【介護職】訪問介護事業所の仕事内容とは?

【介護職】訪問介護事業所の仕事内容とは?

訪問介護事業所の役割は、要介護度の指定を受けている高齢者のご自宅に伺い、介護サービスを提供します。

訪問介護やデイサービスを総称して、在宅介護と呼びます。施設に入らず、基本的には自宅で介護を受ける利用者の方々は、訪問介護やデイサービスを併用するケースが多々あります。

地域包括ケアシステムの考え方からすると、訪問介護は今後も非常に重要な役割を担うはずです。

そこで今回は、訪問介護事業所における介護職の仕事を徹底的に解説していきます。

是非、参考にしてください。

訪問介護事業所の仕事内容について【介護職版】

訪問介護事業所の仕事内容

訪問介護事業所で働く介護職員は、「ホームヘルパー」もしくは「ヘルパー」と呼ばれます。

大きく分けると、ホームヘルパーは「正社員」として働く場合と「登録ヘルパー」として働く場合の2通りがあります。仕事内容は大きく変わりませんが、仕事量や仕事の流れは違います。

それでは、まず一般的なホームヘルパーの仕事内容を見ていきましょう。

ホームヘルパーの仕事内容は、利用者のご自宅に訪問し、「身体介護」「生活援助」「乗降介助」が介護サービスのメインとなります。この3つを更に詳しく見ていきます。

■身体介護

・食事介助
・入浴介助
・排せつ介助
・着替えの介助
・移動の介助
・服薬介助
・体位変換
・車いすの乗り降り
・清拭(体を拭く)

など

訪問介護は、ほとんど施設介護と変わらない介護サービスを提供します。施設か自宅かの違いのため、当然介護スキルも同様に必要となります。

■生活援助

・掃除
・洗濯
・調理
・食器洗い
・ゴミ出し
・生活用品の買い出し
・寝具周りの整理・交換

など

生活援助は、身体が動かしづらい方々にとっては、不可欠なサービスです。こういった些細なことも、要介護者にとっては大変なのです。

■乗降介助

利用者が乗り物等に乗り降りする際のサポート業務です。

福祉車両、介護タクシー、利用者自身の車、バス停の付き添いなどが、仕事の範囲となります。

夜間対応型の訪問介護も!

夜間や早朝に対応してもらえる訪問介護サービスもあります。

このサービスを利用すれば、24時間対応の施設と同レベルの介護サービスが受けられると言っても良いかもしれません。

定期的に訪問してくれる「定期巡回」、緊急時など利用者からの連絡によって対応する「随時訪問」などが、主なサービスとなります。

寝返りが難しい方、夜のトイレ利用が難しい方、ベッドから落ちて身動きが取れなくなった方、など様々な状況で夜間ホームヘルプサービスを利用することが可能となっております。

正社員、登録ヘルパーの違い

正社員の場合

訪問介護事業所の正社員となれば、基本「サービス提供責任者」へのステップアップが出来る可能性が十分にあります。やはり、キャリアアップできることが、メリットの一つと言えるでしょう。

正社員となると直行、直帰は難しい場合も多く、事業所への行き来があるとともに、会議やサ責のフォローと言ったお仕事もあるかもしれません。

いずにれせよ、登録ヘルパーと絶対的に違うところは、時間的に拘束されますし、責任の重さが違うということに尽きます。

登録ヘルパーの場合

登録ヘルパーはあくまでもパート社員のような扱いとなりますので、基本的には働いた時間分がお給料となります。

働く日数や時間の融通が利きますし、直行・直帰が可能だったりします。そのため、家庭やプライベートに重点を置きながら仕事をすることが可能です。

訪問介護事業所での介護職としてのやりがい

訪問介護事業所でホームヘルパーとして働くことは、同じ介護サービスでも施設やデイサービで働く場合と全く異なると認識してください。

多くの場合、一人で仕事をこなすこととなりますので、責任も非常に大きいものがあります。

それでも、一対一のコミュニケーションの場は、施設介護では経験できないモノであり、自身の力で利用者との信頼関係を築いていかなければならないことも、貴重な経験となるでしょう。

利用者一人一人、要望も違いますし、要介護度も異なります。よって、本当の意味で、寄り添った介護、一人ひとりに最適な介護サービスが提供できるのは、訪問介護かもしれませんね。

訪問介護事業所で働く上での注意点

訪問介護で働くことで感じてしまうことの一つは、一人で働く時間が長いことではないでしょうか!?

現場で、何か事故やトラブルが起こった際、責任はそのホームヘルパーになります。もちろん、最終的にはサ責や会社の責任となりますが、こういった責任が重いことは、一人で介護を行うゆえのつらさでもあるでしょう。

入社当初などは先輩社員に同行してもらうことがありますが、独り立ちすれば基本一人で利用者の自宅に伺います。

誰かと仕事をする機会があまりないことで、自身のスキルが上がっているのか、本当にこの介護スキルは正しいのか、が分からなくなることもあるでしょう。

そういった意味で、ホームヘルパーは多くの場面で自己責任で動いていかなければなりません。

そして、何よりも必要なことはコミュニケーション能力です。この能力を身に付けなければ、ホームヘルパーとして活躍することは難しいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は、訪問介護事業所での介護職の仕事について、詳しく解説させて頂きました。

訪問介護事業所の介護職員の仕事環境は、施設介護などとはかなり異なることが分かりましたね。

1人で働く時間が多いため、自分のペースで働きたい、と考える人にとってはホームヘルパーの働き方は合っているではないでしょうか!?

ただ、一人で働くからと言って、イコール孤独という訳ではありません。事業所に戻れば同僚はおりますし、相談する方々もいます。研修で仲間と顔を合わす機会もあるため、全ての時間が一人という訳ではないことをご理解ください。

今後、訪問介護事業所でホームヘルパーとして働きたい、転職したいと考えている方は、是非とも参考にしてみてください!

介護業界で転職をお考えの方、転職するか悩んでいる方は、介護業界に特化した転職支援会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事