介護業界における事務長の仕事内容と職種解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界において事務長という職種は、全ての施設で在籍している訳ではありません。施設長が事務長の仕事を兼任している場合もあり、事務長のという職種は言い換えると希少な職種と言っても良いかもしれません。

今回は介護業界における事務長の仕事内容や職種ついて詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

介護業界における事務長とは

事務長とは特に介護の資格が必要なポジションではなく、どちらかと言えば経営的観点を持っている方、マネジメント能力にたけている方が活躍する職種になります。

施設によってその仕事内容も異なりますが、一般的な介護施設の事務長の役割についてお伝えいたします。

介護業界における事務長の仕事内容

事務長の仕事はこれといった決まりはないのが実情ですが、一般的には下記のようなお仕事内容になります。

【事務長の主な仕事内容】

・施設運営全般、数値管理
・人材採用戦略の立案、面接
・人事考課・人事制度の立案、人員配置
・人事労務
・備品管理、レイアウト変更等の総務全般
・経理関連、給与計算
・苦情対応、トラブル対応
・行政への書類作成・提出
・立ち入り検査対応
・自治体との関係構築

上記のように、お仕事内容はとにかく幅が広く、経営者のようなスキル・経験が必要になってきます。自身で手を動かし前面に出る事務長もいれば、マネジメントを中心に行う事務長もいるでしょう。

事務長のスタイルは人それぞれではありますが、様々な人との関わりがあるため、一筋縄では行かないポジションでもあります。

いずれにせよ経験豊かな方でなければ、務まらない職種と言えます。

事務長は、ヒト・モノ・カネを動かし、マネジメントし、施設の業績を伸ばしていく必要があります。如何に経営的視点で施設全体を管理できるかが重要なのです。

事務長に必要な資格

介護系の資格等は必要なし

介護業界における事務長のやりがい、大変なところ

役職的にもお給料的にも高いポジションであり、且つ責任レベルも施設長よりも高いと言えます。経営的な視点で仕事ができることはこのポジションに就く方々にとって、大変なやりがいであるはずです。

一方、何かあったときの最終的責任は事務長になるケースもあるため、このポジションに課される責任やプレッシャーは相当大きいものでしょう。

とにかく、「結果」を求められるポジションです。

施設長の詳しい職種解説はこちら

介護業界における事務長の年収について

事務長クラスになると600万円~1200万円になるでしょう。幾分給与レンジの幅はありますが、法人・施設形態などによって年収はかなり異なってきます。

介護業界の事務長を目指す方へ

正直、なりたいからなれる、という職種ではありません。介護職とは違い、求人募集もほとんどないのでタイミング次第と言えます。

ただし、転職して事務長になる場合は、それ相応の経験値がないと採用されるのは難しいでしょう。

やはり事務長を目指すのであれば、規模がある程度大きい法人でキャリアを形成していき、ステップアップしていくほうが近道かもしれません。

ただし、そこには運であったり、タイミングなども必要な要素となってくるはずです。

いずれにせよ、幅広い知識を持ち、マネジメント能力を磨いていくことで、事務長になる可能性が出てくるはずです。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*