介護業界におけるブラック企業の定義を改めて考えよう!

介護業界におけるブラック企業の定義を改めて考えよう!

介護業界だけでなく、多くの企業でブラック企業という言葉を耳にすることがあります。

では、実際ブラック企業とは何なのでしょうか!?

ブラック企業で働きたくない、と誰もが思うはずですし、転職活動においては最初から対象から外したいと思うはずです。

そこで今回は、介護業界におけるブラック企業について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護業界におけるブラック企業について

ブラック企業の定義

そもそもブラック企業の定義とは何なのか!?正直お伝えすると、明確な定義などありません。

ただ、こういった特徴の企業がブラック企業と呼ばれている、ということであればお伝え出来ます。

それでは見ていきましょう。

1.労働時間が長すぎる

介護業界で言えば、「夜勤明けでそのまま仕事をさせられる」、「早番なのに夜遅くまで働かせられる」などが横行している場合、これはブラック企業よ呼ばれる対象となるでしょう。

2.時間外手当(残業代)が支払われない

残業した場合、時間外手当は支払われるべきものです。ただし、見込み残業代として基本給にあらかじめ組み込まれていることもあるので、確認が必要です。

残業代については、正直支払っていない企業も結構あると耳にしております。ただし、間違いなく支払われるべきものですので、支払っていない企業がブラック企業と呼ばれても仕方はないでしょう。

3.辞めたい奴は辞めろ!という考え方

仕事で悩んでいる従業員、辞めたいと考えている従業員がいた場合、簡単に切り捨てる企業は、ブラック企業と言って良いでしょう。

辞めたら採用すれば良い、という考え方が根付いている企業は、危険な兆候があります。

4.休日・休暇があまりに少ない

日本の企業の年間休日日数は、120日ぐらいとお考えください。

年間休日が2桁しかない企業は、ブラック企業の兆候がありそうです。2桁はあまりに少なすぎます。

5.社員を育てる気がない

入社したらすぐに現場で働かせたり、研修制度や教育制度が全くない企業は、ちょっと怪しいと思って頂いて良いでしょう。

ただし、現場で育てるという考え方の企業もあり、一概には言えない場合もあります。

6.社長がワンマン

社長がとにかくワンマンである企業は、危険です。社長が言ったことが全てであり、物事がすぐに覆ることがあります。

また、社長が罵声を浴びせたり、怒鳴ったりするところを度々見かけるようでしたら、ブラックと言っても良いかもしれません。

7.昇進・昇給がない

長年働いているのに給料が上がらない、役職も上がらない、といった企業は、社員のモチベーションを考えない企業であり、ブラック企業の兆候があります。

大手=ブラック企業は違う

介護業界では、大手はブラック企業だ、とバッシングを浴びやすいですが、これは一概にそうとは言い切れませんし、むしろ客観的に見た時に、ブラック企業ではないという判断が正しいかもしれません。

理由は、いくつかあります。

まず、大手は従業員数が多いため、退職者が多くなるのも事実です。人間関係で嫌な思いをして辞められた方もいるでしょうし、企業体質が合わなかった方もいるでしょう。

退職率ではなく退職者自体が多い分、不満も表に出やすい現状があるのです。

また、事業所・施設数が多い分、それだけ利用者とのトラブルは大なり小なり多くなります。そのため、単純に話題に上がりやすくなるのは大手であり、ブラックと見なされがちなのです。

しかしながら、実情は大手の福利厚生やお給料を見た時には、やはり業界水準を上回っていることが多いですし、他社と比べた時に働き易い環境であることが分かります。

問題が表沙汰となりやすい大手は、多くの人に知られてしまうデメリットがあると言っても間違いないでしょう。

よって、介護業界において、大手=ブラック企業ではない、とお伝えいたします。

ブラック企業の捉え方は人それぞれ

結論ではないですが、ブラック企業の定義、捉え方は人それぞれ、だと言って良いのではないでしょうか!?

全ての人が「この企業は素晴らしい」となることはまずないですし、「人間関係が最悪」と感じる方がいたとしても、全ての人がそう思っているわけではありません。

1日10分ぐらいの残業で、ブラック企業と言う方も実際いらっしゃいますし、ちょっとぐらいの残業など全然問題ない、と思う方もいるのです。

よって、ブラック企業の定義は、本人次第という考え方が良いのかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護業界におけるブラック企業、この定義は人それぞれである、と結論付けました。

特に大手=ブラック企業には異議を唱えた形ですが、客観的に見れば介護業界の大手は、業界内においては確実に働き易い企業にあたるはずです。

もちろん、先ほどもお伝えいたしましたが、ブラック企業の捉え方は人それぞれ、だと考えるべきでしょう。

以上、今回は介護業界におけるブラック企業について解説いたしました。

是非とも、参考にしてみてください。

介護業界での就職、転職をお考えの方は、介護業界に特化した転職支援会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護業界情報カテゴリの最新記事