介護事業会社の「Indeed」による新たな採用手法について!

介護事業会社の「Indeed」による新たな採用手法について!

介護事業会社のほとんどの企業は、求人サイトもしくは求人誌での募集を基本としております。

しかしながら、ここ最近、採用に苦戦を強いられている企業は少なくありません。

同じ採用手法、変わり映えしない求人内容が、それに拍車を掛けているいると言っても良いでしょう。

そこで今回は、介護業界で利用すべき新たな採用手法「Indeed」の活用について、詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護事業会社が利用すべき「Indeed」の採用手法を徹底解説

2017年ごろから、TVCMを開始したことで、「Indeed」というサイトが世の中に広まりだしました。

ただ、「Indeed」はそれより5年以上前ぐらいから、求人業界では知られた存在です。そして現在、求人検索エンジンとして、その媒体力は非常に優秀なものとなっております。

既に有名どころの求人サイトもこのIndeedなしには、求職者集客を考えられなくなっている現状があり、いずれ「求人募集=Indeed利用」となるかもしれません。

今後、介護業界でも間違いなく「Indeed」がスタンダードな採用手法の一つになってくるはずです。

では、「Indeed」について、詳しく解説していきます。

Indeedは無料掲載と有料掲載がある

Indeedには無料掲載と有料掲載があり、ほとんどの企業ホームページの採用情報は、既に無料で掲載されております。

Indeedは世の中にあるほとんどの求人をクローリングしており、それらをまとめてランダムに表示しているサイトです。端的に言えば、求人情報のまとめサイトであり、求人検索エンジンと言えます。

1ページの無料掲載の案件が10案件掲載されており、その10案件を挟むようにして上下に有料掲載の案件が表示されております。

言うまでのもなく無料掲載よりも有料掲載の求人案件のほうが、表示される回数が多い仕組みです。

Indeedの課金形態はクリック課金

Indeedは課金の仕組みは、1クリック○○円という形態です。大手求人サイトのほとんどが掲載課金であることを考えると、Indeedはかなりリスクを軽減できるうえ、安価で採用できる可能性があるのです。

Indeedは、PV数においても大手求人サイトと同レベルなってきているため、採用できる確率も高い媒体と言って良いでしょう!

Indeedを採用手法に取り入れるべき理由

Indeedで募集するメリットは非常に多くあります。新たな採用手法というものは、取り入れずらいと思う企業は多くありますが、これほど優れた新たな採用手法はありません。

下記、Indeedのメリットをあげてみます。

1.クリック課金のため掲載リスクは極めて低い

クリック先は自社ホームページの採用情報ですが、クリックされない限り費用は発生しません。

クリック単価も非常に安価なため、掲載するにあたってのリスクは低いことは間違いありません。

2.求人費用をコントロールできる

クリック単価を変更することで、露出度の調整ができます。求人費用をコントロールすることができるところが、Indeedの良さの一つです。

3.瞬時に掲載・非掲載が可能

求人の掲載・非掲載が非常に簡単であり、瞬時にそれを行うことができます。

4.何案件でも掲載できる

一つの企業で、何案件でも求人掲載が可能です。各施設、職種ごとなど、自由に無制限に掲載できるのもIndeedの特徴です。

5.戦略的な募集ができる

例えばですが、常時募集している施設、急募の施設、地方の施設、都心の施設、職種ごと、雇用形態ごとなどにより、クリック単価を変えたりすることが可能であるため、より戦略的な運用を可能です。

Indeedを利用すればするほど、その奥深さが理解できますし、戦略的に運用することで、採用増・費用減が実現できます。

6.安価に採用できる可能性が高い

一つの例ですが、これまで介護職1名を採用するのに40万円程度掛かっていた企業が、数万円で採用できたケースもございます。

これらのメリットがある求人媒体を使用しない手はありません。もちろんノウハウは必要であり、コンサル会社に依頼したほうが良いかもしれませんが、それでも採用単価は下げられる可能性は十分にあります。

Indeedで採用を成功させるためには!?

基本的にIndeedの掲載には、自社ホームページを利用します。

よって、ホームページにある採用情報ページの充実と応募フォーム作成が絶対に必要になります。これが面倒くさい、予算がない、などと考えてしまうと、元も子もありません。

この先行投資が出来ないのであれば、今後の採用はさらに厳しくなっていくことは言うまでもありませんよね。

求職者の方々に応募してもらいたのであれば、とにかく採用情報ページをこだわって作り、分かりやすく且つ詳しい内容にすることが重要です。更に応募フォームの最適化も行うべきです。

いずれにせよ、Indeedで募集を募り、採用を成功させるためには、準備がそれ相応の準備は必要です。ただ、この準備をしっかりと行うことができれば、今後これまでにない採用手法の確立が可能となるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回はIndeedについて詳しく解説させて頂きました。今後、間違いなく介護事業会社の採用には、このIndeedが不可欠な存在となってくるはずです。

後れを取らないためにも、早めにIndeedを採用手法に取り込むことをオススメいたします。

上手に運用することが出きれば、驚くほどの求人費削減となるはずです。

是非とも、参考にしてみてください!

Indeedの採用手法を取り入れたいと考えている企業様は、下記コンサルティング会社にご依頼してみてはいかがでしょうか!?

介護業界向けビジネス戦略カテゴリの最新記事