介護業界における柔道整復師の仕事内容と職種解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界において、柔道整復師はリハビリ職の位置づけになります。近年、介護業界においてリハビリ職需要は非常に高まっており、柔道整復師として活躍されている方も多数いらっしゃいます。

今回は柔道整復師の職種、仕事内容について詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

介護業界における柔道整復師とは

柔道整復師は国家資格となり、整骨院や接骨院、整形外科などで働ける資格ですが、近年注目されているのが、「介護業界」での就業です。では、実際介護業界での柔道整復師の仕事についてお伝えしていきます。

介護業界における柔道整復師の仕事内容

介護施設での柔道整復師は、機能訓練指導員として働くケースが多く、高齢者の身体機能を回復させるリハビリテーション、筋力低下を予防することが主な仕事内容となります。

ただ、リハビリテーションを行うわけではなく、積極的にコミュニケーションを取っていき、精神的な面でも支えとなり、身体機能を回復できるよう支援していかなければなりません。

理学療法士、作業療法士とは多少異なる立ち位置であることは認識する必要があります。

柔道整復師に必要な資格

・柔道整復師免許

介護業界における柔道整復師のやりがい、大変なところ

柔道整復師の資格を持っていれば、ゆくゆくケアマネージャーなどへステップアップできます。よって、介護業界でキャリアをしっかりと形成することが可能です。

従来の整骨院や接骨院とは異なり、介護士や看護師とのやり取りが発生したり、また高齢者のみがお客様のため、人によっては職場環境にギャップを感じることがあり、慣れるまで大変かもしれません。

介護業界における柔道整復師の年収について

柔道整復師はリハビリ職ですが、理学療法士や作業療法士よりも少し年収が下がります。350万円~420万円ぐらいが相場です。キャリアアップして、職種をチェンジしていければ年収を上げていくことが可能です。

介護業界の柔道整復師を目指す方へ

柔道整復師は、機能訓練指導員として介護施設での需要が高まっております。機能訓練指導員は特別養護老人ホームでは、必ず1名以上配置しなければならない、と法律で義務付けられているため、今後需要がますます増えていくことになるでしょう。

そして、柔道整復師免許をお持ちの方で介護業界で活躍したいと思っている方は、キャリアアップを見据えたうえで業界に飛び込むことをオススメいたします。

需要があるため採用ハードルはそこまで高くありませんが、目標なく就職・転職すると今後の成長はあまり見込めないかもしれませんので、注意してください。

施設長やケアマネージャーなども目指せる職種ですので、将来性のある職種であることは間違いありません。

※介護業界における他リハビリ職については下記を参考にしてください。

理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
あん摩マッサージ指圧師

リハビリ職(柔道整復師)での就職・転職をお考えの方は、リハ職に強みを持つ人材会社の「メドフィット リハ求人.com」にご相談してみてはいかがでしょうか!?リハ職の案件多数あり、です!




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*