介護業界向け「人材紹介」と「人材派遣」の明確な違いとは!

介護業界向け「人材紹介」と「人材派遣」の明確な違いとは!

介護業界に特化した「人材紹介」と「人材派遣」サービスがあることを皆様がご存知でしょうか!?

そして、多くの方々はこれらを同様のサービスと捉えているようであり、明確な違いが分かっていない状況です。

しかし、人材紹介と人材派遣は全く別物のサービスでなのです。

そこで今回は、「人材紹介と人材派遣の違い」について求職者目線で詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護業界における「人材紹介」と「人材派遣」の違いについて

介護業界に特化した人材紹介と人材派遣の違いを説明するにあたっては、各サービスの詳細を伝えることで自ずとその違いが理解できるはずです。

特に求職者としてサービスの利用をお考えの方は、しっかりと把握して頂くことで最適な転職へと繋がります。

人材紹介とは

人材紹介は、基本的には「正社員を希望している求職者へのサービス」です。契約社員・パートの雇用形態でも人材紹介は成り立ちますが、人材紹介の求人の多くは「正社員」が圧倒的ということをご理解ください。

人材紹介会社と呼ばれる、有料職業紹介免許をを保有している企業が、正社員での転職を考えている求職者に企業の紹介をしてくれます。人材紹介はあくまでも職業斡旋の業務であり、企業と求職者を引き合わせる仲介業になるのです。

紹介して貰った企業との面接を終え、無事入社したらそこで紹介会社のサービスは一旦終了となります。

入社後のちょっとしたフォローをしてくれる人材紹介会社もありますが、入社したら雇用主は入社した会社となるのでで、人材紹介会社がその後求職者に深く関与することはありません。

また、人材紹介会社にはキャリアアドバイザーという求職者に対応する専門の職種があり、基本このキャリアアドバイザーが企業の紹介をしてくれたり、転職の支援をしてくれます。

このキャリアアドバイザーの能力が転職成功において、非常に重要であることは間違いありません。

今回はこのことについては割愛しますが、人材紹介会社選び自体、非常に重要であることを理解しておいた方が良いでしょう。

人材紹介会社を利用するのはどんな人!?

上記でもお伝えいたしましが、人材紹介会社の多くは正社員の求人を取り扱っております。

そのため、一般的な人材紹介会社の場合、求職者は一定以上のスキルを持っていなければ、紹介会社に相手にされないケースがあります。

しかしながら、介護業界専門の人材紹介会社の多くは、未経験、無資格の方でも受け入れてくるケースが多々あります。また、年齢にも制限はなく、50歳、60歳の方でも対応してくれることがほとんどです

基本的には、正社員希望の方が人材紹介会社を利用します。そのため、常勤勤務が可能であることが前提となります。

介護職の方が人材紹介会社を利用するメリット

介護職の方が人材紹介会社を利用することで、様々なメリットがあることは間違いありません。

まず、求人サイトにはない求人案件の紹介をして貰える可能性があること、求職者の希望に合わせて求人案件を探し出してくれることがメリットでしょう。紹介会社に登録すれば、希望を伝えるだけで良いので、求人を探す手間が省けます。

更には、面接日程の調整、面接対策、面接同行、給与交渉、入社日の調整など、様々なサポートをしてくれるので、働きながらでも転職活動をスムーズに出来るため、利用メリットは大いにあることでしょう。

人材派遣とは

一方、人材派遣はと言うと、正に巷でよく話題に出る「派遣社員」を様々なところに派遣することです。

雇用主は人材派遣会社であり、お給料も派遣会社から貰うことになります。お給料は時給制であり、働いた時間分が派遣社員のお給料となります。

派遣社員で働くと、ある程度の勤務時間、勤務日数、夜勤の有無などの融通が利きます。子育て中の主婦の方、時間に縛りのある方、プライベートを優先したい方にとっては、派遣社員として働くことはメリットと感じるはずです。

また、基本派遣先との面接は法律にて禁止されているのも人材派遣の特徴です。面接ではなく就業先との「顔合わせ」後、就業が可能となっており、基本的には就業先を紹介されればすぐに働くことが可能です。

1日だけの仕事から長期間の仕事、スキルの必要ない仕事からスキルが必要な専門的な仕事まであり、働き手の希望によって仕事を与えてくれるのが派遣会社の特徴です。

人材派遣会社を利用するのはどんな人!?

人材派遣は人材紹介とは違い、介護業界未経験者、週数回の勤務希望者、主婦など、仕事をしたことがない人や働き方に制限がある人など様々な求職者が利用できるサービスです。

派遣会社に嫌がられるタイプとして、連絡が取れなくなる、当日に仕事を欠席する方などです。

こういったモラルに欠ける対応する派遣社員も多数いるのが現実のようですが、ここを見ている方々は、そんなことは使用に注意してください。

介護職の方が人材派遣会社を利用するメリット

派遣社員は、バイトと何が違うのかと聞かれればそこまで変わりはなく、要は派遣会社を通して、アルバイト・パートをしているという感覚と言っても良いでしょう。

派遣社員として働くメリットは、「パートよりも時給が高い傾向にある」、「派遣会社が雇用主のため、休みやシフトの相談に乗ってもらえる」、「派遣会社に就業先の悩みや不満を伝えられる」などでしょう。

介護業界専門のオススメ人材紹介会社6選
介護業界専門のオススメ人材派遣会社8選

まとめ

いかがだったでしょうか!?

人材紹介と人材派遣の違いが分かって頂けたのではないでしょうか!?

基本的には人材紹介は正社員、人材派遣はアルバイト・パートの仕事と捉えていれば、あながち間違いではありません。

人材紹介と人材派遣の両方のサービスを一つの会社で行っているケースもありますし、どちらか一方のサービスをメインでやっている企業もございます。

運営する企業側においても、人材紹介と人材派遣のノウハウは全然違うのが実情です。

以上、今回は人材紹介と人材派遣の違いをお伝えさせて頂きました。

介護業界にて転職を考えていらっしゃる方は、是非参考にしてみてくださいね。

介護業界で転職を考えている方は、介護業界に特化した人材紹介・人材派遣会社の「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事