介護職・ヘルパーの仕事内容と職種解説

介護職・ヘルパーの仕事内容と職種解説

介護業界における最もメジャーな職種と言えます。呼び方は「介護職員」、「介護員」、「ヘルパー」など様々ではありますが、お仕事内容は同じです。

介護業界・介護施設において、一番多い職種が介護職・ヘルパーになります。

介護業界になくてはならない職種であることは、間違いないでしょう!

今回は、「介護職・ヘルパー」の職種・仕事内容について詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

介護職・ヘルパーとは

未経験、無資格からでも始められる職種であり、介護業界で働く方の多くが介護職・ヘルパーからスタートします。

高齢者の介護を主とした業務であり、介護の現場で活躍することになります。

施設によってお仕事内容は多少違いますが、介護業界で働くほとんどの方々が、この職種を経験しステップアップしていくのです。

介護職・ヘルパーの仕事内容

【施設の場合】

一般的には食事介助、排せつ介助、入浴介助、就寝介助、掃除・洗濯、等日常生活の介護業務全般となります。

食事介助

高齢者の方々がお食事をする際のサポート業務です。

高齢者によっては、飲み込むことが難しくなっている方、上手く食事を口に運べない方など、様々です。

高齢者になると、食事を喉に詰まらせたりすることもあり、全ての高齢者の方に目を行き届かせなけらばならないのです。

食事の楽しみを感じてもらい、またしっかりと栄養を取っていただくために、この食事介助というお仕事があるのです。

排せつ介助

トイレの誘導、排せつのサポート、おむつ交換などが排せつ介助です。

高齢者の方には、一人で排せつすることが難しくなることが珍しくありません。

寝たきりの方などは、おむつを付けているので、その交換も排せつ介助に当たります。

入浴介助

自力では入浴が困難な高齢者に対してサポートするのが、入浴介助です。

ご自身で入浴できる高齢者でも転倒の危険などを考慮して見守りを行ったり、一人では入浴が難しい方には、数名で入浴のお手伝いをして、清潔な体を保つようにします。

上記のような介護業務は、多くの施設で対応する基本的な業務です。

デイサービスなどでは「レク」と呼ばれる利用者が楽しめるレクリエーションの企画、実施などのお仕事もあったりします。

利用者の介護度、施設種類により介護内容などは変わってきます。

【訪問介護の場合】

介護を必要とする高齢者のご自宅に訪問して、介護サービスを提供します。具体的な仕事内容といたしましては、掃除・洗濯や料理、また買い物なども代行する場合があったり、更に入浴、食事、排せつなどの身体介助も行います

話し相手になったり、相談に乗ったりとコミュニケーションを取っていくことも大切です。ご利用者様の在宅生活を支援し、日々の生活を送って貰えるようサポートする仕事になります。

いずれにせよ、介護職という職種はサービスを提供する方々が高齢者、そして人ですので、仕事においてマニュアル通りという訳にはいきません。

常に柔軟に対応する必要があり、自ら率先して仕事に取り組んでいかなければならないお仕事でもあります。

人手不足と言うこともあり、就職するということにおいては、そこまでハードルの高いものではありません。しかしながら、介護の現場は想像以上にハードな現場であるので、一筋縄ではいかないお仕事です。

やりがいと社会貢献度の高いお仕事である一方、離職率の高い職種でもあるのです。

介護職・ヘルパーに必要な資格

冒頭でもお伝えいたしましたが、未経験・無資格でも働くことは可能です。無資格でもある程度の仕事を任されることは可能です。正社員になることも場合によっては出来ます!

しかしながら、資格持ち・経験者よりも働き口は少ないと言えます。当たり前ですよね。

それでも、未経験・無資格からスタートし、その後資格を取る方々もたくさんいます、企業・施設によっては資格支援制度なるものもあったりするので、働きながら資格を取ることも可能です。

そして、最初に取るべき「介護職員初任者研修」におきましては、比較的簡単に取れる資格となっています。

介護職員初任者研修の資格取得にあたって、資格情報を知りたい方は下記より資料請求してみてはいかがでしょうか!?

