「介護福祉士」資格の受講費用や取得方法にについて

「介護福祉士」資格の受講費用や取得方法にについて

介護業界でプロフェッショナルと認定される資格である介護福祉士は、国家資格です。介護福祉士は簡単に取得できるものではなく、介護業界に行って期間身を置き、実務を経験しなければなりません。

今回はこの「介護福祉士」について詳しく解説していきます。

介護福祉士について

介護業界の上級資格

介護福祉士を持っていれば、就業場所での信頼感は一層増すことでしょう。また、リーダー、マネジメント業務を行うために、この介護福祉士が一つの境界線となります。

利用者からも介護スタッフからも施設長からも経験値・スキルを持っている介護職のスペシャリストとして、認識されることになるでしょう。

よって、介護職であるならばまず一つの到達点となる「介護福祉士」取得を目指すべきなのです。

介護福祉士を取得するためには

介護福祉士を取得する方法としては、いくつかあります。

・福祉系の高等学校にて所定のカリキュラムの単位を修得・卒業して、更に実務経験を経て国家試験に合格する方法

・介護現場で実際に3年以上実務経験を積み、介護職員実務者研修を修了して国家試験に合格する方法
3年以上とは従業期間1,095日以上かつ、従事日数540日以上
介護職員実務者研修の資格解説はこちら

・福祉系大学などの養成施設を卒業する方法

介護福祉士のスクール受講費用

スクールによって費用感でかなり差があるのが現状で、1万~15万円で受講可能なようです。

なぜ、費用が主催者によってばらばらなのかは、試験の前に受講する直前対策や模擬試験しっかり学ぶ長期講座などがあり、取得している資格によって講座が変わってくるからです。

※介護福祉士を目指されている方、介護職の資格取得を希望されている方は、下記より資料請求してみてください。

介護福祉士の試験内容と受験費用

【試験内容】

筆記試験は下記の10科目群があります。

1.人間の尊厳と自立
2.介護の基本
3.人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
4.社会の理解
5.生活支援技術
6.介護過程、発達と老化の理解
7.認知症の理解
8.障害の理解
9.こころとからだのしくみ
10.総合問題

【実技試験】

介護等に関する専門的技能試験

【受験時期】

筆記試験 例年1月
実技試験 例年3月

【受験費用】

13,140円

介護福祉士の合格率

数年前までは合格率50%前後でしたが、近年は65%前後まで上昇しており、3人2人は合格となる実績が出ております。

介護福祉士を取得するメリット

介護業界で最も求められる資格が介護福祉士です。この資格を持っていれば、転職に断然有利となります。また、お給料面でも資格手当として介護福祉士取得者に支給しているケースがほとんどですので、給与アップも間違いなく見込めます

求人募集する際、施設長、サービス提供責任者などのポジションの資格要件として、介護福祉士取得者を指定する事業所も多くありますので、かなり重宝される資格であることは間違いありません。

また、ケアマネージャーを目指す方にとっても、介護福祉士は必要です。

よって、介護福祉士を取得することで、選択肢が増え、キャリアアップもしやすくなるはずです。

まとめ

今回は介護福祉士の資格について解説いたしましたが、いかがだったでしょうか!?

介護職のプロフェッショナルと見なされる介護福祉士は、介護業界にとって需要の塊と言っても過言ではありません。

介護業界で生き抜くと決めたのであれば、間違いなく取得すべき資格ですし、ゆくゆくあなたの大きな助けとなるはずです。

試験合格も決して高いハードルではありませんので、是非とも介護福祉士の資格を取得することをオススメいたします。

介護業界での就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?介護福祉士の資格を活かせるお仕事が多数見つかるはずです。

介護の資格についてカテゴリの最新記事