【初めての介護】介護保険制度について詳しく解説!

【初めての介護】介護保険制度について詳しく解説!

超高齢者化社会である我が国は、介護における保険が充実している数少ない国です。

介護保険の充実がなければ、多くの高齢者が介護サービスを受けることができず、大きな社会問題となっていたはずです。

そこで今回は、介護の基礎知識として、「介護保険制度」について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護保険制度とは

日本では1997年12月に「介護保険法」という法律が制定され、2000年4月に施行されました

そして施行と同時に、介護保険制度が始まりました。

この介護保険制度のモデルはドイツと言われているようです。

介護保険制度は、「介護が必要な高齢者に必要な介護サービスの費用を社会全体で支援する保険制度」です。

介護保険の仕組みについて

下記、介護保険の仕組みを図で分かりやすく表したものです。

図から費用やサービスの流れをご覧ください。

介護保険制度の仕組み図

介護保険の財源は、税金50%と保険料50%で賄われている形となります。

更に税金の内訳は、国が25%、都道府県が12.5%、市区町村が12.5%となっております。

介護保険料の徴収は40歳になると始まり、全国民に支払い義務があるのです

では、次に介護保険料の負担について詳しく見ていきましょう。

介護保険料を負担している人は誰!?

先ほどもお伝えいたしましたが、介護保険料を負担しているのは40歳以上の方々です。

第1号被保険者

65歳以上の全ての人が、第1号被保険者にあたります。

市区町村によって、納める金額が異なります。徴収は年金からの天引きが基本です。

著しく収入が低い場合や生活困難なほど貧困であった場合には、減免されることもあるようです。

第2被保険者

40歳以上~64歳までの医療保険加入者が、第2被保険者にあたります。

特定疾病と認定された場合に、介護サービスを受けることが出来ます。

ちなみに現在、特定疾病は16種類あります。下記がそれにあたります。

  • がん末期
    ※医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靱帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 初老期における認知症
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 多系統萎縮症※
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

何故、介護保険制度が出来たのか!?

介護保険制度が施工された理由は、世界でも稀に見る「超高齢化社会」であることが理由と言って良いでしょう。

若者が減り、高齢者が増えるとどうなるか!?

高齢者を家族だけで介護していくことは難しく、高齢者本人も家族も不安が募る一方です。

そのため、「高齢者を社会全体で支える仕組み」「国民全体で介護保険料を賄う仕組み」が必要だでした。

そして現在、「介護保険制度」は確立されており、多くの高齢者が介護サービスを受けることが出来ているのです。

介護保険を受けるには!?

介護保険を利用していくためには、要介護認定を受けなければなりません。

要介護認定を受けるには、いくつかのステップを踏む必要があり、多少の時間を必要とします。

詳しくは下記をご確認ください。

介護が必要になったら最初にすべき5つのこと

要介護認定が受けられるまでの5つのステップ!介護認定基準とは!?

要介護には7つの段階が用意されており、それによって受けられる介護サービスが変わってきます。

要介護度が決定するには、訪問調査・機械による1次審査と有識者数名による2次審査で決定いたします。

特に訪問調査でのしっかりとした対応をする必要がありますので、注意ください。

要介護認定を受ける際の訪問調査における注意点7選

介護保険で受けられる介護サービスとは!?

介護保険で受けられるサービスは、大きく分けて3つあります。

居宅サービス

利用者が自宅での介護を希望している場合は、居宅サービスが提供されます。

施設サービス

利用者が施設に入居して介護を希望している場合は、施設サービスが提供されます。

施設サービスは大きく分けて、「指定介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「指定介護療養型医療施設」の3つに分別されております。

支援サービス

利用者が希望通りで、且つ適切な介護サービスが受けられるように、ケアマネージャーや保健師がケアプランを立てたり、施設との連絡調整をしたりします。

①居宅サービス 訪問 訪問介護
(ホームヘルプサービス)
入浴、食事、排せつなどの身体介護、掃除、洗濯、調理など生活援助、通院のための乗車、降車などの介助サービスです。
訪問入浴介護 浴槽を積んだ入浴車で自宅に来てもらい、入浴介護が受けられます。
訪問看護 主治医の指示に基づいてサービスが行われます。病状安定期の利用者の自宅に看護師などが訪問に来て、療養上の世話や診療の補助をします。
訪問リハビリテーション 機能訓練士などが自宅に来て、必要なリハビリテーションが受けられます。
居宅療養管理指導 医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士など来て、療養上の管理・指導を行ってくれます。
通所 通所介護
(デイサービス)
日中、施設などに通い(または送迎)、日常生活上の世話(食事の介護・入浴など)や機能訓練を受けたり、レクリエーションを行ったりします。
通所リハビリテーション(デイケア) 日中、施設などに通い(または送迎)、必要なリハビリテーションを受けることができます。
短期入所(ショートステイ) 短期入所生活介護(ショートステイ) 普段は自宅で生活する利用者が機関を決めて施設に短期間入所するサービスで。 家族の介護負担を軽減する目的でも利用されております。
短期入所療養介護(ショートステイ)
その他 特定施設入居者生活介護 有料老人ホームや軽費老人ホームなどに入居している利用者が、日常生活上の世話、機能訓練、療養上の世話を受けることができます。
福祉用具貸与 福祉用具のレンタルや買うことが可能なサービスです。高齢者向け住宅への改修も一部介護サービスが利用できます。
特定福祉用具販売
住宅改修
②施設サービス 介護福祉施設サービス(特別養護老人ホーム) 寝たきりなどの高齢者が日常生活上の介護を受ける施設です。
介護保険施設サービス(介護老人保健施設) 病状安定の利用者が在宅復帰を目的をしたリハビリテーションや介護・看護を受ける施設です・
介護療養施設サービス(指定介護療養型医療施設) 長期間療養を必要とする高齢者が治療や療養をを中心としたサービスを受ける施設。医療面でのサービスが充実しています。
③支援サービス 居宅介護支援 利用者が希望通りで、且つ適切な介護サービスが受けられるように、ケアマネージャーや保健師がケアプランを立てたり、施設との連絡調整をしたりします。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護保険制度について、ご理解いただけたのではないでしょうか!?

初めて介護を受けられる方、またはそのご家族の方は、介護における悩みを複数お持ちのことと思います。

介護サービスを利用する方々にとっても、介護における知識を持つことは非常に重要です。

是非とも、「介護保険制度」を頭に入れて頂き、正しい介護サービスが受けられるようにしてくださいね!

初めての介護カテゴリの最新記事