「介護職員実務者研修」資格の受講費用や取得方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


「介護職員実務者研修」は介護福祉士の資格を取るための前段階の資格であり、介護職としてキャリアアップしていきたい方にとっては必須の資格になります。

2013年4月より介護職員基礎研修・ホームヘルパー1級が改変され、新たに「介護職員実務者研修」となりました。今回は介護職のキャリアを形成する上で重要な資格、介護職員初任者研修について詳しく解説していきます。

介護職員実務者研修について

介護業界でキャリアアップするために取得すべき資格

「介護職員初任者研修」を取得した次に取得するべき資格が、この「介護職員実務者研修」になります。この資格を持つことで、介護職としての立場や給与をワンランク上げることが出来る可能性があります。

そして、介護職で目指すべき最高ランクの資格、介護福祉士を取得するためには「介護職員実務者研修」を持っておかないと受験資格を得られないのです。

介護職員実務者研修を取得するためには

自治体もしくは民間企業の養成研修機関が主催している講座を受講すれば資格取得できます。簡潔に言うと、スクールに通い「介護職員実務者研修」の講座を受講すれば資格が取れるのです。

介護業界での就業経験、介護の資格保有いずれも必要なく、誰でも取得可能な資格となっております。

しかしながら、業界未経験、資格を持っていない方がいきなり「介護職員実務者研修」を受講するのは少し難しいかもしれません。よって、ほとんどの方はまずは「介護職員初任者研修」の資格から取得しております。

介護職員初任者研修の詳しい解説はこちら

介護職員実務者研修のスクール受講費用

スクールによって受講費用はばらばらです。安価なところでは29,000円~で取得可能なようです。費用の違いはサービス内容の違いになります。フォロー体制、通信教育の有無、夜間講座の有無、などによって費用が変わってくるのです。

安いから良いという発想はやめ、自身に合っているであろうスクールを選ぶことが大事です。

介護職員実務者研修の科目と講義・演習時間

資格を持っていない方は450時間、ヘルパー2級取得者は320時間、ヘルパー1級取得者は95時間、介護職員基礎研修取得者は50時間の受講時間が必要となります。


科目:人間の尊厳と自立
時間:5時間(ヘルパー2級、ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)


科目:社会の理解 I
時間:5時間(ヘルパー2級、ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)


科目:社会の理解 II
時間:30時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)


科目:介護の基本 I
時間:10時間(ヘルパー2級、ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)


科目:介護の基本 II
時間:20時間(ヘルパー2級、ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)


科目:コミュニケーション技術
時間:20時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)


科目:生活支援技術 I
時間:20時間(ヘルパー2級、ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)


科目:生活支援技術 II
時間:30時間(ヘルパー2級、ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)


科目:介護過程 I
時間:20時間(ヘルパー2級、ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

10
科目:介護過程 II
時間:25時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

11
科目:介護過程 II
時間:45時間(基礎研修取得者は免除)

12
科目:発達と老化の理解 I
時間:10時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

13
科目:発達と老化の理解 II
時間:20時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

14
科目:認知症の理解 I
時間:10時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

15
科目:認知症の理解 II
時間:20時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

16
科目:障害の理解 I
時間:10時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

17
科目:障害の理解 II
時間:20時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

18
科目:こころとからだのしくみ I
時間:20時間(ヘルパー2級、ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

19
科目:こころとからだのしくみ II
時間:60時間(ヘルパー1級、基礎研修取得者は免除)

20
科目:医療的ケア
時間:50時間

合計450時間

※下記より、介護職員実務者研修のスクール講座などの資料請求が可能です。資格取得をお考えの方は、オススメの講座が見つかるはずです。

介護職員実務者研修の合格率

結論からお伝えいたしますと、介護職員初任者研修と同様にほぼ100%と言っても良いでしょう。修了試験は、筆記試験と実技試験の2つになりますが、修了試験の義務付けはないのが現状です。ですので、重苦しい雰囲気で受験する感覚ではないでしょう。

また、試験の点数が足りずとも、ほとんどのスクールは追試等の措置を取り、間違いなく資格が取れるようにしてくれているようですので、受講さえすれば資格を取ることができるはずです。

介護職員実務者研修を取得するメリット

初任者研修よりも上に位置づけられる資格で、サービス提供責任者などの職種においてこの資格を持っていれば、その事業所は介護報酬を10%減額されることもないため、訪問介護事業所においてはかなり重宝される資格と言えます。

また、それ以外の施設においても「介護職員実務者研修」を持っていることで信頼感も増すため、就職・転職には有利であることは間違いありません。

更に医療行為である「たん吸引」や「経管栄養」も学んでいるため、介護職としてスキルが高いと判断されることになり、多くの場面でこの資格が役立つことでしょう。

まとめ

今回は介護職員実務者研修の資格について解説いたしましたが、いかがだったでしょうか!?

介護職員実務者研修を取得することで、介護職として1人前と判断されるとともに、職場からも施設利用者からも信頼されることになるでしょう。

また、ゆくゆく介護福祉士を目指すためには必須の資格となりますので、介護業界でキャリアアップするためには「介護職員実務者研修」の取得は間違いなく必要になってきます。

介護業界での就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?介護職員実務者研修の資格を活かせる案件が、多数あることでしょう!





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*