勤続10年以上の介護福祉士の賃金8万円アップ!?は期待できるか

勤続10年以上の介護福祉士の賃金8万円アップ!?は期待できるか

低賃金が一つの要因となり、人手不足が続く介護業界。

離職率の高さは、なかなか改善することが出来ていない状況です。

現在、最大で3万7千円の処遇改善手当てが受けられてはいるものの、他業界と比べるとまだまだ収入面の低さは変わりません。

そんな中、政府が新たな賃金アップの検討に入っております。

今回は、その件について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護福祉士の賃金8万円アップについて詳しく解説

政府は、介護業界においてスキルと経験を持つ人材に、処遇改善を積極的に進めていきたい、という考えを持っています。日本の介護問題は本当に切迫しているため、何とか人材確保をしたい、という思惑があるでしょう。

そして今回、2019年10月を目途に、勤続10年以上の介護福祉士に8万円の処遇改善加算を行うという、今まで以上にインパクトのある内容です。

介護事業者が、この8万円をしっかりと対象従業員に支払うのであれば、これは非常に有意義な施策となるでしょう。

給与が月額で8万円アップするとなると、仕事への意欲が高まり、将来への不安も解消されるかもしれませんね。

しかしながら、実際この施策の対象者はどのくらいいるのでしょうか!?

介護福祉士の平均勤続年数

厚生労働省調べるによると、介護福祉士の平均勤続年数は、なんと6年!

このことから考えると、今回の賃金8万円アップの対象者は、かなり少ないと見ることが出来ます。

また、一度介護職を辞めてしまった介護福祉士、転職を繰り返す介護福祉士は、今回の賃金アップの対象外となってしまいます。

この施策により、8万円貰えている介護福祉士や勤続10年に近づいている介護福祉士の離職は防ぐことが出来るかもしれませんが、一度業界を離れた介護福祉士の方々を呼び戻す施策にはならないかもしれません。

条件を満たせば本当に8万円アップするの!?

このように考える方もいらっしゃるでしょう!?

こればっかりは、就業しているその事業者次第となってしまいます。

本来であれば、従業員に行き届くべき処遇改善加算ですが、実際すべてが介護職の方々に行き届いていない現状があるのです。

よって、この8万円に関しましても、条件を満たしている全ての介護福祉士に支払われるかは、少し疑問が残ります。

介護事業者は、対象者には必ず全額支払わないといけない、といった強制をする必要もあるかもしれません。

人手不足解消の一手となるか!?

政府は「介護離職ゼロ」を目指しており、その中で介護職の賃金アップが必要不可欠と考えております。

賃金アップとなれば、介護業界に人材が流入し、また介護業界を離れる人が少なくなる、という算段があります。確かに賃金アップは重要です。

しかしながら、今回は「勤続十年以上の介護福祉士」というハードルの高さです。現実的かと問われると、そうではないかもしれません。

ですので、勤続3年で3万円、勤続5年で5万円、などのように小分けにし、もう少しハードルを低くするべきではないでしょうか!?

介護業界で働くメリットを感じさせなければ、人材確保は難しくなってしまうでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

これまでも何度か「賃金アップ」の施策が行われてきましたが、高い効果を発揮したとは言い難い現状があります。

ただ、こういった積み重ねが徐々に介護業界に浸透していき、業界よりよい方向へと進んでいくことになることは間違いありません。

賃金においては、介護職の方々が働くうえで不満に感じることの一つではありますが、それが全てではありません。

女性の多い職場ということもあり、賃金への優先順位はトップではなく、人間関係での離職、結婚や出産での離職が多くなっている現状です。

業界の慢性的な人手不足を解消していくためには、まだまだ様々な施策が必要になってくるでしょう。

介護業界で転職を考えている方、転職するか悩んでいる方は、介護業界に特化した転職支援会社で全国対応の「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護業界情報カテゴリの最新記事