業界向け人材サービスの可能性と厳しさ

・介護業界で人材サービスを成功させるためには

上記について、詳しくお伝えさせて頂きます。

 

ご相談はこちらから



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*