介護業界にて就職活動・転職活動で辞退したい場合の対応について

介護業界にて就職活動・転職活動で辞退したい場合の対応について

介護業界で就職活動や転職活動を行う際、1社にのみ応募するわけではなく、複数社に応募することが一般的ですよね。

ただ、入社できるのは1社。複数社に内定をもらった際、入社する会社以外には断りを入れなければなりません。この断りは、気まずいという方は、少なくないのではないでしょうか!?

就職活動、転職活動を行う多くの方々が、この対応をすることになります。

そこで今回は、応募後や内定後、更には入社意思を伝えた後に辞退する対応の仕方について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護業界での就職活動・転職活動における辞退対応について

就職活動や転職活動において、辞退するタイミングはいくつかあります。

応募後、面接後、内定後、入社意思を伝えた後、など様々なシチュエーションが考えられます。

どのタイミングであろうと、辞退することは気持ち的に大変ですよね。ただ、社会人としてきちんと断りを入れることは大切なことです。

気まずいから放置、そのままフェードアウトは、絶対にやるべきではありません。

それでは、辞退対応について見ていきましょう。

応募後の辞退

応募後、書類選考前に辞退、もしくは書類選考通過後の辞退となる場合、メールもしくは電話でお断りを入れる必要があります。

応募企業とメールでやり取りしていた場合はメールもしくは電話、もともと電話でやり取りしていた場合は、電話での対応が良いでしょう。

辞退理由は様々ではあるかと思いますが、「他社に入社することを決めたから」「転職活動を一旦中止したいから」など、正直に伝えるべきです。この時点での辞退であれば、そこまで理由を深く聞かれることもなく、すんなり辞退となることがほとんとです。

面接後の辞退

面接後の辞退は、結果が出る前に辞退する、もしくは1次面接通過の連絡後に辞退する、場合があります。

ここからは出来るだけ電話での連絡が良いでしょう。面接で話を聞いた結果、「思っていた職場とは違った」ということはよくあることです。

互いのアンマッチを防ぐための面接でもありますので、気まずくなる必要もありません。正直にお伝しても全く問題ありません。

内定後の辞退

入社してもらいたい、と思って内定を出すわけですから、内定後の辞退は応募している企業側にとっては、相当な痛手となります。まず、そのことを理解することが必要です。

そのことを理解した上で、誠実に内定辞退の旨をお伝えするべきでしょう。内定時代の理由も正直にお伝えしてください。もちろん、仕事を選択する自由は求職者にありますので、全く問題ではありません。

ただ、応募企業側は何とか入社して貰えるよう、説得を試みてくることもあるでしょうが、これは普通のことです。断れない雰囲気になることもあるかもしれませんが、ご自身の意思で最終的な判断をしてみてください。

入社意思を伝えた後の辞退

入社意思を伝えたものの、人によっては心変わりしてしまうこともあるかもしれません。このタイミングで辞退する方も時にはいらっしゃいます。

ただ、このタイミングでの辞退は、かなり応募企業に迷惑を掛けてしまうことになります。すでに貴方の入社に向けて様々な準備をしている可能性があるからです。また、貴方が入社するということで、採用活動をストップしているかもしれません。

どのタイミングであろうと辞退する権利はありますし、職業選択の自由があるため、問題ないと言えば問題ありません。どうしても入社が難しい理由がある方もいるかもしれませんが、社会人としては非常に残念な行動と思われても仕方ありません。

いずれにせよ、入社意思を伝えた後の辞退を伝える際は、ある程度の覚悟を持って、応募企業に納得してもらえる誠実な対応をするべきでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

就職活動や転職活動において、「辞退する」ということは応にしてあることです。多くの方が経験することになりますし、当たり前と言えば当たり前のことと言えます。

ただ、辞退のタイミングによっては、応募企業が非常に打撃を被ることがある、ということを理解しておくべきでしょう。採用側は求人サイトや求人誌に掲載するにあたり、費用を支払い掲載しております。そのため、採用できる・できないかは死活問題になりかねないのです。

もちろん、求職者側も不採用となる可能性もあり、お互い様と言えばお互い様なので、「辞退をする」ということにそこまで気まずさや申し訳なさを感じることもないかもしれません。

介護業界で就職活動や転職活動をしている方で、辞退するか悩んでいらっしゃる方などは是非参考にしてみてください。

介護転職情報カテゴリの最新記事