介護職員初任者研修の詳しい解説はこちら

ただ、訪問介護員の場合は資格が必要となるケースが圧倒的に多いのでご注意ください。

●持っていると良い資格
・介護職員初任者研修
・介護職員実務者研修
・介護福祉士
・訪問介護員養成研修1級課程・2級課程修了(現在は研修終了)
・介護職員基礎研修(現在は研修終了)

各資格の解説はこちらから

介護職・ヘルパーのやりがい、大変なところ

介護業界自体が離職が多い業界として有名ですが、とにかく離職率の高い職種です。高齢者とのやり取り、従業員同士の関係性、ハードワーク等、やめる原因は様々ですが、これがそのまま大変なところと言えます。

どんな業界にも下積み時代というものが存在しますが、まさに介護職・ヘルパーは下積みの時期です。

そして、やりがいは自分で見出さなければなりません。どんなお仕事でも同じです。介護業界で働かれている方々がたくさんいる、という事実があるから、きっとやりがいのある仕事と言えるのでしょう。

介護職・ヘルパーの年収について

この職種には正直まだまだ改善の余地があります新人であれば東京・関東でも18万円前後、地方であれば15万~といった感じで、決して高い年収ではありません。

年収300万円程度が普通もしくは少し高いと思われるぐらいなので、資格取得し、キャリアアップを目指していかないと収入アップをさせていくことはできません。

もちろん1社で10年近く介護職として活躍されている方であれば、年収350万以上となることもあります。年収も働く企業によってかなり異なりますが、やはり介護業界で大手と呼ばれる企業のほうが、年収は高めと言って良いでしょう。

また、先ほどもお伝えいたしましたが、介護職・ヘルパーは下積み時代です。ここから経験値とスキルを上げていき、更に資格をいくつか保有することで、必ずステップアップすることが出来ます。

「石の上にも3年」ではありませんが、一つの職場で最低でも3年以上働き、まずは経験値とスキルを身に付けていきましょう。

介護職経験者のコメント

30歳/女性/経験6年

無資格・未経験で介護業界に飛び込みました。最初の数か月は慣れることができず、何度も辞めようか悩みました。それでも利用者の方々の笑顔や感謝の気持ちを頂き、やりがいを感じられるようになってきて、じょじょに仕事も慣れていきました。

現在では介護職6年目となり、新人を指導・教育する立場にあります。介護職は合う人、合わない人がいるかと思いますが、仕事と高齢者の方としっかりと向き合えば、やりがいと楽しさをきっと感じることが出来るはずです。

24歳/女性/1か月

資格を取得して、未経験からの介護職スタートです。2週間は先輩社員が付きっきりで指導してくださり、早い段階で仕事、介護業界に慣れることが出来ました。

有料老人ホームで働いておりますが、もちろん大変なことは多いと思います。ですが、仕事ですので当たり前ですし、これから介護職を楽しみたいと思っております。

利用者の方々とお話しすること、利用者の笑顔を見ることは、このお仕事の醍醐味だと思います。会話をしながら信頼関係を築いていける介護職は、私にとっては本当にやりがいのある仕事だと感じております。

介護職・ヘルパーを目指す方へ

介護業界で働くには、まずここからです。未経験・無資格からでも働くことができます。ただし、腰掛けでやるお仕事ではありません。

最低限、介護業界で働きたい、介護職に興味がある、という気持ちがないと続かないお仕事だと思って頂いた方がよいでしょう。

決して簡単な仕事ではありませんし、楽な仕事でもありません。

介護業界へ新たに飛び込まれる方、是非ともやりがいを見つけ、楽しんで働いてください。介護業界で働くことは、本当に社会貢献度が高く、世の中に必要なお仕事なのです。

介護業界最大手の人材会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?未経験、無資格でも対応してくれます!
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

職種解説カテゴリの最新記事